FC2ブログ

J2サッカー VF甲府 第14節(対 秋田戦)ホームで完封 4連勝

 2021-05-16
 昨日の5月15日(土)行われたJ2サッカー、 VF甲府はホーム JITスタジアムにて4,130人余りのファン、サポーターの見守る中行われ、初対戦の ブラウブリッツ秋田 に得点を許さず、1:0 で完封しホーム4連勝を挙げました。

 
  IMG_6510.jpg IMG_6513.jpg IMG_6515.jpg


 この日は風は少し強いが、良い天気で気温もかなり上昇し、秋田の選手には暑すぎだったかもしれない天気でした。
試合は始めには秋田の素早い攻撃も見られたが、VF甲府は落ち着いて対応し、徐々にボールは甲府が維持することが多くなって来はしたが、秋田もスピードのある選手も多く、プレスをかけられた甲府は前にボールが思うように運べない状態が続き、これはこの試合、苦戦するかな?と思われた。


  IMG_6506.jpg IMG_6523.jpg IMG_6521.jpg


 前半は試合が進むにつれ両チーム共、持ち味を出し始め、お互い得点につながるようなシーンも演出したが、どちらも得点にはつながらず、前半は 0:0 で終了する。

  IMG_6524.jpg IMG_6525.jpg IMG_6526.jpg


 続く後半、10分過ぎまで、秋田の猛攻に会うが、甲府のDFの働きで得点は許さず、15分過ぎからVFの左サイドの 泉澤の仕掛けから甲府のペースになり、19分、V甲府は 長谷川 に代えて、鳥海、リラ に代えて、三平を投入。


  IMG_6516.jpg IMG_6517.jpg IMG_6522.jpg


 25分の給水タイム後は、秋田の反撃は有るがほぼ、甲府のペースで試合は進められ、39分、右CKを獲得するとキッカー野津田 の左足のクロスに、浦上 がペナルティーエリア中央からヘッドで折り返し、混戦となったゴール前で奪い合いのこぼれ球に反応した 新井 が右足での押し込みで先制点を獲得する。

 その後は秋田の反撃にも、甲府は得点を許さず、1:0 の完封勝利でホーム4連勝を飾った。

さあ、次節はアウェーでの 水戸ホーリーホック との戦いです。この勢いを持続し、勝利を期待します。

・ 頑張れVF甲府!次節はDAZNでの観戦です。勝ち点3の持ち帰りを、、・



 

 


 
タグ :

J2サッカー VF甲府 第13節(対 東京V戦) ホームで完封勝利

 2021-05-10
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
カテゴリ :VF甲府 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

J2サッカー VF甲府 第12節(対 山形戦)アウェーで 悔しいドローに

 2021-05-05
 連休最後の休日、5月5日(水・祝日)の子供の日、VF甲府は NDソフトスタジアム山形 において、雨の中での戦いでした。 結果は、2:2 のドローに終わり、勝ち点2を失った試合となりました。

 監督交代から2連勝の山形、その勢いのままのホームゲーム、やはり開始はじめから、VF甲府は押され気味の展開で完全にペースを握られ、何時得点されてもおかしくないような戦いが続き、15分山形に与えた セットプレーを山形の 藤田にヘッドで合わされ 0:1 と先制点を奪われ、その後の反撃も思うようにいかなく、前半はシュート数も山形 8本、甲府2本、と振るわず、リードされたまま前半は終了する。

 続き後半、まず同点にとVF甲府は前半とは明らかに変わり、攻撃のリズムに乗ってきて、後半開始3分、泉澤 からのクロスに、新加入の リラ がヘッドで得点し、1:1 の同点にする。 その後はほぼVF甲府のペースで進み、70分、VF長谷川 のシュートは相手GK にはじかれるが、そのこぼれ球を 山田 が再度シュートするも相手 GKに当たりボールは山田 の前に転がると、山田はゴール前に走りこんだ 泉澤 に横パスを送り、受けた泉澤は無人のゴールに流し込み、追加点を挙げ、2:1 と逆転に成功する。 勢い付いたVF甲府の攻撃も、ホームでの負けは許されない山形の反撃に終盤は押され気味、アデショナルタイム6分のうち4分にVFはCKを与えてしまい、5分のCKはクリアーするものの、最後の1分に波状攻撃からまたもCKを与え、相手 栗山がヘッドで合わせるとゴール前のVF 三平 の出した足に当たり、コースの変わったボールはゴールネットに吸い込まれ、土壇場で 2:2 の同点にされ、試合終了となり、勝ち点3の目前で勝ち点1、とされてしまった。 非常に惜しい勝ちを逃しました。

 次節は5月9日(日)14:00 から VF甲府のホーム、JITリサイクルインクスタジアム にて、東京ヴェルディ との対戦です。ホームでの4勝目を期待します。

・頑張れVF甲府!ホームでの勝利でファン、サポーターと共に喜び合おう・




タグ :

J2サッカー VF甲府 第11節(対 ツェーゲン金沢戦) ホームで 2:0 完封勝利

 2021-05-01
 五月一日(土)ゴールデンウイーク初日の今日、VF甲府はホームに ツエーゲン金沢 を迎えての対戦でした。

 前節嫌な負け方をした VF甲府、今節はホームで必勝をかけて臨んだ試合、2:0 の完封勝利を収めました。

 試合は開始当初は金沢のペースで進められたかに見えましたが、やがて、甲府もリズムを取り戻し、今季初先発に、待ちに待った外人プレーヤー ウィリアン リラ 選手が先ごろ来日し、日本での初めての試合のピッチに立ち、得点こそなりませんでしたが、期待通りのプレーにVFの関係者や、ファン、サポーターなど大いに沸かせてくれ、これからが楽しみな展開でした。そして、19分、試合が動きました。VF甲府の 泉澤 のクロスにリラがコースを変え、関口 にわたり、その関口のシュートが相手DFに当たりゴールに飛び込み、一時 関口 のゴールと思われたが、判定はオウンゴールとなり、1:0 と先制し、その後の金沢の反撃も得点ならず 1:0 のまま前半は終了する。

 続く後半、両チーム共見ごたえのある攻防が続くが、66分、VF甲府は 荒木 のスローインに 泉澤 が反応し、ゴール近くで相手DFをかわすと、飛び出した相手GKの股を抜く技ありのシュートが見事に決まり、2:0 と追加点を挙げ、
リードを広げ、その後は何とか得点の欲しい金沢にボール維持されるが、VF守備陣の守りは固く、一体となった守りでピンチも凌ぎ、得点させないまま 2:0 の完封勝利をホームで飾りました。

 この試合、このほど来日したブラジルの2選手、ウィリアン リラ選手、と バウロ バイヤ選手、そして、長谷川、関口、 泉澤、選手等、チーム全員の活躍が見事な勝利につながった事と思います。

さて、次節は中3日の5月5日(水、祝) アウエーでの モンテディオ山形 との対戦です。この試合にも勝ち点を期待しています。

 ・ 頑張れ! VF甲府! 次節はDAZNでの 応援です 2連勝をお願いします。 ・


         IMG_6433.jpg       IMG_6447.jpg 
タグ :

J2サッカー VF甲府 10節 (対 琉球戦)0:1 アウエーでの惜敗

 2021-04-26
 4月26日(日)VF甲府は遠く沖縄でのアウエーでの戦い、山梨での応援も届かず 0:1 の惜敗でした。

 試合は、前節の 対SC相模原戦からメンバーを5人入れ替えて臨んだが、開始早々からVFのペースで、ピッチいっぱいに走り回るVFの若い選手が目立ち、得点機も有ったが、粘る琉球も前半中途から盛り返し、両チーム共得点はできなかったが、一進一退の緊迫したゲーム展開で見ごたえのある戦いであった。  だが、0:0 で前半は終了し折り返しとなった。

 続く後半も 中村 亮太朗 や 関口 正大 などのシュートも得点には結びつかず、終了間際にになり、今節はドローで終わるのか、と思ったとたんにCKを奪われ、45分、右からのCKをVFのGK 岡西 宏祐 がパンチングで跳ね返すと、相手の 池田 廉 が頭でゴールへ送り込み、岡西 はボールに手を伸ばすも琉球の 岡崎 亮平 と競り合い、岡西は伸ばした手の右肩を相手 岡崎の右腕で押さえられたように見え、また、岡崎がオフサイドポジションのようにも見えたが主審、副審の旗は揚がらず、VFの選手もアピールするも判定は変わらずゴールと認められてしまった。 

 試合はそのまま終了し、VF甲府は 0:1 と痛く悔しい敗戦を喫してしまい2連勝はかなわなかった。

 選手達は、勝ち負けはともかく、1点にすべてをかけて戦っている。 勝敗を左右する審判の判定は、不可解であってはいけないと思うのはスポーツ、特にサッカーのファンは顕著だと考える。 どうして、J1に採用されているビデオ・アシスタント・レフェリー のような VAR をJ2で採用されないのか、疑問に思う。

 審判も人間であり、判定にミスが出るのもわかるが、映像で即座に判断できるシステムが可能なら、J2にも早急に導入してもらいたい。 映像での判断なら、選手を始め、監督、やファンでも納得いくはずである。

 悔しい負けに思わずいろいろ書いたが、ここに至るまでに得点できなかったチームの戦いぶりがすべてで、次節からはこうした事にも余裕が持てる試合運びをしてもらいたく思う。

 次節は5月1日(土)VFホームで ツェーゲン金沢 との戦いです。ホーム2連勝を期待します。

 ・頑張れVF甲府! 次節はホームのスタンドでの応援です。皆で喜ぶ勝ち点3を、、・






タグ :

J2サッカー VF甲府 第9節(対 SC相模原戦) ホームで完封勝利

 2021-04-22
 VF甲府 第9節 対 相模原戦は、4月21日(水)VFのホーム、JITリサイクルインクスタジアムにおいてナイターで行われ、VF甲府、5試合ぶりに勝利を飾りました。

 3,340人のサポーターやファンの見守る中、始まった試合は天気にも恵まれ、ナイターとはいえ絶好の試合日和、久しぶりにホームでの勝利を狙うVF甲府と、今季J2昇格をかなえたSC相模原、初めての対決です。

 試合は初めからプレスをかけてくる相模原に、VFも戸惑いを見せながら対応している選手たち、若い選手が主体の今日の先発メンバーだが、落ち着いた試合運びに今日は何とかやってくれる、と期待が持てました。 試合が動いたのは18分、獲得したCKにキッカーの 長谷川 元希 が、クロスを上げずに、ゴールから少し離れた 山田 陸 にパスを送る、山田はそのボールを豪快なミドルシュートを放ち、1:0 と先制に成功する。その直後の23分には 荒木 翔 からのパスが前線を走る 泉澤 仁 に繋がり、敵陣深く持ち込んだ 泉澤 はゴール前の 長谷川 にクロスを送ると、相手に当たりそのこぼれ球を、長谷川 がゴールに蹴り込み、追加点を挙げる。 前節2得点の長谷川の2戦連続のゴールで、VFは 2:0 として、試合を進め、そのまま前半を終える。

 続く後半も、何とか挽回しようと攻撃を仕掛ける相模原を相手に、前節と違いうまくゲームをコントロールし、相手の得点を許さず、終盤に 山本 英臣 を投入して2点を守り切り、2:0 の完封勝利を飾った。

 今節は大卒ルーキーや若い選手の活躍で、ホームでの勝利に観客の喜ぶ顔がスタンドにあふれ、満足する勝利であった。

次節は、現時点で2位と好調の 対 琉球戦、アウエーでの試合だが、上位キラーのVF甲府の底力を充分発揮して、勝ち点3を持ち帰ってもらいたい。

・頑張れVF甲府! 2連勝を期待し遠く離れた山梨の地から応援します。・


 
タグ :

J2サッカー VF甲府 第8節(対 松本戦)アウェーでの ドローに

 2021-04-17
 何故なんだ、前半に 3:1 でリードして迎えた後半、2点差を追いつかれ、ドローで終える。松本は甲府には負けない、という信念みたいなものを感じてしまう戦い、今日はいけると思っていた自分が甘かったのか、非常に残念だ。

 雨の中始まったこのゲーム、今日はDAZNの観戦でしたが、アクセスしてもエラーでなかなか映像が流れず苦労しました。
まあ、やっと映像が復活して、と、思った8分、松本の左サイドからのクロスをゴール前の 鈴木国友 にヘッドで決められ、0:1 に、先制される。 その後の16分、VFのCKに 野津田岳人 のクロスは相手GKにはじかれるがVF 長谷川元希 が、こぼれ球を胸でトラップ後右足でのシュートを決め、 1:1 の同点にする。 その後はVFのペースでゲームは進められ、35分、泉澤 仁 のパスに 荒木 翔 がクロスを上げ、長谷川 のたたきつけるようなヘディングシュートにより、2:1 と逆転し、さらにその4分後、左CKから 長谷川 のクロスにゴール前の メンデス が、ヘディングシュートを放ち、追加点を得る。 3:1 で前半を終了し後半に臨むことになる。

 続く後半、立ち上がりは両チーム共、一進一退の攻防が続くが、19分、松本の中央からのクロスに一度はクリアーしたものの混戦になり、元VFに居た 佐藤 にシュートを放たれ、GK岡西 がセーブしたこぼれ球を 鈴木 に右足でまたも決められ、3:2 と迫られ、さらにここぞと勢いに乗る松本に、VFは下がり気味となり防戦に回り、37分、松本陣内からのスルーパスに反応した 鈴木 がVF陣内に持ち込み、VF新井 と飛び出した GK岡西 をかわし、無人のゴールに流し込まれ、3:3の同点にされる。鈴木はこれでハットトリックを達成し、さらに追加点を狙う松本に対し、VFも追加点を狙うが両チーム共得点できず、3:3 のドローで試合終了となり、 なんだか悔いの残る残念な試合となってしまった。

 これで4試合勝てない試合が続き、次節のSC相模原との4月21日の対決、水曜日のホームでのナイターだが、なんとか勝ち点3を獲得してもらいたい。

・頑張れVF甲府! 次節のホームでサポーター、ファンと共に喜びたく期待する・




タグ :

J2サッカー VF甲府 第7節(対 北九州戦)ホームで 悔しいドローに

 2021-04-11
 4月10日(土)J2サッカー 第7節、VF甲府はホームで キラヴァンツ北九州 との対戦でした。 首都圏を始め、関西でも猛威を振るっているコロナ禍の中ではありますが、幸い山梨は他県に比べて感染者数がやや少なく、油断はできませんが、サッカー観戦も制限付きで、コロナ対策を取りつつ全席指定席での観戦となっています。

IMG_6464.jpg IMG_6448.jpg IMG_6462.jpg 

 さて、試合はVF甲府のボールで開始されましたが、開始早々からVFが積極的に試合を進め、野津田、関口、三平、を始め、どの選手も攻撃の手を緩めず、良い立ち上がりだったと思います。

IMG_6453.jpg IMG_6454.jpg IMG_6455.jpg

 前半はややVF甲府のペースでゲームが動いていたようだが、得点には至らずこのまま後半か?と思われた44分、VF陣内からのスローインに 三平 が抜け出し、相手の裏へスルーパスを出し、これに反応した 泉澤 が相手DFとGKをかわし、右足でゴールに流し込み、1:0 と先制し、前半は終了となる。

 続く後半は前半の勢いを維持してVF甲府の攻撃は続くが、追加点は得られず、後半22分に北九州の新垣からの縦パスにより、VFの最終ラインの背後を取られ、抜け出した 前川 がシュートし、一度はVF岡西が防ぐが、こぼれ球に反応した 富山 のダイビングヘッドでゴールに押し込まれ、1:1 と同点にされる。 その後、VF甲府も追加点を狙い果敢に攻め込むが、得点できず、1:1 のドローで試合終了となった。

IMG_6447.jpg IMG_6451.jpg IMG_6463.jpg

 次節は4月17日(土)アウエーで 松本山雅FC との対戦です。松本は今季まだ、本調子ではないようですが、決して侮れない相手です。 勝利を期待します。

・頑張れ!VF甲府 次節こそ勝ち点3を持ち帰って下さい 応援しています・


 


タグ :

J2サッカー VF甲府 第6節(対 長崎戦)アウェーでの 敗戦に

 2021-04-03
 残念! J2サッカー VF甲府はアウェー長崎戦、トランスコスモススタジアム長崎 において第6節を戦いましたが、1:2 で敗れ、2連敗となりました。

 観客、 4,463人を集めたこの試合、長崎は今季ホーム初勝利を狙い、VF甲府は今季アウェーでの4連勝を狙っての試合、どちらも負けられない一戦でしたが、ホーム長崎がわずかに勝っていました。

 試合は前半から、やや長崎のペースで進められ、なかなかVF甲府らしさの見えない試合展開でした。 そして、試合が動いたのは29分、VF陣内での攻防で、長崎の秋野からのボールがこぼれ、長崎 澤田 が中央へパスを送ると、その流れたボールにフレイレが反応し、右足を振り抜くと、ボールはVF DFに当たりコースを変え、ゴールに入り、0:1 とVFは先制され、その後の反撃も実らぬまま、前半は終了となる。

 続く後半、反撃に出たVF甲府は前半とは違い、攻撃のリズムも回復して来て、13分、ロングパスを受けた 泉澤 が相手陣内ペナルティーエリア左から浮き球のパスを送り、そのボールを 三平 がヘディングにより、ゴール右隅にいれ、 1:1 の同点にする、

 その後、逆転を信じて応援するVFサポーターの願いもかなわず、39分、長崎の右CKの秋野のクロスに元VF甲府在籍の 新里 の中央からのヘディングシュートにより、 1:2 と再びリードされる。

 その後 猛反撃に出たVF甲府であったが、惜しいチャンスもものに出来なく 1:2 のまま試合終了となり、痛い2連敗となりました。

 これで 3勝一分け2敗、となり第6節を終えました。次節は、4月10日(土)ホームにて キラヴァンツ北九州 との対戦です。 なんとしても3連敗は免れ、ホームでの勝利を飾ってください。期待しています。

 ・ 頑張れ VF甲府!次節はホームスタンドで 精一杯応援します。・




タグ :

J2サッカー VF甲府 第5節(対 町田戦)ホームでの 敗戦に

 2021-03-27
 今日の試合は何だったのか、開始早々の3分に町田に得点され、事故のようなものだから、いずれ追いつき逆転だと、我々も選手も思ったと感じていたが、やはり甘かった。 VFは前半、後半ともに得点できず 0:1 の 悔しい敗戦となった。

IMG_6428.jpg IMG_6426.jpg IMG_6433.jpg

 開始早々の3分にVFのペナルティーエリア内に走りこんだ町田の 中島にスライディングで合わされ、得点されて先制点を奪われ、 0:1 とされる。 早々に得点した町田は勢い付きVFにプレッシャーをかけ続け、前半40分くらいまで町田のペースでゲームを進められ、前半終了間際にVFもやや持ち直したかに見えたが得点できず、0:1 そのままで前半終了となった

IMG_6435.jpg IMG_6432.jpg IMG_6431.jpg 

 続く後半、VFもボールを持つ回数は増えたが、相手のプレスに阻まれ横パスやバックパスが多く、
なかなか相手陣内に攻め込めない。 15,6分から20分頃に何回かのCKを得るものの相手DFに処理されたり、クロスが味方に合わずいずれも得点にはならなく、前半とは違う後半のVFの攻めだったが、0:1 のままホームでの悔しい敗戦となった。

IMG_6434.jpg IMG_6430.jpg IMG_6440.jpg

 今季初の敗戦となったがまだ5節、42節の内の序盤なのです。今節の敗戦を糧に次節の4月3日
(土)アウェー長崎戦きっちり勝利してほしい。

・頑張れVF甲府!次節はDAZNでの応援です 勝ち点3を期待します・


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫