オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

11月の初めての更新! VF関係 少しと、歌集「甲斐の四季」発刊 

前回の更新は10月9日、すでに1ヶ月前となります。
この10月はいろいろな事が重なり、このブログの更新もままならぬ日が続きました。 これまでVF甲府の記事も欠かさず載せてきたつもりですが、それも載せずに過ごしました。


試合はもちろん、ホームはスタンド、アウェーはDAZNでしっかりと観戦し、応援はしていましたが、現在のVF甲府の状況は例年より厳しく、残り3試合の結果により、残留か、降格か、の瀬戸際です。 何とか、残り試合をより多く勝利して、残留を果たしてもらいたく思います。

さて、話題は変わりますが、私も何を隠そう、この10月で喜寿となりました。
以前より、これまで元気に過ごせた記念にと、絵の趣味が有るので、今まで描いてきた油絵などの画集が出せたら良いな、と考えてきましたが、作品の多くは人様の手に渡り、それぞれ記録も残しておかなかったた為、現在家にある作品だけでは、とても画集を、なんて出せなく、かといって、これから描くわけにもいかず、どうしようか?と考えた時、このブログにも載せている、新聞投稿短歌を思いつきました。 作品は新聞掲載短歌を含め、約2,500首くらいがパソコンに残してありますから、その中から選別してまとめ、歌集を作る事にしました。 画集ではなく、歌集になったわけです。


 IMG_5383_convert_20171104133231 歌集「甲斐の四季」 1 IMG_5384_convert_20171104133921 歌集「甲斐の四季」 2 IMG_5385_convert_20171104134204 歌集「甲斐の四季」 3

こうして出来上がった歌集には、作品321首、表紙の絵や挿絵には自分のスケッチの中から選び、本の題名も私の好きな山梨にちなみ 「甲斐の四季」 とし、10月に出来上がりました。 でも、それからが大変、今までお世話になった方、又、絵の関係の友達、そして、新聞投稿短歌の掲載を心待ちにしてくださる方、等に手渡し、郵送(一筆入れる。)等、毎晩作業に追われました。

11月になり、やっと予定していた方々にお送りし、又手渡しが出来ましたが、まだまだ作業は続きます。
言い訳になりますが、皆様方のブログにも訪問もできなく、私自身のこのブログの更新も出来なかったのは、私に余裕がなかったことが最大の理由です。11月の9日を過ぎると、又、私の嫌いな広告が入りますのでここで、何とか更新をしておきました。


すでに今年も11月、12月と2ヵ月あまりです、VF甲府の記事や短歌の事など、更新する事はまだ有りますのでどうぞ、気が向いたら、懲りずに当ブログをまた、のぞいて見てください。 お願いします。

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌( H - 29 - 20 )   

今日は10月9日(月)、体育の日です、そして山梨日日新聞 山日文芸 短歌欄 三枝昂之先生選の投稿短歌の掲載日です。

今月2回目の掲載日でしたが、私の投稿短歌、先週に続けて掲載されていました。これで今年20回目の掲載になり、あと、今年4回掲載されれば、年度当初の目標 月2回掲載の達成になりますが、どうでしょうか? 思うようにはいかない方が多いのですが、とにかく頑張ってみます。

さて、私にとっては大好きな秋なんですが、物思いにふける季節なのかもしれません。
私の青春時代を振り返っても恋に悩んだこともあったなあ、それも秋だったなあ、と思い出されます、さすがに今の年齢になると、恋する事もなく、誰とでも仲良く楽しく話などして過ごすことが楽しみです。

昔は恋に悩むのは女性が多かったように言われていますが、実は男性も人には言えず悩んでいた方もいたはずです。今は意外とオープンに話したりしますが、真剣な恋程悩みもきっと多いはずです。

年齢には関係なく、いくつになっても恋していたいですね、女性も男性も、でも、今騒がれている人たちのように 道ならぬ恋は駄目ですよ。

 では、今回掲載の一首です。

        ・  ススキの穂揺らして風が吹き抜ける恋に悩むは女子だけでなし  ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 1   

新聞投稿短歌( H - 29 - 19 )  

昨日は10月2日(月) 10月の第1回目の月曜日、山梨日日新聞 山日文芸 短歌欄の掲載日でした。

選者の三枝昂之先生選に私の投稿短歌は掲載されていました、秀作、佳作の次の5番目の掲載でしたが、10月は良いスタ-トが切れました。 9月は何かと忙しく作歌もままならず、投稿できなかった週もありました。 その後、少しづつ持ち直し、やっと歌に向かう事ができるようになり、内心ほっとしているこの頃です。

やはり、何をするにも心に余裕がないとできません、私にとっての短歌づくりは正にその通り、余裕がないといくら考えても言葉も浮かばず、創作しても駄作ばかり、自信もなくなります、まして投稿なんてとてもできなく、そんな時はパスしてしばらく間を置きます。

そして間をおいて投稿したのが今回入選の歌です、妻が術後のリハビリにコーラスをやりたいという事でコーラスに関心を持ちこれを題材に創作してみました、やはり身近な出来事を題材に歌に向かうのが良いのかも知れません。

もう今年もあと3ヶ月、10月は私の誕生月でもあり、大好きな秋です、出来たら心身共に余裕を持って過ごしたく思っています。

では今回掲載された一首です。

      ・ コーラスの歌声聞こえ校庭に虫たちも鳴く秋の放課後 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 3   

VF甲府 第28節 対柏レイソル戦 アウェーにて 1:0 の完封勝利 ! 

J1リーグ 第28節 VF甲府は9月30日(土)柏レイソルのホーム 日立柏サッカー場において柏とのアウェーの対戦でした。

現在J1順位を3位とし、9戦負けなしの柏レイソル、対するVF甲府は順位は16位と降格圏に沈んでいるが、前節、ホームで好調横浜Fマリノスを 3:2 で破り好調さを取り戻したFWドゥドゥ と 期待のリンス、の二人のツートップで二連勝を狙いました。


黄色のユニホームがスタンドを埋め尽くした会場にも、11,123人の観客の中、VFの赤青のユニも1000人ぐらいでしょうか? 目立ちました。

さて、試合の方は開始早々の12分、VFはMF小椋の胸トラップからミドルシュートを放つも、相手日本代表GK中村にセーブされ、得点ならず、すると、徐々に柏が優勢となり、21分、VFエデル・リマのパスミスを柏FW伊東のクロスからのクリスティア―ノのヘッド、そして25分の同じくクリスティアーノのシュートを、VFのGK河田のファインセーブにより得点は与えずも再三猛攻にさらされたが耐え、その中でもVF甲府もチャンスを作り、ドゥドゥのシュート、FWリンスの攻撃も不発に終わり、柏のペースで進められた前半は 0:0 で折り返した。

続く後半、17分柏MF武富の左足でのシュートをVFGK河田がセーブし、VF甲府もFWリンスの右足シュートを柏GK中村にセーブされてしまい、両チームともなかなか得点できず、後半も進む、ただ、前半に比べ、VF甲府は守備、攻撃共に勢いを盛り返し、柏を押し込む展開が続き、良い流れとなる、すると、残り時間の少なくなっつた後半44分、クリアーボールから、VFドゥドゥが単独で中央をドリブルで突破し、相手DFをかわしての右足シュート、そのカーブのかかったシュートはGK中村も手が届かない軌道を描き、柏ゴールネットを揺らしVF甲府は願ってもない時間帯に貴重な先制点を挙げ、アデショナルタイム4分の柏の反撃を跳ね返したVF甲府、アウェーにて順位3位の柏レイソルを破り、勝利をおさめ、勝ち点3をプラスした、。

結果、14位札幌、15位広島が引き分けたため、VF甲府の順位は変わらないままだが、勝ち点で広島と並び、次節以降の対戦相手により、順位の入れ替わりも期待できる結果になった。

後残り6試合、ホームとアウェー、半々だが6試合すべてに勝利するつもりで戦ってほしい、そして、残留を確実にしてほしいと思います。

さて、次節29節は2週間の中断期間ののち、10月15日(日)14:00からVFホームにてFC東京との対戦です、3連勝を目指してください、ホームで共に喜びましょう。

     ・ 頑張れVF甲府!何時も、どんな時も応援します。 ・

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

VF甲府 第27節 対横浜マリノス戦 & 新聞投稿短歌 ( H  - 29  -  16・17・18 ) 

8月23日以後更新しませんでした当ブログ、またまた、広告を出されてしまいました。
もともと広告は全てキャンセルしてきたブログですので、やはり出されてみるとなんとなく嫌です、かといってブログもやめたくないし、やはりたまには近況報告を兼ねてブログの更新も必要なのかな?と思います。


さて、当ブログの主な記事でしたVF甲府の試合もアウェーでの広島戦(0:1)以後、ホーム川崎戦(2:2)、同じく清水戦(0:1)アウェー鳥栖戦(1:2)、と残念な試合が続き、現在ついに16位降格圏に落ちてしまいました、そんな中で迎えた昨日の対横浜Fマリノス戦、久々さのホームでの勝利を期待し、早くからスタンドにおりました。 

今日は VF甲府レジェントマッチ2017 と銘打ち、VF甲府がJリーグに参戦し19年目となる今年、かってVFに所属し、数々の実績を残し、引退した選手たちが集まり、この小瀬のスタジアムにおいて青・白に分かれてかっての姿を披露する試合が行われました。懐かしい選手たちの姿、しっかりと見せて頂きました。

 1IMG_5336_convert_20170924150648  27節 対横浜戦  IMG_5332_convert_20170924150939 27節 対横浜戦 2 IMG_5334_convert_20170924151228 27節 対横浜戦 3

さて、試合の方は、現在J1リーグ 第5位に居る 横浜Fマリノスに16位と降格圏に沈むVF甲府の挑戦ともいえる試合でしたが、ドゥドゥ、リンスの活躍や、チーム全体の力で、3:2 と見事に勝利をおさめ、勝ち点3を獲得しました。

 4IMG_5329_convert_20170924151453 27節 対横浜戦  6IMG_5349_convert_20170924152201 27節 対横浜戦  IMG_5342_convert_20170924151911 27節 対横浜戦 5

しかし、15位広島が清水に勝ちましたので、順位は変わらず、16位のままとなっています。後残り7試合、なんとしてもそつなくこなし、最後にはJ1残留となる事を期待し、応援していきます。

 IMG_5348_convert_20170924152440 27節 対横浜戦 7 8IMG_5350_convert_20170924152645 27節 対横浜戦  IMG_5341_convert_20170924153012 27節 対横浜戦 9

まだまだ厳しい試合が続きますが、最後は笑顔で追われるように頑張って貰いたく思います。            
  頑張れVF甲府!J1残留を信じて 精一杯応援します。

 さて、次は新聞投稿短歌ですが、前回の更新以後、3回新聞掲載が有りました。

   日付順に見て頂きましょう。

       8月28日  ・ 夏休み川で魚を追いかけた盆地の暑さへいちゃらだった ・

       9月 4日  ・ 変わり行く平和通りを歩みつつ仰ぎ見るのは竹原の時計 ・

       9月18日  ・ うぶうぶと砂を巻上げ湧く水に萎えた気力がまた蘇る  ・
    

次も何時更新できるか分かりませんが、細々でも続けるつもりでいます、こんなブログですが、相変わらず訪問くださる方には感謝しています。 今後もよろしくお願いします。



 

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

VF甲府 第23節 対G広島戦 & 新聞投稿短歌 ( H  - 29  -  15  ) 

まことに遅い更新ですが、日記のつもりですので更新して残すことにしました。

去る 8月19日(土) VF甲府はアウエー エディオンスタジアム広島において、第23節を戦いました。

結果は残念ながら、0:1 で敗戦でした、この試合、どうしても勝ち点のほしい試合でしたが、その気持ち、相手の広島の方が強く、試合は前半早々から押し込まれる展開が続き、ホーム広島の勢いが感じられました。


しかし、VFもGK岡選手やDF陣の踏ん張りで、広島の攻撃を耐え、得点を許さず、守備は何とか維持しましたが、攻撃陣が振るわず、得点には至らず、せっかくのマイボールをパスミスやカットで奪われ、シュートまで持ち込めない展開が続き、VFの悪い癖が出たような展開で何とか 前半は 0:0 で折り返したが、後半に不安を残す前半でした。

続く後半、VFは新たに獲得したFW リンス選手を投入し、攻撃に活性化を図りました、すると、確かに攻撃の流れが変わりました、13分には松橋選手のクロスにリンス選手がヘッドで合わせ、決まったか?と思われましたが、ゴール横にそれ、得点できなく、先制の絶好のチャンスを逃し、その後も相手ゴールに迫る回数も増え、VFにとって良い流れになり始めたところ、26分、VFの一瞬のスキを突かれ、広島にボールを取られたうえ、右サイドを突破され、シュートされる、強烈なシュートを岡選手がはじき、そのボールをゴール前に詰めていた広島、柴崎選手にゴールを決められ、0:1 と先制されてしまいました。

VF甲府は何とか追いつこうと、堀米選手、熊谷選手、を投入し、攻撃の強化を図るが、リンス選手、堀米選手のシュートも空振りに終わり、同点に追いつけず、0:1 のまま悔しい敗戦となりました。

VF甲府、上位チームには何とか良い試合をしているが、下位に苦しむチームに勝ち点を与えてしまうところが不思議なチームです、下位チームにきちんと勝てないと、残留が厳しくなるので、これからの残り11試合、なりふり構わず頑張って貰いたく思います。     次のゲームは、8月27日(土) ホームでの 対川崎戦 です、現在順位3位の川崎ですが、第6節では、相手ホームで1:1で引き分けています、再度チヤレンジしてVFホームでの勝利を得てください、期待しています。
    
 頑張れ!VF甲府!次節はスタンドで応援します。

さて、次は 新聞投稿短歌 です、8月21日の今月3回目の月曜日、山日文芸掲載日でしたが、短歌欄、三枝昂之先生選の18首に私の投稿短歌が掲載されていました、それも、佳作の二番目、全体の三番目の掲載でした。

甲府の真夏の暑さを表現したものですが、とにかく暑い甲府で考えた表を取り上げてもらい良かったです。
では、その掲載された歌です。


    ・ トースターのパンではないが焦がされて飛び出しそうな甲府の真夏 ・

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

VF甲府 第22節 対 札幌戦 アウェーで  1:1 の 引き分けに   

盆入りの8月13日(日)VF甲府は第22節 対 札幌戦、遠く北海道 札幌ドームでの試合でした。

前節ホーム浦和戦で 0:1 と惜敗でしたが、今節は勝ち点が同じで、14位VF甲府、15位コンサドーレ札幌、と残留争いのライバルの対戦で、どちらも負けられない一戦でした。

試合は 13:00 キックオフで、始まりましたが、5バックで守るVF甲府に対して、札幌はFWジェイ、の高さと得点能力にかけ、ロングパスで再三VF陣内に攻め込みます。  そして、開始10分、札幌MF荒野選手のロングパスを受けた ジェイ選手がVF甲府のGK岡選手、の股を抜くシュートで札幌移籍3試合目で2ゴール目を決められてしまいました。

早い時間帯での失点にVF甲府の選手達もすぐに、最終ラインの修正を行い、攻撃の活性化を図ります。
しかし、思うようにパスもつながらず、又、奪ったボールもすぐに奪い返され、得点できないまま、 0:1 で前半は終了でした。


続く後半も前半と同じような展開でしたが、選手交代でメンバーを入れ替え、徐々にVF甲府が札幌を押し込む流れになったきました。  札幌はジェイも交代しましたが、MFチャイ ティック と云う選手、のボールさばきが素晴らしく、ボールがマイボールになると、VF甲府の選手たちが囲んでも、ボールを失わず、動きと、スピードはVF甲府にとっては気を付けねばならぬ選手でした。

VF甲府も、松橋選手、阿部選手、ドゥドゥ選手が入り、ようやく攻撃が活性化し、札幌陣内でのパス回しや、裏を狙ったロングパス、等仕掛けますが、ボールがつながらない事が多く、相手に奪われたボールでVFゴールを狙われたりで、クロスの制度に難がありました。

札幌もやはりクロスの精度が上がらないままでしたが、 73分VF甲府はFWウイルソンにパスが渡り、右サイドを駆け上がると、相手DFを相手陣内でかわし、ゴール中央にクロスを上げ、これは誰にも合わなく左サイドに流れるが、そこに走りこんだVF阿部選手にわたり、左足でシュート、これが見事にゴールとなり、VF甲府、同点に追いつきました。

その後、両チーム追加点を狙いますが、一進一退 の状況はあまり変わらず、お互い惜しいシーンも有りましたが、得点できず、このまま、 1:1 の同点で試合終了となりました。  遠く札幌の地まで応援に行かれたVF甲府サポーターの皆さま、本当にお疲れ様でした。 勝ち点3でなく、1でしたが、良いお土産となりました。

さて、次の試合は、8月19日(土)同じくアウェー 対 広島戦です、降格圏内のチームですが、かって優勝までしたチーム、決して侮れないチームです、攻撃と守備、バランスの取れた試合運びで、勝ち点を奪い、24節から続く強豪との試合につなげてもらいたく思います。

          頑張れ!VF甲府!応援しています。

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

VF甲府 第21節 対 浦和レッズ戦 0:1 の惜敗   

8月9日(水)19:00 VF甲府、ホーム 中銀スタジアムにおいて開始された第21節は、VF甲府 対 浦和レッズ戦でした。

この試合VF甲府は前節に続き2連勝に挑みましたが、14489人の観客の見守る中、0:1 と悔しいホーム敗戦でした。
 
 1IMG_5269_convert_20170810203849 第21節 対 浦和戦  2IMG_5283_convert_20170810204231 第21節 対 浦和戦  IMG_5274_convert_20170810205413 第21節 対 浦和戦 5

試合は開始早々から、浦和にボールを持たれる展開が続き、浦和主導のゲームの中、19分浦和柏木のVFゴール前への侵入を許し、一瞬のスキを見逃されず、先制点を入れられる。 さすが浦和の柏木、敵ながら、見事なゴールでした。

 3IMG_5277_convert_20170810204438 第21節 対 浦和戦  6IMG_5271_convert_20170810205611 第21節 対 浦和戦  7IMG_5273_convert_20170810210103 第21節 対 浦和戦 

 4IMG_5276_convert_20170810204710 第21節 対 浦和戦  8IMG_5270_convert_20170810210257 第21節 対 浦和戦  9IMG_5272_convert_20170810210435 第21節 対 浦和戦 

こうして前半は、VF甲府反撃も及ばず、 0:1 のビハインドでの折り返しとなるも、後半は、吉田監督の選手達へのゲーム姿勢の指摘や激励に目覚めたか? 前半とは見違えるような試合運びを披露する。 エデル・リマ選手の攻撃参加によるパスも生きはじめ、ドゥドゥ選手やウイルソン選手にもパスが回り、シュートまでいくが相手GKの好守にはばまれ、なかなかゴールを割れず、最後まで前半とは違い果敢に攻め上げたが、1点が遠く、無得点で 0:1 と残念な結果となった。

ただ、この試合、前半は大挙して小瀬に押し掛けた、浦和サポーターの応援に圧倒されたのか、VF甲府の選手達、前節のG大阪戦の勝ちゲームの戦い方が鳴りを潜め、浦和にボールをキープされ続け、VF甲府らしからぬ戦いでしたが、後半は、どうなったのか、と思える程、ゲーム運びが活性化し、浦和を押し込む展開が続き、選手交代の先日新しくVFに加入した高野選手のクロスの質や、動き、そして、橋爪選手や河本選手の果敢に攻める姿勢など、得点には惜しくも結びつかなかったが、得点を感じさせる内容で、ゲームを締めた形となり、同じ敗戦でも、次節につながる物が有り、今後に期待の持てるゲームでした。

 10IMG_5284_convert_20170810210920 第21節 対 浦和戦  11IMG_5285_convert_20170810211240 第21節 対 浦和戦  12IMG_5287_convert_20170810211444 第21節 対 浦和戦 

今夜は激励花火の打ち上げがあり、写真は上手く写せませんでしたが、とてもきれいでした。

さて、次節はアウェー札幌戦です。
8月13日(日)世間では、盆休みですが、VF甲府の選手達、遠く北海道の地への移動でのアウェーの戦いです。


甲府より、少し涼しいと思いますので、大いに走り、攻撃し、今節後半のような試合展開で、勝利し、勝ち点3をぜひともプラスして帰ってきてください。

現地参戦はできませんが、 暑い甲府より、熱い声援を送ります。

     頑張れ!VF甲府!応援しています。







 

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

VF甲府 第20節 対G大阪戦 & 新聞投稿短歌( H - 29 - 14 ) 

思うように更新できません、まだ、余裕がないのか? 意欲がわかないのか? でも、広告が出るのは嫌なので、更新です。

VF甲府、ウイルソン やってくれました。 8月5日(土) VF 対 G大阪戦、ホーム観客 11,275人の見守る中、後半88分、甲府FW ウイルソン、見事なシュートで得点、 J1順位第3位で優勝をも狙うG大坂を 順位第15位のVF甲府が 1 : 0 で勝利を収めました。

   IMG_5258_convert_20170807141024 第20節 VF 対 G大阪 1   IMG_5265_convert_20170807141346 第20節 VF 対 G大坂 2

台風5号の影響で、このところぐずついた空模様の中、天気に恵まれ、久しぶりのホーム戦、今節を落とすと降格圏にはいることにもなる大事な一戦、VFサポーターとしては居ても立っても居られない心境で小瀬に参戦しました。

とにかくVF甲府の今の状況は、10戦勝ちなし、6ゲーム無得点、(リーグ ワーストタイ)の記録です。
3勝7分け9敗 はJ1順位 第15位、降格圏ぎりぎりの位置にい、何とか得点し、勝利し、勝ち点3を積み上げないと、残留が厳しくなります。 そんな中で期待されるのが、FWのブラジル人、二人、ウイルソン と ドゥドゥ です。 どちらも調子がリーグ前半は上がらず、後半戦になり上げてもらわないと、VFとしては非常に苦しくなると思われました。


守備は上手く機能し、あまり相手の得点を許さないが、我が方の得点が取れない為、勝てない試合が多く、悔しい思いを選手たちもしてきたと思います。 残り試合も少なくなるこれから、一戦一戦頑張って貰うしかありません、今日も期待して出かけました。

   3 第20節 VF 対 G大阪    4IMG_5263_convert_20170807141854 第20節 VF 対 G大阪 

試合は前半からG大阪の攻撃はさすがに日本代表選手を多く要するチーム、そつが有りません、しかしVF甲府は守備では劣りません、長身の長澤らに合わせるクロスもほとんどクリアーし、危ないシーンも有ったが、前半を 0:0 で折り返し、後半につなぎました。

   5IMG_5262_convert_20170807142109 第20節 VF 対 G大阪    6IMG_5261_convert_20170807142334 第20節 VF 対 G大阪 

後半も同じような展開でしたが、VF甲府、守備ばかりでなく、あくまでも得点を狙う姿勢が途切れなく、特にCBのエデル・リマ選手がドリブル突破で攻め上がり、全体的によいかんじでの距離感で攻めるVFの選手達、やや得点の匂いがしていたところ、終了間際の88分、エデル・リマ からのパスを ドゥドゥ につなげ、そして 又 リマに、リマは 相手陣内のウイルソンに、 そのウイルソン、相手DFを交わしシュート、見事にゴールを割りました。 その瞬間の小瀬はVFファン、サポーターの歓声、拍手で最高に盛り上がりました。 そしてその後、4分のアデショナルタイムを守り切り、約3か月ぶりの勝利を挙げました。

次節は8月9日(水) 19:00 よりホームでキックオフです。相手はあの 浦和レッズ 今節同様果敢にチャレンジしてもらいたく思います。  
  頑張れ!VF甲府!応援しています


さて、次は新聞投稿短歌です、8月第1週の月曜日の7日、山日文芸の掲載日でしたが、短歌の欄、三枝昂之先生選に 私の投稿短歌、掲載されていました。

医者に貧血だと云われ、胃カメラで検査が決まっていたのに、ある集まりでの二次会ワインがおいしかったです。
程よく酔って胃カメラの結果など、なるようになれ、とその時の思いを詠んだ歌でした。


 ・ 二次会のグラスワインの良い香り胃カメラなんて恐くはないさ ・

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

1ヶ月未更新でブログに広告が!消す為に取り合えず更新  

6月18日に VF 対 柏 戦についての更新を最後に、当ブログの更新を休んでおりました。
その間こちらからの訪問もおろそかの中、当ブログに変わらず訪問して頂いた皆さま、本当に有難うございました。


更新できなかった理由としては、私の日常にPCに向かう余裕がなかった事が原因です。それは6月1日に妻が腰の部分の大手術を行い、入院、退院、と期間があったため、私が家事一切を行い、時間的な余裕がなかった為でした。
幸い術後の経過はよく、今は退院し自宅で過ごしておりますが、まだ、体を45度以上は曲げられなく、よじる事もできません。
最低3ヶ月から半年くらい無理が出来なく、相変わらず家事一切は私の仕事となっております。


それでも2ヶ月近くたちましたので少しは余裕が出てきたこの頃です。  少しづつPCにも向える様になっています。

未更新の間にも私が熱心に記事にしてきましたVF甲府の試合も、3試合が有りまして、VF甲府としては残念な結果の試合でした。 まず、6月25日(日)のアウェー の清水戦、0:1 の惜敗、7月2日(日)のホーム サガン鳥栖戦、0:0 の引き分け、7月8日(土)はアウェー ジュビロ磐田戦、0:1 の惜敗、 通算では、前半戦18試合、3勝8敗7分、14位、と苦しい立ち位置となっております。 とは言っても私もVF甲府後援会の一員、今年もJ1残留を信じて、7月15日(土)のVF甲府後援会の交流会にも参加し、熱心なサポーターの皆様と、二次会まで熱く語り合い、後半戦への応援を確かめあってまいりました。
7月29日(土)第18節 対 鹿島戦、ホームで2節に 0:1で負けているので、アウェーですが、ぜひ、雪辱を果たしてもらいたく思います。        頑張れ、VF甲府、応援しています。


さて、VF甲府の記事の他に、メインの一つ 新聞投稿短歌 があります、 地方紙、山梨日日新聞に短歌を投稿し毎週月曜日の山日文芸 短歌欄、三枝昂之 先生選の18首に採用されれば当ブログに記事として載せてきましたが、6月は思うような歌も創作できず、7月17日になってやっと掲載されました。 こちらの方もボチボチでも続けていけたら良いな、と思っております。

では、7月17日掲載の一首です。

   ・ 一歩づつ踏みしめて行く他はない残る余生と急な坂道 ・

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード