FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

J2リーグ戦 第36節 VF甲府 対 栃木SC ホームで 1:1 の痛い ドロー 

猛烈な台風が日本列島を襲い、開催が心配された中、幸いにも山梨は夜の雨風はひどかったが、関東近県に比べ大きな被害も比較的に少ない方だったかもしれません、しかしそれでも被災された方々はおり、一日も早い復興を願っております。

又、今回の台風は大型だったため、被害が広範囲の県に及び、被災された方々におきましては心よりお見舞い申し上げたく思います。 特に今節対戦する栃木SCのホーム栃木では河川氾濫や土砂崩れ等、被害がありサッカーどころではない状況の中、前々日に来甲し試合に備えたとか聞き、頭の下がる思いです。栃木 サポーターの皆さんも本来なら大勢の皆さんがお出でになるところ、交通が遮断された山梨まで、来るすべもなく来られなかった皆さんも多いと思い、心中察するところです。
それでも、少ないサポーターの皆さんの声援は、選手の大きな励みになったと思います。 本当にお疲れさまでした。

 IMG_6306_convert_20191015152546 36節 対 栃木戦 1 IMG_6293_convert_20191015152751 36節 対 栃木戦 2 IMG_6305_convert_20191015152939 36節 対 栃木戦 3

さて、7,063人のサポータやファンに見守られ開催した試合、J1昇格を狙う VF甲府 に対して、J3降格危機に立たされている
栃木SC、どちらも勝利し勝ち点3が欲しい試合、しかし、VFは栃木を攻めあぐね、前半8分左クロスを中継されたボールを栃木 大崎淳矢に見事に押し込まれ、先制点を与えてしまいVFは欲しかった先制点を逆に与えたため、その後、自陣に引いた栃木を崩せなく、初先発の宮崎純真も果敢に攻めたが栃木の堅い守りに阻まれ得点出来ず前半は 0:1 で終了する。

 IMG_6297_convert_20191015153130 36節 対 栃木戦 4 IMG_6300_convert_20191015153301 36節 対 栃木戦 5 IMG_6299_convert_20191015153445 36節 対 栃木戦 6

続く後半はVFはどうしてもホームで勝ち点3を取ろうと、一方的に栃木陣内に攻め込み、我々サポータ-も逆転に期待をしたが、小椋のクロスに反応した田中が放ったし強烈なシュートや相手3本を大きく上回る12本のシュートを放ちながら、終盤43分の小出のクロスを途中交代のアラーノが敵陣ゴール前の混戦の中ヘッドできれいに決めやっと同点に追いつき、今季13節に0:1で敗れた栃木にまたしても勝つ事が出来なく、ドローで勝ち点1を分け合う結果となってしまった。

 IMG_6296_convert_20191015153618 36節 対 栃木戦 7 IMG_6294_convert_20191015153805 36節 対 栃木戦 8 IMG_6304_convert_20191015154012 36節 対 栃木戦 9

今節はホームで多くのサポーターの前でも、選手に攻め込む覇気があまり感じられなく、相手栃木の守りのせいでもあると思うが、バックパスやパス回しも多く、ロングパスも精度を欠いているように思え、ウタカも生かせない場面も多く見られた点、物足りなく感じました。 なぜか、VFはホームでの下位との試合は安心できなく、悔やまれる試合がおおくてこれが改善されればもっと上位にいられ、J1昇格も夢でなくなるのにといつも思います。

さあ、残り6試合気合を入れて、試合に臨んでください、ホームでの残り3試合、ハイタッチで喜び会えるように最後のひと踏ん張りです。  次節は10月19日(土)アウェーで東京ヴェルディとの対戦です。

・ 頑張れVF甲府! 最後まであきらめず応援します 勝ち点3をぜひ持ち帰ってください ・










category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

ままならぬ更新 ・疲れか、VFの戦績か?意欲の減退か?  

前回の更新から4週間、私の医者通い、妻の医者通い、週の内落ち着ける日のないような生活、連日の暑さもあるが、私自身何となく疲れ切っている状態、さすがにPCでブログの更新もおろそかになります。

しかし、VF甲府の試合だけはしっかり見届けております。 でも、VF甲府も甲府盆地の暑さでこのところ疲れているような試合内容、ここが頑張りどころですね。

J2後期の22節は、愛媛FCとの対戦は前回の更新でお知らしましたが、23節、アウェーでの 対 V/ファーレン長崎戦、0:1の惜敗、24節、対 ファジアーノ岡山戦、1:2の惜敗、2連敗を喫し、25節になり3位の水戸ホーリーホックとのアウェー対戦は1点リードされた中、アデショナルタイムに山本英臣選手のヘディングで 1:1 のドローに持ち込みやっと勝ち点1を獲得しました。

そして、8月4日(日)ホームで開催された26節 対 町田ゼルビア戦、期待してあの暑さの中ホームで観戦しました。

IMG_6135.jpg IMG_6136_convert_20190805160531.jpg IMG_6146_convert_20190805145821 対 町田 7


試合は前半、15分くらいまで町田のペースで進められていたような印象、その後は甲府も町田も一進一退の戦いだったがやや町田が優勢だった気がする。  しかし、前半は 0:0 で終了。

IMG_6154_convert_20190805145617 対 町田 6 IMG_6151_convert_20190805150252 対 町田 10 IMG_6149_convert_20190805150812 対 町田 13



後半は甲府が落ち着いてゲームを進め、相手陣内での攻防が多くなり、18分、左CKを獲得すると、キッカー佐藤のクロスが1度クリアーされるが再度左CKを得ると佐藤はショートコーナーで内田にわたす、その内田がクロスを上げると、ゴール前で小柳がヘッドで合わせ、ゴールを奪い 1:0 と先制点を奪う、ここで安心してはいけないVF甲府は、その後も攻撃の手を緩めることもなく、28分、ドゥドゥがドリブルで相手陣内に入り込みPA右にパスを送り、それを受けた曽根田がゴール前にクロスを送ると、ウタカがループ気味のシュートでゴールを決め、追加点を奪い、2:0とする、その後も勢いに乗る甲府はほぼ、VF甲府のペースで試合を進め、38分、相手陣内浅い位置でルーズボールをウタカがドリブルで運び、相手DFを置き去りにし、GKと1対1となりシュートすると、ボールはGKの手を弾き、ゴールとなり、 3:0 と突き放し、ロスタイム4分で最後に町田に中央でFKを与え、平戸のライナー性のクロスもVFDFが防ぎ、試合終了となる。

IMG_6122_convert_20190714120439 22節 対 愛媛 2 IMG_6142_convert_20190805150710 対 町田 12 IMG_6141_convert_20190805151105 対 町田 15

久しぶりのホームでの快勝、家で飲むビールが上手かった。 次節はアウェーで8月10日(土)徳島ヴォルティス戦です、四国まではいけないのでDAZNでの応援です。 連勝を期待しています。


  ・頑張れVF甲府!連勝してPO圏内に 応援しています ・







category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

久しぶりの更新です、6月30日以来です。 

いろいろな事情があり、約半月このブログの更新を休んでいました。

この15日間、今まで主な更新記事としてきましたサッカーVF甲府の記事と、新聞投稿短歌の記事、まずVF甲府については7月になって天皇杯を含め、3試合が行われました。

3日(水)中銀スタジアムで行われた天皇杯2回戦は、J1,J2がこの回から登場し我がVF甲府は J2 FC岐阜と対戦し120分の死闘を演じ、PK戦の結果 PK4:2 とし辛くも初戦は突破しました。 そして、3回戦は8月14日(水)中銀スタジアムにおいて、J1のFC東京との対戦が組まれています。 若手の活躍の場としての戦い、勝ち進んでもらいたく思います。

次に7日(日)アウェーにて行われた前半戦最終節21節は、VF甲府 対 柏レイソルとの戦いでしたが、試合は、今季最多の4失点を喫し、2:4で敗戦となり20節 対 徳島戦に続き、2連敗となりました。 この試合、VFは2得点をした 佐藤和弘選手 の活躍の他、いい所なしで柏との力の差を感じた試合内容でした。 結果、前半戦は6位でのターンとなりました。

そして13日(土)雨の中ホームで開催された22節、後半戦初戦は愛媛FCとの対戦、前半押され気味でしたがけが明けで出場したエースの ドゥドゥ 、そして曽根田、この二人の活躍で貴重な得点を後半30分に決め、約1か月半ぶりのホームでの勝ち点3を獲得し 1:0 で勝ちました。 まずは後半戦白星発進としました、順位は6位と変わりませんが、2位との勝ち点差は4ですのでこれからの連勝が期待されます。

さて、サッカーの話題はこれくらいにして、次は趣味の短歌の話です。今まで長く続けてきました新聞投稿短歌ですが、4月以来新聞投稿は休んでいます、いつも誌上で私の短歌を読んでくださっていた方からは、どうしたのか? と心配されましたが、今年は今までの選者も変わり、私も考えるところがあり新聞の投稿は休むことにしました、これからは今まで入った事のない 結社に入会し、そちらの方で創作を続けていきたく決め、活動を開始し始めました。 この秋頃には結社での活動の様子をこのブログにも載せお知らせできる事に成るかもしれません。 創作をやめたわけではありませんので、少しでも進歩した私の短歌を皆様に読んでもらえるよう、今まで通りの創作活動を頑張りたいと思います。

以上、久しぶりの更新で、言い訳がてら記載しましたが、これからも無理をせずVF甲府の事や私の趣味の事等、更新していけたらと思っていますので、機会があったらのぞいてみてください、お願いいたします。


そうそう、昨日は午後から短歌結社の歌会と、VF甲府の後援会の交流会がありました、歌会を途中で失礼し、交流会に参加しましたが、神戸冬馬会長のミニコンサートもあり、非常に楽しいひと時が過ごせました。 後半戦変わらず応援頑張りましょう。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

2019年 初めての更新です。 

新年のご挨拶もしない内にすでに今日は7日になってしまいました。

遅ればせながら、  
新しい年おめでとうございます!皆様にとって良い一年になりますように祈ります。

さて、今年の正月はとても天気が良く、過ごしやすい1週間でした、昨日の部分日食もしっかり見れましたし、隣の長野県は雪なのに山梨は高い山だけ雪が降り、盆地は雪振らないのです。 昔 県の観光宣伝で関西方面に行くと、長野に比べ山梨のスキー場の少なさに驚かれましたが、その通り 富士山 と 八ヶ岳 周辺に2~3か所あるだけなんですよ、信じられないでしょうが本当なのです。

ところで今年もこのブログを続けていくことに当たり、少し考えてみました。 ブログ開設当初は意外と元気だったのですね、趣味といえるものが沢山あり、記事には事欠かない状態でした、ですが趣味に徹するのは体力や体調がよくなければ続けられないものですね、やはり続けているうちにだんだん年も取り、思わぬ病になってしまったりで体力は落ちるし、それに伴い行動範囲も狭くなり、今はご存知の通り体を使う活動は、サッカー VF甲府のサポーターとしての応援一本に絞り、他の活動は控えめになりました。

本当は、釣りにも行きたい、自転車も乗りたい(長距離)、絵も描きに出かけたい、あれもやりたい、これもやりたい、 と思ってはいるのですが、無理して寝込んでは仕方ないので、体をあまり使わなくてできる 短歌 に切り替えました。 ただ、自分で創作して発表もせず、しまい込んでいては自己満足で終わるので、作品に対する他の人の評価も知りたくて、考え付いたのが新聞投稿です、今まで250回くらい新聞に掲載されましたが、これで満足せずに大切な趣味としてこれからも続けていくつもりですがもっともっと良い作品が創作できれば良いと思っています。

  ・ 移ろいの四季を彩る甲斐の山
             甲府盆地は我の住む里 ・
 

      IMG_5871_20190107160159052.jpg  北杜市からの甲斐駒ヶ岳です、今年の年賀状に使った作品です。

           ぼつぼつマイペースで更新しますが、今年もよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

平成最後の年のご挨拶 

今日は12月31日、今年も今日で終わりと思うと何となく寂しい気がします、若いころと違いこの年齢になると年を重ねることが、苦痛です。 一年が早く過ぎると感じるのは後期高齢だからかもしれません。

さて、今年で平成も最後の年ですね、来年の年号は何という年号になるでしょうか? しかし、私は昭和15年の生まれですが、いろんなところで生年月日を書くときは西暦を使っています、1940年10月21日、と書いていますが、まだまだ、役所をはじめ日にちを書く欄では年号を使う事が多く、西暦に統一した方が便利だと思うのですがどんなものでしょうか。

どうでもよい話から始めましたが、今年も一年このブログ、「オヤジのダイアリー趣味いろいろ」をほそぼそ続けてきましたが、大した話題もなく更新もままならぬのにいつも訪問していただいている皆さん、本当にありがたく思います、ブログのタイトルと違い、限定した趣味(サッカー VF甲府情報 と 新聞投稿短歌)だけであまり変わり映えしませんが、これからも何とか続けたいと思っていますので、よろしくお願いします。 (たまには違う話題も取り上げていこうとも考えています。)

どうか皆さま良いお年をお迎えください、来年も素晴らしい年になりますよう祈っています。                                                               
                          2018年12月31日    kainohidesan

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

演劇公演 「 源蔵の恋 」 観劇してきました。 

ハロー山梨演劇塾 YAYAYA 第19回公演 源蔵の恋 ~ゆりかもめに乗って~ 作・演出 藤谷 清六   を9月8日(土)夜の部を観劇して来ました。

IMG_5752_convert_20180910153148 演劇 源蔵の恋 1 IMG_5753_convert_20180910153451 演劇 源蔵の恋 2 IMG_5754_convert_20180910153619 演劇 源蔵の恋 3

この芝居は私の知人 藤谷 清六 さんが10年ほど前に小説風に書き下ろした戯曲を上演可能な台本に書き直した作品との事でこの作品を桜座で観劇できることに非常に楽しみにしていました。

藤谷さんの作品は2010年8月の 難破船の仔羊たち を県民文化ホールで観劇して以来、今回まで毎年観劇させていただいています。 藤谷さんから直接案内状をいただき、出かけていくことは毎年の私の楽しみの一つになっています。

今回の 源蔵の恋 ~ゆりかもめに乗って~ は久しぶりに11名の役者さんが出演し、少人数での役者さんの公演と違い、それぞれの個性を持った表現を演じる事で役者さんの演技が重要となり、まとめる事が大変であったと感じました。

今回の公演に対しては3月からの数多くの稽古により完成し幕開きとなったと思うと、この芝居に関わった方々がボランティア活動のような気持ちで一丸となって、稽古に励む姿が目に浮かびます。

作品は、私などと同年齢と思われる源蔵さんの優しさ、思い、がしっかりと観客に伝わる演技力、その他、樹和子役、鶴子役、の役者さんを始め院長さん役、婦長さん役の役者さん、劇団 豚ねる座 の役者さんとして登場した5人の役者さんたち、どなたも個性を出し、観客を楽しませてくれました。

そして最後になりましたが、今回はいつもの客席に3人のメンバー チャイルドフッド が歌と演奏の用意がされていて、狭い桜座の二階まで演技の舞台に利用されるなど、意表を突くセッティングに驚かされましたが、藤谷さんの作詞による ゆりかもめ を作曲、そして歌った チャイルドフッド の歌声が心に響きとても良かったと思いました。

観劇した私の思いがさめぬうちにこうして私のブログに下手な文章を残しておきたく、思いつくまま書き込みました。

読んでいただいた方は機会がありましたらぜひ一度、ハロー山梨演劇塾 YAYAYA公演を見て頂けるようお勧めします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

当ブログ 本日で開設 七年目 となりました。 

既に七年、本当に早いものです。 歳と共に立ち上げた頃の情熱は薄れては来ていますが、細々でも続けていきます。

と云うのもこのブログには、忘れられない思いがあります。 

  今日から オヤジのダイアリー 趣味いろいろ を記載していきます。 少し不安ですが、頑張ります、よろしく!

こう記して、このブログを立ち上げたのが、2011年3月10日(木) 21:02  まさか翌日にあの 東日本大震災 が起こるとは夢にも思ってはおりませんでした。 2011年3月11日(金) 2:46  ブログの開設と共に忘れられない日となりました。

思えば死者 15,895人、 行方の分からない人 2,539人、押し寄せる津波による被害のほか、あの福島原発事故により避難生活を強いられている方々、今も 73,000人位おるとのこと、未曽有の大災害であった事は間違いありません。

こうして七年の時は過ぎていきますが、災害の当事者だけでなく、日本国民全てが、地震で起きる津波の恐ろしさ、そして何より原発事故の恐ろしさ、これは何時までも忘れてはいけない教訓でしょう。

私も過ぎ去った七年間、色々な事が有りました。 うれしい事、悲しい事等、ブログに書き込み、読んでいただいた皆様からのコメント等、どのくらい力になったり、励みになったりしたことでしょう。

今日のアクセス数を見ますと、七年間で 41,174、 とカウントされています、数的には多くありませんが、それは私の方からのアクセスが少ないので、仕方ありません。 訪問もままならぬのに、いつも覗いてくださる皆様には感謝しています。

震災の三年ほど前、南三陸を訪れた時の写真がありましたので、ここに載せます、宿泊した 南三陸ホテル観洋 も見えます。

  三陸 3 IMG_0052_convert_20180310135842 s 4IMG_0050_convert_20180310140319 三陸 
 

最後になりますが、東日本大震災 を短歌に詠み以前 秀作 として新聞掲載された一首を披露します。

       ・ ひいらぎにさしたイワシの頭(かしら)には三陸の海思う目のあり ・

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

J2サッカー 第2節 VF甲府 対 東京ヴェルディ ホームでドロー 

昨日 3月3日(土)VF甲府はホーム中銀スタジアムにおいて、東京ヴェルディとの対戦でした。


 1IMG_5439_convert_20180303205655 2節 対 東京  2IMG_5437_(1)_convert_20180303205904 2節 対 東京  3IMG_5452_(1)_convert_20180303210025 2節 対 東京 

前節 J1を同時降格した大宮アルディージャとの対戦を 1:2 で落としたVF甲府、今節は東京ヴェルディとの戦い、今季J1昇格のライバルチームとも言える油断できない相手、新生VF甲府の闘いにホーム観客(ヴェルディ関係を除く)すべてが期待する試合でした。                        4IMG_5446_convert_20180303210149 2節 対 東京  5IMG_5450_convert_20180303210338 2節 対 東京  6IMG_5449_(1)_convert_20180303210450 2節 対 東京               10,192名の観客がスタンドを埋める中、試合は始まりましたが、VF甲府は島川をアンカーに置く4-1-4-1 の新システムを採用し、スタートしました。 しかし、まだ、実践では経験の少ないシステムの為、機能が発揮できなく、アグレッシブに攻めてくる東京の対応にボールを奪えなく、チャンスをつかんでも決め手を欠く事が多く、金園のヘディング、佐藤のヘディング、リンスのヘディング等、全て得点には結びつかず攻撃が空転します、しかし、攻撃的な助っ人二人を擁する東京の攻撃はVFの守備陣が防ぎ、得点を与えなく、 0:0のまま前半は終了します。                                                   7IMG_5441_(1)_convert_20180303210622 2節 対 東京  8IMG_5443_(1)_convert_20180303210800 2節 対 東京  9IMG_5438_convert_20180303210933 2節 対 東京                                                                                    後半に入っても、試合は硬直状態で、一進一退 の状況は変わらず、ただ、ペースをつかみかけたVF甲府の攻撃が前半より活性化し、25分VF甲府、小椋を投入し、3-4-2-1 の慣れ親しんだシステムに変更、最後の反撃を開始し、相手ゴールに迫まりましたが及ばず、 0:0 のまま終了し、勝ち点1としましたがホームでの勝利には結びつくことはできませんでした。 次節は3月11日(日)14:00よりアウェーにて FC町田ゼルビア との対戦です。 今度こそ 勝ち点3を期待します。                                              ・ 頑張れVF甲府!1年でのJ1復帰を目指し、応援します ・  

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

新年おめでとうございます。 

2018年もすでに3日になりました、遅ればせながら、皆様に新年のご挨拶を申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年も大変な豪雪の中, 正月を過ごされておられる地方の方には申し訳ないようですが、我が山梨は天気も良く穏やかな正月を過ごしております。

昨年暮れには3年ぶりに東京に行き銀座などを歩いてきました。足の手術の後、あまり長くは歩けないと思っておりましたが、何んとか普通に歩く事が出来、自信が持てました。 今年は活動範囲も広げられるかもしれません。

年齢と共にあまり無理はできませんが、好きな事が続けられれば幸いと思っております。

皆様方には、たまに更新する当ブログですが、相変わらずお付き合いいただければ嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。


           1IMG_3458_convert_20180103160921 山中の富士   山中湖の富士山です。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

2017年 年末のご挨拶! 

今年も今日で最後となりました。
今年一年、このブログ、(オヤジのダイアリー 趣味いろいろ)を訪問していただき誠に有難うございました。
家庭の事情もあり、更新もままならぬ中、何とか細々と続けられましたのも、忘れずに訪問下さる皆様のおかげ、と、思っております。

来年もしばらくこのペースでいく事になりそうですが、これに懲りずにときどきでも良いですので、のぞいて見てください。
思い出したように更新しているかも知れません、私の方からの訪問もあまりできないかもしれませんが、お許しください。


色んな事がひと段落しましたら、ぼつぼつ更新していくつもりです。

それでは皆様、来年もどうぞよろしくお願いしまして、年末のご挨拶といたします。

                                                2017年12月31日  kainohidesan

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード