FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

2011年12月31日に思う!   

さあ、今日は2011年12月31日、大晦日となりました。

今年一年を振り返ってみると、自然の驚異さ、人の命の大切さ、原子力に対する人間の弱さ、
等、改めて、再認識させられた一年だったと思います。


まさか、この私のブログを立ち上げた翌日の3月11日、未曽有の大震災が起こるとは、
夢にも思ってはいませんでした。


この大震災により、ご家族、親せき、友人を失った方々、家や財産、等すべてを失った
方々には、何と言葉を掛けて良いのか私には分りません。


その上、原子力発電所の崩壊により、放射能被害に合い、家や、田畑、を汚染され、
住み慣れた土地を離れざるを得なくなった方々や、生産した農産物等、商品も汚染され、
販売できない生産者、まして、子供たちまで、外で自由に遊べなくなるなど、考えても
見なかった原発の安全性について、原発の無い県に住む私達も考えなくてはいけない年でした。


こうして、大変な一年を過ごしましたが、明日からの2012年、人々が、安心して暮らせる
良い年であってほしいと思います。


では、今年最後の記事にあたり、昨年12月の私の新聞掲載短歌一首を載せておきます。

   ・来る年も穏やかなれと二百枚版画刷る手が絵具で赤い・

昨年の12月は、これで良かったのですが、今年なら、来る年も、でなく来る年(は)に
なろうかと思います。


最後になりましたが、何時もこの私のブログにお付き合い下さった皆様、有難うございました。

そして、どうぞ良い年をお迎えください。  来年もどうぞ宜しくお願い致します。

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

年末の一仕事! 終了です。   

今日は30日、色々と有りました今年も明日、あと一日だけで新しい年となります。
でも、良く考えると、日が変わるだけとも言えますが、気分だけは新しく感じます。


こうして、新しい年を迎えるにあたり、我が家でも家の中の片づけや、一年間の
ほこりを払い、部屋の模様替えなど行います。


せまい家では有りますが、私の部屋以外に玄関、応接、階段等に、色々な絵や、版画等、
11点くらい、飾ってあります。


季節に合わせて、飾り変えをしていますが、暮れには、殆どの作品を替え、気分転換です。

私の大切にしている、友人、知人の作品の他、私自身の作品も飾ります。

家の周りの片づけ、部屋や窓ガラスの掃除、フローリングのワックスがけ、等、一気に行い、
やっと新しい年を迎える準備は出来ました。


では、玄関と、階段に掛けました私の作品だけですが、写真をアップして見ます。

   IMG_1343_convert_20111224182215梓川   イチゴIMG_1349_convert_20111229104659

玄関は、雪の景色と思いましたが、緑の山の絵の方が良いと 梓川の風景(油絵15号)と、
右は、イチゴの好きな孫の為に、色鉛筆の イチゴの絵 を飾りました。


これで我が家は、新年を迎えます。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

年越しそばは、富士の麓で! 

先日の26日の月曜日、例年の様に山中湖の近く、忍野村に年越し用のそばを買いに行って来ました。

忍野村は、忍野八海で知られる名水の村で、富士山の湧水のふんだんな所です。

我が家では、この忍野村に有る、製麺所のそばやうどんが大好きで、私が富士吉田に
コーヒーを飲みに行く時は、必ず、忍野を廻りそばを買い我が家の分と、そば好きの
親戚と友人にと、帰りに渡して来ます。


今年もあとわずかですので、26日に行って来ました。

山中湖の花の都公園は、今は花も見られませんが、ここからの富士山もとても良いものです。
この日は、風が強かったのですが、一枚だけ、写真を撮ってきました。


北西の風らしく東南の方向に雲が流れて居ました。

   IMG_1347_convert_20111226210130山中 富士山

このあたりは、山梨でも寒さ厳しい所、でも、雪も無く、空気の澄んだ、年末日和でした。

そばを買った帰りに、富士吉田市の画廊喫茶・ナノ・リウム・で開催中の
・新年新品新世界・展で、焼き物、絵画、を始め、生活を彩る物、を鑑賞し、コーヒーを飲み、
おしゃべりをした後、甲府に帰ってきました。


 ・新年 新品 新世界・、2012年1月17日(火)まで、富士吉田市上吉田、ナノ・リウム・

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

山日文芸!年間賞 発表有りました。   

今日は今年最後の月曜日です。
例年の様に山日文芸の年間賞の発表が有りました。


山梨日日新聞の山日文芸は、短歌・俳句・川柳・詩・小説・エッセーと月例写壇アングルの
年間賞受賞者10人が発表され、1年間に各部門に投稿された作品の中から、各回の入選作品を
対象に、各選者が、改めて審査して、一人づつを選ぶものです。


私も、短歌を新聞投稿するようになって、3年目の今年は、月2回掲載され、年間24回掲載を
目標としていましたが、それが、年半ばで達成され、途中からトップの秀作に何回か選ばれ、
2番~4番の佳作が多くなるにつれ、もう少し頑張ろうかな?なんて思いました。


とにかく、1~4番目までに掲載されると先生の評が頂けるのでそれを目標に投稿したのです。
その結果、12月最終の週で120~130人の投稿者の中、秀作・佳作(2~4番)に選ばれ、
掲載された回数は、私がトップの 15回でした。


その内、秀作だけでいえば、私が6回、次の方が4回で、これも私がトップでした。

この様に上位にランクされた作品は私が一番多いのですが、全体の掲載数で満足できません。
一番多い方は、42回で、殆ど毎回18首に選ばれ、掲載され、それと比較して、私は、
投稿しない時や、選ばれない時もあり、30回と、全体の6番目くらいでした。


受賞の基準は特になく、選者の考えのようですが、毎年候補に挙がっている、
○○さんが受賞されました。上位(1~4番)掲載数は14回で内、秀作は3回でしたが、
全掲載数が42回、と、作品のレベルが平均して良かったのだと思います。


こうして、今年の年間賞は決まったのですが、今回受賞の○○さんは、選者の三枝先生も
毎回投稿短歌を楽しみにしている程の方で、以前にも一度受賞され、今回二度目の受賞と
なった方であり、私も、この一年間の○○さんの作品を、改めて読ませて頂き、ああ、これならば、
私などとはレベルが違い、○○さんの受賞は当然の事だと思いました。


さあ、来年もまた1月から山日文芸が始まります。私も誰にでも納得できる良い歌を作り
投稿し、このブログの新聞投稿短歌の紹介は続けて行きますので、ぜひ、暖かく見守って下さい。

 

category: 文芸

TB: 0    CM: 5   

クリスマス・イブの私的な話題! 

昨夜はクリスマス・イブ、、、、、

皆さまはどんな一夜を過ごしたでしょうか? きっと、素敵なイブだったと思います。

私は、若い頃と違い、家で何時ものように晩酌で一杯,二杯、後は良い気分で、
パソコンに向かいました。


街では大勢の人たちが、賑やかに過ごしていたでしょう。

東京の孫たちには、昨日、長男がクリスマスプレゼントを世田谷まで届けに行き、
直接渡して来ました。


私は、どうせ暮れから正月にかけ、8日ほど家族で帰省するので、プレゼントは、
その時にでも、と思っていたのですが、そう云うものでもなさそうでした。
いずれにしても、孫たち二人、大喜びだったようです。


さて、話題は変わりますが、皆様にご訪問頂いています、このブログ、
昨晩アクセス数が3000件を突破しました。


思えば、あの大震災の前の日、2011年3月10日に立ち上げた、このブログ、何とか
続ける事が出来、9ヶ月で3000件のアクセス、嬉しい事です。


これも、私の趣味の自分勝手な記事にお付き合い下さった皆様のおかげと感謝しています。

余り変わり映えしない内容ですが、これからも発信して行きますので、懲りる事無く、
覗いて頂けましたら幸いに思います。


今後ともどうぞ宜しくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 5   

年賀状! 投かん準備完了です。 

先週の15日のこのブログの記事で書きましたが、今年の失敗作の年賀状、
やっと、宛名書きも終わり、どうやら投かん出来そうです。


例年、版画で仕上げていますが、良く乾かさないと2枚張り付いたままで、送られてしまい、
友人から「2枚張り付いて他の人あても届いたので、1枚はポストに投かんしておいたよ」
なんて連絡が有ったりします。


寒くなると、絵具や、インクの乾きが遅く、重ねるとどうしても張り付いてしまい、
せっかく出したのに届かない事も有るので、やはり余裕を持って仕上げる事が大切です。


今年は、絵柄こそ思うように行かなかったのですが、早めに手を付けたので、
何とか、今日(23日)に郵便局に持ち込むつもりです。


これで元日には届くだろうと思っています。

ところで、今年は喪中のハガキが多かったですね、私の年齢になると、この人が、
と思う人がお亡くなりになったりしました。


ご冥福をお祈りいたします。

こうして毎年、年賀状を出す方が減って来るのです、寂しい事ですね。

さて、ブログ関係の皆様にはお出し出来ませんが、アップに耐えられない賀状、お見せ致します。

  IMG_1340_convert_20111222172223年賀状1  IMG_1338_convert_20111222191734年賀状2

本当は公開したくなかったのですが、あえて公開しました、次の年には気に入った賀状が、
お見せ出来れば良いなと思って居ります。

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

私の忘年会!  

昨晩は、釣りの仲間との1か月おきの集まりでした。
12月なので、忘年会と云えばそうも言えます。


15~6人のメンバーの内、10人集まり、釣り談議です。
釣りと云っても、この集まりはチヌ(黒鯛)釣りのメンバーです。


やはり、釣りに出かける回数の多い、Yさん、同じく別のYさん、Iさん、Kさん
あたりが、話の中心となり、後は聞き役となります。


今の時期は、釣り船やさんの数有るポイントの中で、何処の場所が狙い目だとか、
餌は何が一番魚の食いが良いか?道糸や針はどうか?等、皆真剣に話を聞きます。


同じ趣味の仲間同士、2~3時間は、アット云う間に過ぎ、私と友人のIさんは、
8時になって席を立ち、歩いて10分位の別の店へ、実は、Iさん久しぶりに、
歌を唄いたかったようです。


私も昔は、スナックなどでよく唄いましたが、今は、歌は詠むものと決めています。

ところで、友人と行った店は、二組ほどの年配のグループが忘年会らしく
盛り上がっていて、その内、一組のグループの女性の方が、ひどく、酔っているらしく、
マイクで大声で叫ぶやら、怒鳴るように歌を唄う等、とても私の友人が唄う雰囲気ではなく、
カウンターで2~3杯飲んで早々退散しました。


お酒はきれいに節度ある飲み方をしたいですね。

結局、夕べは唄う事は無しで、最後に二人の行きつけの茶房でコーヒーで締め、
帰宅は11時30分頃でした。


私も現役の頃は、この時期、忘年会は例年6~7回有り、あまり多くて、新年会に
回したりしましたが、職を離れてからは、少なくなりました。
2~3回あれば多い方で、今年はあと一回、趣味の集まりが有って忘年会の終了です。


皆さんの忘年会!いかがでしょうか?

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌! 掲載 (27)   

今日は12月19日(月)、12月、3回目の投稿短歌の掲載日です。

例年ですと最後の週は掲載が有りませんので、今年もこれが最終の掲載日と思います。

今回も私の歌、掲載されていました。

連続3週のトップの秀作にはなれませんでしたが、トップの次、二番目(佳作)でした。

今年は新年始まって、すぐ2011年1月の第1回目の掲載にトップの秀作で掲載され、
これは幸先が良いと思ったのですが、後が続くかどうか?が心配でした。


今、振り返れば、月2回掲載の目標も達成でき、まあまあ、頑張ったと自分ながら思い、
そして、とりあえず、今年最後の掲載も上位4首に選ばれて良かったと喜んでいます。


さて、今回掲載の歌です。

  ・ 綿入りの半てん羽織り置炬燵みかんが有れば何んにもいらぬ ・

この歌は、地方の年配の方の冬の過ごし方を懐かしく思いながら、詠んでみました。

選者の三枝昂之先生の評も,○○さんの冬籠りは、綿入りの半てんと炬燵とみかん、
ここからも懐かしい昭和の冬が蘇ってきて、「何んにもいらぬ」に頷きたくなる。


との評を頂きました。

category: 文芸

TB: 0    CM: 4   

美術鑑賞! 陶芸展   

昨日の土曜日、案内状を頂いている陶芸展に行って来ました。

この陶芸展は、甲府市の丸の内に有りますギャラリー イノセント で開催されている、
村岡 魯檀 展です。


村岡さんは、茨城県出身の陶芸家ですが、瀬戸市に工房を設立した後、山梨県の八ヶ岳
山麓の大泉に工房を移転し、制作活動を行っている作家です。


作品の写真は有りませんが、案内状を載せておきます。

   陶芸IMG_1335_convert_20111217221338村岡さん

作品は全て、この案内状の様な色で統一された作品で、鍋類や、皿、花入れ、等、
日常的に使用出来る少し、贅沢感の味わえる食器類との感じを受けました。


特に鍋は、レンジでも使用できるような工夫もされており、色も村岡さんが考案された
独特な色合いで、風格が有り、素晴らしい作品と思いました。


なお、皿は壁に飾れるような工夫もされていて、飾りやすく、また、その他、
陶のオブジェ的な作品もとても魅力が有りました。


土曜の午後の一時を素敵な陶芸作品を見せて頂き、作家と色んなお話をして、
楽しく過ごさせて頂きました。


 ・ 村岡 魯檀 展・・12月24日(土)まで・・甲府市丸の内 ギャラリーイノセント ・

さて、今回も私の作品を紹介いたします。
最近作ではありませんが、雪の季節なので、冬の阿弥陀岳、のスケッチと油絵です。
雪の現地で震えながらスケッチした思い出の作品です。


  IMG_1337_convert_20111218090347雪の阿弥陀岳スケッチ   IMG_1301_convert_20111124131928阿弥陀岳 冬

11月25日に紹介した「阿弥陀岳秋」と同じ場所ですが、雪の作品は
雰囲気を出すのがとても難しいです。
 

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

ごく普通の日記です! 

11月から年賀状の支度をしていると、このブログにも記載して、版を焼き付け、
刷るばかりにして置いたシルクスクリーン版画、12月になり、いざ、試し刷りをした
ところ、版が思うように仕上がって居なく、失敗でした。


あわてて、やり直したり、色々試してみましたが、何としても上手くできず、
この場に及んで、木版画に切り替えました。


しかし、色付けでまたもや失敗、もう、刷ってしまったので、今年はこの失敗作で
行くしかないとあきらめました。


何十年と、手作りの山の絵の版画を出し続け、中には作品として、毎年ストックしていて
下さる方も居るので、良いものをと考えていたので今回は非常に残念です。


ただ、作品はともかく、手を掛けて有る事だけ、理解して頂ければ私も嬉しく思います。

さあ、後は、宛名書きをして、出すばかりです。
宛名はもちろん手書きですが、250枚位なので、何日か要しますが、例年の事です。


今回は、先日の日曜日の年賀状の失敗の記事でしたが、その他、私にとって嬉しい事も有りました。

午前中は、年賀状、午後は、月1回の短歌の集まりが、北杜市で有り、夕方5時半頃、
家に帰ると、数少ない私の姪が、私と妻に早めのクリスマスのプレゼントとして、
洒落たマフラーを持参してくれた、との事でした。近頃はやりの長めのマフラーです。


早速、お礼の電話をしたところ、「美術館にでも行くときに使ってください。」との事です。

こうして、思いがけず、プレゼントされたのですが、人間いくつになっても贈り物は
嬉しいものです。


この冬は、洒落たマフラーで暖かく過ごせそうです。

この日は、年賀状の失敗の後だっただけに、このプレゼントよけい嬉しく感じました。

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード