FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

咲きました! アーリーヘブンリーブルー 

今年は青いアサガオの花、見られないと思っていましたが、鉢植えの2鉢花を咲かせました。
各1輪づつでしたが、嬉しかったです。


これが初めての1輪です。
   
   IMG_0958+繧「繧オ繧ャ繧ェA_convert_20110831111143 アサガオA

この間までは、蕾のまま枯れ落ちていたのですが、今は蕾も育っています。
最初の1輪、私の思っていたより、ブルーが少し薄い感じがしますが、とても、
爽やかな青です。


プランターの方は、スカーレットオハラが赤い花を毎日咲かせていますが、
アーリーヘブンリーブルーは全く駄目です、理由は分りません。
根元が枯れていないので、試しに根から30センチ位のところで2本だけ、
つるをカットして置きましたら、緑の小さい芽を付けて来ましたので、しばらく
様子を見る事にしています。


さて、鉢植えの青いアサガオです。2輪花を付けました。

   IMG_0964縲

毎日、1~2輪ですが、なんとか、精一杯咲いています。
でも、アサガオの花、1日しか持たないのですよね、花の命、短いです、
特に、アサガオは、、、、、


これで、3種類の内、2種類が咲きました、後は、フライングソーサーのみとなりました。
なんとか、咲いてくれると良いですが、、、、どんな花か楽しみです。


ところで、このアサガオの種と同じ頃、種をまいたミニトマトのアイコ、育った苗を3本だけ、
大きな鉢に植えておいたのですが、8月のお盆に家に来る二人の孫に赤く可愛いトマトを
取らせてあげようと、考えていた妻の期待、見事に外れました。
明日は9月、と云う今日ですが、実は一杯付いてはいますが、まだ、当分赤くなりません。


   IMG_0968繝溘ル繝医・繝医

それでも、40個位実が育っています。

アサガオと違い、食べられるので、別の楽しみとなっています。

今日は我が家の、鉢植えの話題でした。

category: 未分類

TB: 0    CM: 6   

新聞投稿短歌! 掲載 (14)   

今日は8月最後の月曜日、山日新聞文化欄、投稿短歌掲載の日です。

先週は掲載されなかったので、今回はどうかな?と思っていましたが、又、選んで頂きました。
それも、佳作の3番目でした。


こうして、8月は3首掲載され、秀作1、佳作1、となりましたので、良しとしましょう。

今回は、友達から頂いた茄子の見事さを詠みました。
何時も、食べきれない程頂くのですが、我が家では、何もお返しする物も無い為、せめて、
感謝の気持ちを歌に詠みました。


友も、掲載新聞を、読んでくれると思います。

選者の三枝先生からも、「みごとに実った茄子への感激。紫色のあざやかさ、そして、友からの
もの、二つがそろって、これも暮らしの幸福が有る。」と評を頂きました。

  
  今回の一首です。
     
      ・ これ以上の紫色はないだろう友より届くピカピカの茄子 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 4   

災害復興支援に思う! 

暑い夏が過ぎ、季節の移ろいとともにやって来る、台風や、厳寒の冬を思う今、
あの、大震災被災地の復興支援について、考えて見ました。


一口に、災害復興支援と云っても、今回ほど支援の方法の多さを考えた事は有りませんでした。

中でも、私自身が直接参加し、協力できたのは、まず、募金でした。
被災者の皆さんが、取りあえず必要となるのは、お金だと考えたからです。個人としては少額
でも、私と同じ様に、自分たちに出来る事としての募金活動は、いち早く気持ちを表す手段と
して、有効だったと思います。


ただ、震災後、5ヶ月過ぎた今、全国、いや、世界の国からも集まった支援金が、
実際に被災者に渡されたのは、先日の新聞で、約、5割程度?と報道されていました。


本当に、収入も無く、働く所も無く、避難所などで、日々過ごしている人達の多い中、
集められた支援金や、救援金はいったい、何時、被災された、すべての方達に渡されるのか、
疑問に思っているのは、私だけではないと云えるでしょう。


さて、こうした私が、協力できたその他の支援活動も考えて見ました。

・ チャリティー絵画展への協力
・ はがき商品券の購入
・ 各種、つり銭募金
・ 東北各県の商品購入


こんなところでしょうか。個人としては、微々たるものですが、この様な、小さな活動でも、
大勢の人が行えば、大きな力となるものです。私としては、精一杯の支援協力と考えていました。


ところが、その他、実際の支援活動は色々な方法が有る事を思い知らされました。

・衣類等、物資の支援・本や学用品の支援・災害復興人的支援・医師、看護師の医療派遣・
・役場等への各県市区職員派遣・住居の確保協力・各学校での転入、転校生の受け入れ・
・芸能界、スポーツ界の有名人による、被災地への慰問活動・移動プラネタリュウム持参放映慰問・
・各種、チャリティー大会、公演の実施活動・理、美容師さんの被災地慰問奉仕活動・
・祭りや観光地等への被災者の招待・被災各県の生産物の特別販売・潜水士さん等による海中清掃・


思い付くまま書いて見ましたが、まだまだ、色々な支援活動を今も続けている方々が、
私の周りにも居ります。 本当に頭の下がる思いです。


日本人のこうした優しさは、世界に誇るべきところです。

あのような非常時に、集団での略奪、や、強奪等、騒動が起こらない事を不思議に思う、
外国の人達の気持ち、わかります。 でも、これが日本人なのです。


この、未曽有の大震災も、日本人のお互いに助け合う、こうした気持ちが有る限り、いずれ、
早い内に、復興し、立ち上がる事が必ず可能と考えます。 ぜひ、頑張って欲しいと思います。


あの、戦後を乗り切った国民ですから、、、、、、

category: 未分類

TB: 0    CM: 6   

美術鑑賞! 志村陽子展へ (10)    

8月21日(日)八ヶ岳の麓、北杜市長坂町の おいでやギャラリー で開催中の
知人のアート作家、志村陽子さんの個展に行って来ました。


  [志村陽子展・・・むすびめー今日と云う日をまた終えてー]

志村陽子さんは、現代アート作家として、山梨を始め、大阪、群馬などで、作品を
発表するなど、精力的に活動している注目の作家です。


今回の展示作品紹介は、彼女の作品のみの紹介となります。

まず、和紙を使用したこの作品、円にこだわり、大、小、や、変形の円を張り合わせ、
ワイヤーでつるした作品です。 この作品は今回のメインになっています。
  

   IMG_0942_convert_20110822091045 志村A

同じく、和紙の作品と共に天井より、吊り下げられた繭玉のような作品、会場全体に
飾られたこれらの作品が、窓からの少しの風に揺らめき、ライトによる光で表情を変える、
不思議な空間をかもし出しています。

   
   IMG_0950_convert_20110822091510 志村B

次は、今回展示は初めてと云う、陶芸作品です。花をモチーフとした小品で
記帳する入り口のカウンター上に飾られていました。
   

   しむらCIMG_0944_convert_20110822091812 

やはり、花をモチーフとした白い作品で、花で飾ったソープバスケットを
陶芸で表現させたような作品と思いました。


   IMG_0945_convert_20110822092110 志村D

最後に紹介の作品は、ブラウン系で表現したもので、フラワーデザインや、
陶器の絵付けをしたと云う、彼女らしさのある作品で陶器の置物として、
現代アート作家らしい陶芸作品でした。

   
   EIMG_0946_convert_20110822092440 志村

こうして、8月29日(月)まで開催の、この個展の他、彼女の作品は群馬県中之条町で、
この8月20日(土)から10月2日(日)まで開催の(中之条ビエンナーレ 2011)にも、
映画のセットで使用されたという、古民家の蔵や、馬小屋などに展示されているとの事です。


[ 温泉+故郷+アートの祭典、]中之条ビエンナーレ、参加アーチスト135名あまりの
非常に大きな」イベントです。

  
   FIMG_0953_convert_20110822092854 志村

 ・志村陽子展ーー8月29日(月)まで・・・・北杜市長坂町 おいでやギャラリー ・
 
 ・中之条ビエンナーレ・・・10月2日(日)まで・・・群馬県中之条町 各エリア   

    以上、志村陽子さんの作品展の紹介でした。

category: 美術

TB: 0    CM: 2   

フルーツ王国! やまなし   

今回は、チョットした自慢ばなしです。

山梨って、フルーツ王国だと知っていますか? 多くの人がご存じのブドウの他、
桃、すもも、の生産量は日本一なんです。


特に、ブドウ、桃、は日本の総生産量の約、1/4を山梨で生産しています。
また、この他、サクランボ、柿、リンゴ、うめ、など果実の多くを出荷するなど、
フルーツ王国、やまなし、と云われる所以です。


さて、桃の生産量が山梨に次いで2位の福島の桃生産農家の皆さんは、今年は大変な
ダメージを受け、本当にお気の毒でした、としか言いようが有りません。
生産、販売に計り知れない影響が有った事と思います。


少しでも早く復興し、また、山梨と共においしい桃を沢山生産して欲しいと思います。


ところで、農業とは無縁の我が家ですが、毎年、時期には桃、ブドウを沢山頂き、
家族では食べきれなく、親しい家や友人に分けて差し上げたりしています。
ですから、私の家では、桃、ブドウは店で買って食べた事は有りません。


下の写真は今年、果樹農家の親戚から頂いた、桃です。 

   IMG_0895_convert_20110821075602 桃

撥ねだし(商品にならなく、除外したもの)と云われる物ですが、味は変わらなく、
とても、甘く美味しい桃で、写真の入れ物に4ケース頂きました。
今年は出来が良く、甘く、私は洗って皮ごと食べるのが大好きです。


同じくブドウですが、デラブドウは写真にとらなく紹介できませんが、これは、巨峰です。
  
   IMG_0940_convert_20110821080307 葡萄

これも、撥ねだし ですが、とても、甘く、おいしいものです。

こうして、桃の時期、ブドウの時期、それに、トウモロコシ、茄子、ジャガイモ等を
毎年、食べきれない程頂けるとは、なんて幸せな事なのでしょう。


感謝して、しっかり頂きます。  ごちそうさまでした。

category: 未分類

TB: 0    CM: 8   

スカーレットオハラ! 咲きました。  

年、種から挑戦したアサガオ、何とかプランターや、鉢に移して育てて来ました。

7月5日のブログにプランターや、鉢に移した写真を紹介しましたが、その後なかなか
思うように育ってくれません。


プランターの方も、つるが伸びるのをそのままにして置くと、上へ上へと伸び、花も
見上げるほど高い所に咲く事になるので、本葉5枚残してカット、横からつるが新しく
伸びたら又、本葉5枚から上をカットして、ネットの各段で花が咲くように手入れしました。


結果、スカーレットオハラは成功した様です。下の写真は初めて、6輪一度に咲き、大きな
花をつけました。

  
  あさがおAIMG_0934_convert_20110815162319

鉢植えのスカーレットオハラも花をつけ、赤がとても綺麗です。

  IMG_0917_convert_20110815134933 アサガオ 鉢

ところで、一緒に種をまいたアーリーヘブンリーブルーは、つるは伸びましたが、下の部分の葉が、
順々に黄色になり枯れてしまいます。 同じように育てているのに上手くいきません。


このままだと、私の大好きなブルーの花が見られない事になります。鉢植えのものが一鉢有りますので、これを今のところ頼りにしています。

その他、フライングソーサーは、鉢植え1鉢が育っていますが、未だ、当分は花が咲かないと思われます。

種まきから始めたアサガオ3種の花を咲かせる挑戦、なんとか、きれいな花を見る為に、水やりを
続ける毎日です。  

 
どうか、三種とも、花がきれいに咲きますように、、、、、、、、

category: 未分類

TB: 0    CM: 6   

新聞投稿短歌! 掲載 (13)   

8月15日(月)は、66回目の終戦記念日でした。

毎年、日本全国で、あの、第二次世界大戦が、終結したこの日を中心に、戦没者を
追悼する式典や、各種政治団体等による平和集会などが各地で開催され、戦争の
愚かさ、悲惨さ、虚しさを改めて考え、後世に語り継ぐ必要性を思う時期でもあります。


さて、この15日(月)は、新聞休刊日でしたので、8月16日(火)が、投稿短歌の
掲載される山日新聞、「山日文芸」の日です。


朝の自転車での走りを終えた5時30分、新聞の文化欄を開くと、ありました私の短歌、
それも、18首のトップ、秀作!


久しぶりです、3月以来2番、3番の佳作は多く有りましたが、これで1番目の秀作は
今年3回目となりました。


自作の歌が選ばれて、新聞に掲載され、それもトップの秀作なんて、嬉しいものです。
もっと、もっと良い歌を詠もうと思う気持ちになれます。


歌は、今回もまた、甲府の真夏の暑さを詠んだものですが、三枝昂之先生の評でも、
「温度計が、破裂するかも、との過剰反応で、耐え難い甲府盆地の暑さを表現し、それも
中途半端な表現ではなく、思い切った誇張こそ似つかわしい、その点を評価した」と
ありました。

  
  今回の一首です。 

     ・ ぐんぐんと水銀柱が上がり詰め破裂するかも甲府の真夏 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

「戦場に輝くベガ」! 山梨県立科学館で   

今年の夏は、どこも、節電が実施されていて、甲府盆地の灯りが少しですが削減され、
星の見える夜が何時もより増えるかな? なんて思いましたが、このところ毎夜曇り日が
多く、一向に星の見えない夜が続いています。


こうした夏の一夜を私は、プラネタリウムで上映されている作品、「戦場に輝くベガ」
山梨県立科学館で見る機会を得ました。

この物語、原作は、山梨県立科学館の天文担当 高橋真理子氏と跡部浩一氏の脚本により
制作され、2006年にプラネタリウムで上映された作品は、その後、日本各地のプラネ
タリウムでも上映され、戦争の虚しさ、愚かさなどを思い興させる活動が輪になって広がって
いると云います。

なお、この「戦場に輝くベガ」と云う物語は、高橋、跡部両氏が綿密な聞き取り調査を行い、
創作した、プラネタリウム作品ですが、この作品をもとに、誰でもが手にし、読む事の出来る本として、四六判270頁の冊子が、この8月15日に発行、販売されたとの事です。


これが、その冊子の表紙です。  

    IMG_0919_convert_20110814211713 戦場に輝くベガ

さて、この物語は、太平洋戦争の最中、1942年当時の日本を舞台に、主人公の女学生、久子と
久子の家に下宿する信州出身の大学生、和夫が、七夕の織姫星「ベガ」を共に見上げて、想いを
深めて行き、次第に激しくなる戦争に翻弄され、出陣学徒として、海軍偵察員となって陸上爆撃機
「銀河」に搭乗、実戦の日々を送る和夫と、勤労動員で、航空兵が携行する「高度方位暦」の作成に
関わり、「ベガ」の文字に、和夫の役に立つと思いつつ働く久子が、戦地と疎開先で二人がそれぞれ
見上げる「ベガ」にまつわる終わりなき約束(寂しい時、苦しい時、嬉しい時も、「ベガ」を見よう)を守り続ける、と云う、星の物語です。


上映時間、40分ほどのプラネタリウム作品、高橋真理子氏の爽やかなナレーションを聞きながら、
プラネタリウムに映し出される満天の星空や物語の映像を、リクライニングシートで見上げた感動、
「七夕空襲」と云われる、7月6日夜の甲府空襲を5歳で体験した事を思い出すこの時期に、とても
良い時間を過ごす事が出来ました。


この作品、日本全国で上映され、日本人ばかりか、全ての人類や生物の歴史をずっと見守って来た
星々を見上げるに付け、戦争の虚しさ、愚かさを一人でも多くの人が、考える機会になれば、と
私個人としても願っています。


category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

美術鑑賞! 作品展へ (9)  

8月11日の木曜日、所用で朝9時ごろに家を出発、長野県富士見町に行って来ました。

まだ、盆前なので、国道も通常通りの交通量、快適なドライブが出来ました。

早めに、用事を済ませて、第2の目的、北杜市の長坂町、(おいでやギャラリー)で開催中の作品展、「非戦の想像力」展 2011 に足を運びました。

この、作品展は、毎年この時期に開かれる、現代アートの作品展です。

例年出品する作家の他、毎年新しい作家の作品も展示され、暑い夏の一時を、甲府盆地より、
少しだけ涼しい八ヶ岳の裾のこの地で、戦争について考える時間を与えてくれる、作品展と
して定着しています。


今回の出品、参加の作家は次の10名のアーチストです。

・安藤彩子・石原英次・上野玄起・坂本 泉・しんかいとしき・
・高橋辰雄・田中静男・中沢明子・松村 誠・山本晴美・


さて、本来は、全ての作家の作品を掲載し、紹介したいのですが、紙面の関係で出来ません。

私の独断と偏見で、特に印象の残った作家の作品を少しだけ紹介します。

まず、中沢明子さんの作品です。写真では、分らないと思いますが、それぞれの作品に
短歌が組み込まれ、作品の一部となっています。

  
  IMG_0898_convert_20110812213414 非戦 中沢

続いて、松村 誠さんの作品です。写真を利用して表現されています。  

  IMG_0897_convert_20110812212929 非戦 松村

次は、しんかい としきさんの作品です。本人と話しましたが、血液の流れる血管を
表現して居る、と話していました。白と青で表現のつもりが、黒と赤に変えたとの事です。
 

  IMG_0902_convert_20110812213806 非戦 しんかい

最後は、田中静男さんの作品です。書道作家ですが、現代アート作品として、福島の建屋を
書を用いて表現しています。

  
  田中IMG_0904_convert_20110812211651非戦

この4名の作家の他、5名の作家も、それぞれ、特徴を生かした作品展示で、来場者に
印象が残る、作品展でした。


なお、10人のメンバーの内、うた語りライブ「万歳峠」を弾き語る、山本晴美さんも
この作品展に参加し、ライブを行っています。


・「非戦の想像力」展 2011・ 8月15日(月)まで・・・長坂町 おいでやギャラリー

category: 美術

TB: 0    CM: 2   

マイ ブログ! 五ヶ月になりました   

あの、3月11日の大震災から5ヶ月が過ぎました。

未だに、家族の方の行方が分からない人等、まだまだ、気持ちの整理がつかない方々が
大勢居られると思います。
建物や、物については、あきらめや、新しく再建する気持ちなど、やがて、持つ事は出来る
とも思えますが、人の命はよみがえる事は有りません。


必ず、帰って来る、と信じて5ヶ月、、、、、行方不明となられている方々のご家族の心中、
はかり知れない葛藤が生じている事でしょう。  慰めの言葉も有りません。
一日も早く、被災者の皆様の思いが叶えられますよう、心より、お祈り致します。


さて、私のこのブログ、・オヤジのダイアリー 趣味いろいろ・ 思えば、あの大震災の前日
3月10日に立ち上げました。 早、5ヶ月となり、感慨深いものが有ります。


当初は、趣味のダイアリーなのに、地震の事や、それに関連した話題しか、記載できなく、
何を書いていこうか、迷ったものでした。


その内、東北地方での災害の大きさや、ひどさ、それに、福島の原発の状況を映像で知る事になり、
数多く寄せられる支援の数々の内、私達に出来る支援の事、また、行った復興支援の様子や、参加の様子等をこのブログにも記載し、読んで頂きました。


思えば、4月になってやっと、記事の内容も色々な事を載せられる様、落ち着いてきて、
そして5月、本来の趣旨である、趣味の記事を少しづつ掲載出来るようになり、又、3ヶ月目
の6月11日には、テンプレートの変更をしたりして、今に続いています。


この、5か月間、私のこの様なマイペースなブログに度々訪問して下さり、時には暖かい
コメントまで頂くなど、応援して下さった方々に対し、感謝の念がいっぱいです。


おかげを持ちまして、5ヶ月目の8月10日アクセス数が1000件を超えました、ランキング上位の方々のブログから見れば、たった1000件ですが、私としましては非常に嬉しい事です。

特に、アクセス数を増やそうと努力した訳でもなく、自身の日記のつもりで記載し、写真も
少ない上、文も長く、あまり変わり映えしないブログですが、これからも出来る限り続けていくつもりです。ブログ上の諸先輩の皆様、変わらず見守って頂きたく思います。


今回は、このブログを応援しアクセスして下さる皆様に、感謝の意味を込めて、アクセス数、
1000件オーバーのご報告をさせていただきました。

category: 未分類

TB: 0    CM: 6   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード