FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

新聞投稿短歌! 掲載 (H24-3) 

地震!嫌ですね。

この28日と29日、山梨県内、東部・富士北麓を震源とするマグ二チュード(M)5,4の
地震が有り、富士北麓地方では震度5弱を観測した地震でした。


この地震、富士山や東海地震との関連は無い、との気象庁の発表ですが、いよいよ、富士山
周辺も地震が起こる前触れか?と私は一瞬思いました。


幸い、山梨県内も目立った被害も無く、私の住む甲府市はそれほど激しい揺れも無く、
震度1~3の範囲との事でしたが、余震も続いていることから、充分気を付けなくては
いけないと思っています。


又、今回の地震でいち早くご心配下さり、メール等頂いた皆様には心から御礼申し上げます。

こうした心遣いが当事者にとって、どんなに嬉しい事か、私も身を持って感じたところです。


さて、今日は地震の事から書き出しましたが、月曜日なので新聞投稿短歌の事を書く日でした。
今年4回目となる、山梨日日新聞文芸欄、短歌、三枝 昂之先生選の18首にありました、
私の歌と名前、、、
今回は秀作、佳作の4首ではありませんが、全体の6番目に掲載されていました。


これで、今年初めの1月に3回掲載されて、出だしとしてはまあまあという事でしょう。

今回は先生の評はいただけなかったのですが、代わりに妻の評がありました。
「Nさんの家は、正月もパックのお餅なんて寂しい事だと、思われますね。」との言葉です。


たまたま、よそ様から頂いたパックのお餅を焼いている所を歌に詠んだので、
そのように感じたのかも知れません。 我が家では、息子の友人の家で毎年臼や杵で
ペッタン、ペッタンとついたお餅が主流です。


では、今回掲載の一首です。

   ・ 餅つきの音も聞かずに年明けて妻がパックの餅を焼いてる ・
 
 都会や、山梨でも都市部では杵でつく餅の音は、殆ど聞く事ができなくなり、
 パックの餅で正月を、、、なんて普通の事だと思うような時代となりました。


 こうして歳末の行事や風景が少しづつ無くなっていくのです、ちよっと寂しいですね。

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

彩(いろどり)!日本画のグループです。 

今日は、私が仲良くして頂いています日本画のグループを紹介させて頂きます。

このグループは、・彩(いろどり)・と云います。

メンバーは五人、私より年配の方も居られますし、若い方もおる女性だけのグループです。

月に二回、公的な会館の美術室で、日本画の制作に励んでおり、特に先生(指導者)と
云われる方は居らないようです。


私は、この会に所属しているメンバーの一人が、私の昔からの絵の仲間で、二年程前まで、
5年間、グループ展を一緒にしていた事から、時間の有るときには、この美術室に伺うように
なりました。


ただ、一緒に絵を描くのではありません、お茶を頂き、絵の話や、世間話などをして、
制作の邪魔をしているという事ですが、時には皆さんとスケッチ等にも行きます。


彼女達も、毎回熱心に制作した作品は、お互いそれぞれの所属している会への出品もしますが、
有る程度たまると、彩としての作品展を開くなど活動しています。


以前、甲府駅前のホテルに隣接したギャラリーでの作品展は、とても素晴らしい展示でした。

メンバー5人が、それぞれ特徴を生かした作品の数々、さすが、ベテランの集まり、
普段の作品制作に向かう姿勢が、そのまま表現された日本画の作品展でした。
写真で紹介出来ないのが残念です。


次の作品展も大いに期待しているところです。

今日はこの 彩 の制作日、例によって又、私がお邪魔しましたので、仕上がりが
少し遅れるかもしれませんが、メンバーの方々、お許しください。

日本画のグループ、彩(いろどり)について紹介させて頂きました。

category: 美術

TB: 0    CM: 4   

お酒は趣味? ではありません。 

先日、と云いましても先週の土曜日の事です。

雨の中、新年会に行って来ました。
この会は、何と、はるか昔に卒業した小学校時代の友人6名の会、27会と云います。


昭和27年度の卒業生との事で27会と名付け、毎月27日に集まり、夕食会をしています。
以前は飲み会でしたが、最近は車で集まる事が多く、もっぱらノンアルコールで我慢です。


ただ、年に数回、アルコールの入る回を持ちます。
新年会もそうでした。


何時もと違い料理屋さんで豪華な料理、さぞかし皆も、お酒を楽しむ事と思っていましたが、
雨で車で来た者もいて、結局、6人の内、お酒の注文は、3人だけ、それも、日本酒、ビール、
焼酎と、三人三様、勝手に食べて、勝手に飲んで、、、、飲んだ者も、飲まない者も、
酔ったような事を真剣にしゃべり、二時間ほどでお開きになりました。


私達の年代になると、家で、親の介護をしたりで、家を空けられない者もおり、この会も、
泊りで出かける事もほとんど有りませんが、三月の開催は、ホテルでの一泊で行う事が、
何とか決まりました。


市内のホテルなので、泊も可能となったのです。
数年前のゴルフ会以来、久々に仲間とゆっくり飲める会になりそうで、今から楽しみです。


さて、今回の新年会、私は少し飲み足りなく友人の車で甲府駅前まで行き、
一人で行きつけの店のカウンターで飲み、後は息子に迎えに来てもらい、家に帰りました。
時間はめずらしく早く、10時前でした。


お酒は、趣味ではありませんが、たまにはこうした一時も良いものと思いました。

今回は、ごく、普通の日記でした。

最後に一首載せます。

   ・ 教室のまあるいストーブ赤々とあれが我らの小学時代 ・

category: 未分類

TB: 0    CM: 1   

新聞投稿短歌! 掲載 (H24-2) 

今日は、今年三回目の新聞投稿短歌の掲載日です。

今回は明るい記事が書けそうです。

ここ、1~2週間は、色々な事が有り、思うような記事もブログに載せる事が出来ませんでしたが、
今日の山梨日日新聞、山日文芸欄、短歌(三枝 昂之先生選)に、私の歌が、今年二回目となる
トップの秀作に選ばれていました。


多くの方が、自信を持って投稿する短歌、数十首の中、秀作で掲載される事は非常に嬉しい事です。
それも、今年になって三回の掲載日の内、二回トップの掲載とは、自分でもびっくりしています。


今年もまだ始まったばかりです。何とか後に続けるよう頑張りたく思います。

では、今回掲載の一首です。

  ・ 連山の高い順から陽がさして甲府盆地の今年始まる ・

私の大好きな甲府盆地を詠みましたが、三枝先生の評も、

Nさんは甲府盆地の元旦とまっすぐ向き合う詠い振りにまず注目した。
初日が昇りはじめ、南アルプスの山々を染める「連山の高い順から」に刻々と明るむ、
山国甲斐の元旦風景が浮かび上がり、それを、「甲府盆地の今年始まる」と大きく受けた
下の句も新年のめでたさにふさわしい。


と、嬉しい評を頂きました。

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

光陰、矢の如し! 

月日の過ぎるのが早い! 今年も際立って活動しない内に20日も過ぎてしまった。

このところパソコンの調子が悪く、テレビの録画や予約も出来なく、あれこれ
試しているうちに、どうにもならなくなってしまったのです。


そんな理由と、特に紹介する記事も無かったので、19日以降ブログの更新もしていません。
ただ、皆様のブログへの訪問は可能でしたので、何時ものように訪問し、楽しませて頂きました。


パソコンの方も、メーカーのサポートセンターへのメールの問い合わせで、
丁寧な分りやすい回答により、完全では有りませんが、なんとか復帰できたようです。


長い事、パソコンも使用していますが、使った事の無い機能が沢山あるのですね、
必要に応じての使用なので、なかなか覚えられません。
携帯電話もそうです、なのにスマホなんて考えている自分に少しあきれます。


でも、ブログ、フェースブック、ネットログ、ツイッター、スカイプ、等メンバー登録をして、
利用できるものは利用しています。 「年寄りの冷や水」とはこういう事ですね。


色々な事に興味を持ち続け、まだまだ、挑戦していくつもりです。

今回は云い訳の様な記事でしたが、又、明るい記事が書ければ良いと思っています。

さて、気分転換に私の作品の紹介ですが、私の従来の表現方法と違う描き方の
(油彩、F15号 秋の瑞牆山)です。 (好き嫌いは別にして、こんな絵も描きます。)


   AIMG_1306_convert_20111124133942瑞牆山 

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!今日の掲載は?   

新年第二回目の投稿短歌の掲載日、今日は16日の月曜日です。

先週に続き、今週はどうかな?と思っていましたが、残念ながら、私の歌は掲載なしでした。

良く考えて見ると、私の投稿して有る歌は、年末から新年にかけての歌ばかりで、
1月も半ばとなった今、、そろそろ正月気分も抜けた歌が、という事だと思います。


今日の掲載18首の中に正月を詠んだ歌は1首だけでした。

何はともあれ、こうして投稿して有っても、18首の内に選ばれない事が有るのは、
自分の歌を見直す、良い機会ととらえなくてはいけません。


他の方の作品を沢山読み、研鑚する事が自分を磨く一番の方法だと考えています。

次回からはまた、掲載されるような歌を詠んで行きたく思います。

では、以前掲載された歌ですが、今の季節に詠んだ歌を紹介します。

  ・ 昔ならきっと帰りに寄っていた赤提灯が風に揺れてる ・

 寒い時期は、勤め帰りのちょっと一杯が楽しみでした。


category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

時には気分転換!必要かな?   

月曜の9日にブログの記載をしたまま、4日も中を開けてしまいました。

どうやら、正月の休み疲れのようです。
あまり出掛ける気持ちにもなれなく、一度だけ知人の水彩画展に顔を出したきりで、
後は家で何となく過ごして居ます。


今年も元気に活動を、と、気持ちも新たに考えていたのですが、思うようにいきません。

こうした時は、行きつけのコーヒー店に行くか、美術館や、ギャラリー巡りをするか、
気分転換をする事が必要ですね。


時間が有るので、絵を描いたり、歌を詠んだりすれば良いのにと自分でも思うのですが、
やはり、気分の問題だと思います。


このブログも、良い事ばかり書くつもりはないので、今回はこのような記事になりましたが、
御付き合い有難うございました。


来週からは、通常のペースに戻したく思います。

さて、気分転換に、私の携帯の待ち受け画面に使用している絵を紹介しようと思います。
甲府は雪らしい雪は、まだ降ってはいませんが、長野の富士見高原で数年前に描いた作品で、
雪の風景(油彩F10号)です。


   IMG_1345_convert_20111224182700雪の権現





category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

新聞投稿短歌! 掲載 (1)   

今日は1月9日の月曜日です。

今年始めての 山日文芸 の掲載日で、もちろん短歌の掲載も有り、選者の三枝先生の
選による18人、18首の歌が例年の様に紙面に載ります。


さて、私も昨年は11月から、12月の掲載では、5回の掲載日の内、トップの秀作3回、
佳作のトップ1回と思いがけなく好調でした。


12月と1月は掲載日が2回無く、今回が今年始めての掲載の月曜日となりました。

年末に投稿しておいた、短歌は何首か有りますが、新年早々の掲載、されるかどうか?
とても気になるところでした。


はやる心を抑え、朝食の時に新聞を開くと、有りました、私の歌と名前、
それも、トップの秀作です。


気候や、世相を意識して、・温くもり・をテーマにし詠んだ歌、3首の中の1首が選ばれたのです。

家族も「幸先が良いですね。」と喜んでくれました。

新しい年が始まる今回、秀作とは、昨年の初回の秀作と合わせて、2年連続の年初めのトップです。

さあ、後をどの様に続けていくか? 少し、プレッシャーがかかりますが、意欲も湧いてきます、
とにかくマイペースでやっていくつもりです。


では、今回掲載の一首です。

   ・ 茶柱の立ってる湯呑の温くもりにゆく年思い年賀状書く ・

三枝先生の評も、今回は時期的に年末年始を意識した歌が多く、Nさんは、年賀状書きの場面、
おのずから、一年を振り返る気持ちになるが、そこに湯呑の温くもりを加えたところが良く、
歳末独特の静かな感慨がそこから広がってくる。 との評を頂きました。


こうして、我が趣味の新聞投稿短歌の一年が始まりましたが、今年も掲載され、秀作、佳作に
選ばれるような歌をより多く詠んで行きたく思っています。


category: 文芸

TB: 0    CM: 6   

趣味の一つ! 釣りについて   

この正月、これ、と云う記事も無く、今日6日も暮れようとしています。

さて、この私のブログは、・オヤジのダイアリー 趣味いろいろ・とのタイトルの通り、
一応、趣味についてカテゴリも分けてありますが、・美術・文芸・は良いとして、
・スポーツ・と、・釣り・に関してはあまり記事が書けませんでした。


・スポーツ・については、サッカーや、自転車レースの話題ばかりで、私自身いかに
自分の体を動かすスポーツをしていないか、よく分りました。


・釣り・については、2回ほど記事に載せた程度で、これ、又、趣味とは云えない位の
活動でした。


毎年正月の2日には、西伊豆や、清水港に釣りに出かけていた頃が懐かしく思いだされます。

持病となってしまった病は、風邪が大敵なのです。
この時期、本人は良いつもりでも、家族に心配かけない様、行きたいのに、ガマン、ガマンです。


本当は、明日、土曜日に、友人から、清水港の黒鯛釣り、
又、違う釣り仲間からは、西伊豆に一泊のカワハギ釣り、との話しも有りましたが、
行かない事にしました。


やはり、風邪がもとになる大病は二度と嫌ですし、若い時と違い、健康には無理をせずに、
充分気を付ける事が必要と思っているこの頃なのです。


しかし、好きなものは好き、比較的暖かい日が有ったら、近場のニジマス釣りにでも
行って見ようとは考えています。


これも、釣りの内ですから、、、、、

category: 釣り

TB: 0    CM: 2   

年賀状!色々頂きました。 

今年もすでに3日となりました。

時は止まる事なく、こうして過ぎて行きます。
正月気分も、今日まででしょうか。


4日からは仕事始め、と云う方も多いのではないでしょうか?
私は?と云えば、、、まあ、それは良いとして、この正月の3日間、
天気も穏やかで、我が家としては良い正月であったと思います。


年賀状もたくさん頂きました。
何時もお付き合いしている方、しばらくご無沙汰している方、
そして、遠く、県外の友人、等々、、、
それぞれ、暮らしの様子など記したり、イラスト、版画、写真、張り絵、
筆書き、パソコン画等、皆さん個性が有って、楽しく拝見させて頂いております。


しかし、忙しいせいか、手作り、手書き、の年賀状、少なくなりましたね。
パソコンや、プリンターの良いものが普及しているので、仕方なくは思いますが、
少し、寂しい気持ちを感じるのは、私だけでしょうか?


そこで、3日までに私の頂いた年賀状の中で、手刷りの版画等、何枚か紹介いたします。
いずれも、その方の作品と私は思っています。


  IMG_1356_convert_20120103115211年賀状2    IMG_1355_convert_20120103114825年賀状1

右側の9枚は、今まで、私が頂いた年賀状の中で、コレクションとして、
ストックして有る中のほんの一部ですが、選んでみました。
右端の山の版画2枚は、私の数年前の作品です。


やはり、年賀状は近況を伝える事、や、年に一度でありますが、出す事によって
元気に過ごして居る事を知らせるなど、役目も有りますが、
一枚の作品として見る事も、頂く側の楽しみの一つだと私は考えています。


今年初めの記事は、年賀状について私の感じた事でした。

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード