FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

美術鑑賞! 作品展巡り (5)   

6月21日(火)より 26日(日)まで、山梨県立美術館で 第21回 スクエア展 と、
第24回 新槐樹社山梨支部展 が始まり、21日午後、早速見に行ってきました。

まず、美術館ギャラリーB室でのスクエア展、今日は初日だった為か、受付にも誰も居なく、
会場にも2~3人しか見る人が居ませんでした。

作品は、入り口左側に、各メンバーの小品が展示され、油彩、日本画、ミクストメディア等、
色んな手法の作品が見る者を楽しませる内容でした。

会場の奥には各メンバーの大作が展示され、見ごたえの有る作品ばかりで、中でも、
深沢弘昭さんの作品は、3年位前に見た顔の部分が青い、メガネの人物で真ん中の赤い唇に特徴があった、確か、「匿名」とか云う題?の作品が印象にあり、今回の人物は顔の部分が白っぽく、目、鼻、口などが確認できる程度に描かれ、首に回された縄がリアルさをアップさせた作品で、リセットはきかない との題名にマッチした大作でした。

榎並さんの作品は、20年以上前から見せて貰っていますが、重厚なミクストメディア作品で、
小品も大作もさすがと思わせる作品であり、又、保坂公久さんの個展の10点はいずれも色がきれいな、魅力ある具象作品で、個人的には私の好きな作品と思いました。

この他、印象に残る作品は多くありましたが、評論家ではないので、勝手にあまり書けませんが、
40歳~50歳代のメンバーの作品展、これからの活動が楽しみな作家の作品展でした。

 ・ スクエア展:6月21日(火) ~ 6月26日(日) 山梨県立美術館 ・

次に、ギャラリーC室で同時開催の 新槐樹社山梨支部展 に行きました。

同支部には、以前、私と同じグループであった二人の仲間と、一人の知人が居り、作品を見せて貰いながら、懐かしく話をしてきました。 作品は、絵画の他、陶芸作品も展示され、スクエア展と違った雰囲気の展覧会でした。

 ・ 新槐樹社山梨支部展:6月21日(火) ~ 6月26日(日) 山梨県立美術館 ・

美術展巡りの最後は、現代美術作家、坂本 泉さんのギャラリーAIRYに寄り、キリギス共和国の作家、ムサエフ ヌルディン油彩画展を鑑賞して来ました。

たまたま、会場には、本人だけで、坂本さんも居ないので外国語の苦手な私は、あまり話も出来ずに
少し残念に思いました。作品は、人物画が多く、中でも、彼の祖母を描いた作品が私は好きな作品でした。

・ムサエフ・ヌルディン油彩画展:6月18日(土)~ 6月26日(日)ギャラリーAIRY ・


 長い文は私の悪いくせですが、お付き合い下さり感謝します。

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード