FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

我が家のアジサイ!そして アサガオ!  

今日は我が家の数少ない花についてです。

5月にこのブログで紹介した デンドロビューム 花が咲き終わりましたのでバルブの
整理を行い、新しい水苔で三鉢に植え替えました。
今年の冬は、凍みらせない様に気を付けるつもりです。


丁度このころ咲いていた、山の額アジサイもしばらく楽しみましたが、全て咲き終わり、
花の無い日が続いていましたが、、、、、


今度は普通の額アジサイです。見事に咲いてくれました。

   3IMG_1735_convert_20120628203905紫陽花   2IMG_1734_convert_20120628203532紫陽花

庭が狭いので一種類だけですが、思いがけず今年は沢山咲きました。

この花は、東京の二男が妻の誕生日にプレゼントしてくれた鉢植えで、その時に花が終わってから、
私が土におろして育てましたが、こんなになるまで三年かかりました。 良いブルーの花です。


さて、今回は、アジサイの紹介でしたが、アサガオもつるが伸びて来ましたので、プランターに
ネットをつけました。


   IMG_1730_convert_20120628202441 朝顔1   IMG_1731_convert_20120628202802朝顔2

アーリーヘブンリーブルー と スカーレットオハラ です。

青と赤の花が今年もたくさん咲けば良いなと思って居ます。 今から楽しみにしています。

   

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

山梨県立美術館!スクエア展 他 作品展へ   

この週末は山梨を離れる為、今日27日(水)午後から、山梨県立美術館で開催中の
第22回スクエア展 と 第7回 竹中むつ絵 絵画教室生徒作品展に行って来ました。


 1IMG_1727_convert_20120627175851スクエア展 IMG_1726_convert_20120627180242スクエア展2 1IMG_1728_convert_20120627180510竹中

まず、県民ギャラリーB室で開催中の スクエア展です。

このスクエア展は9名の会員の作品が展示され、その中でも、 小林 宏さんは、個展と
併設され、10点ほどの作品の展示が有りました。


私は、このグループのメンバーは実力のある人ばかりと思って居て、県内にも数多く有る
グループ展の中でも特に見るのを楽しみにしているグループ展の一つでもあります。


現在、千葉市の山口画廊で7月9日(月)まで個展をしている 国画会員の 榎並和春さん、
5月に甲府市で個展をした、西沢武徳さん、同じく個展をした、小林 宏さん、又、今年、
国画会会友になられた、深沢弘昭さん等、全てのメンバーの作品は、個性的な、魅力有る
作品であり、見ごたえの有る展示内容でした。


続いて、県民ギャラリーC室で開催中の山梨美術協会会員の、竹中むつ絵さんの絵画教室
生徒さん(一般・児童)の作品展に伺いました。


第7回目となる今回は、竹中さんを始め、約30名の作品80点近くの展示が有り、
竹中さんの指導により、それぞれが自己の表現方法で真剣に制作する姿勢が展示作品に
現れていると感じました。


こうして今回は二つの作品展を見て、帰宅しました。

・ 第22回スクエア展・・・・・・・・山梨県立美術館・・6月30日(土)マデ ・

・ 竹中むつ絵 絵画教室生徒作品展・・山梨県立美術館・・6月30日(土)マデ ・


 

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

J2サッカー VF甲府! アウェーで岡山と、、   

昨日24日(日)第21節、VF甲府はアウェーで岡山との対戦でした。

第19節、20節と連勝したVF甲府、現在昇格圏内ギリギリの6位ですが、
1位~7位まで、勝ち点差はあまりなく、一試合の勝ち負けが順位に大きく作用する
状況であり、8位の岡山にしても、当然VF甲府に勝利して、上位進出を目指しており、
両チームとも大事な一戦でした。


   IMG_1721_convert_20120624203552甲府1   IMG_1722_convert_20120624204006岡山1

    左VF甲府、右ファジアーノ岡山です。

試合は、前半から両チームともチャンスは有るものの得点できず、0:0で前半は終了、、、

続く後半は一進一退のゲームは続くが、34分にVF甲府、CKからDF佐々木が
ヘッドで合わせ1点のリード、、、


しかし、42分岡山FW川又にきれいに決められ、1:1の同点にされ、降りしきる雨の中、
ドローの試合となり、両チームとも勝ち点3を逃した惜しいゲームとなりました。


次節のVF甲府は、ホーム中銀スタジアムで岐阜との一戦です。今度こそ勝ち点3を期待します。

    頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 1   

書作展・ 硯堂の書! 拝見しました。    

少しブログの更新休んでいました。

天気のせいか?気分がすぐれない日が続き、文が書け無かったのが原因です。

とは言っても、今週も今日は土曜日です、前に案内状を頂き、どうしても伺いたい
書作展に行って来ました。


それは、6月19日(火)から24日(日)まで、山梨県民会館地下展覧会場で開催されている

 ・ 喜寿  硯堂の書  秦 硯堂 書作展 ・   です。

 IMG_1718遘ヲ蜈育函繧、_convert_20120623162620秦先生1 1IMG_1717_convert_20120623163811秦先生 2IMG_1715_convert_20120623152549秦先生

この 秦 先生 は、今から33~4年前に私と同じ職場に勤務していた書道の先生でした。
当時から、独立展を始め県の芸術祭等で受賞されたり、日展等にも入選されるなど活躍され、その
少しも飾らない、穏やかな人柄の先生の作品は、書道作品のあまり分らない私にとっても、芸術作品
として見る事の出来る作品でした。 やはり、絵画にも通じるものが有ったのだと思えました。


その後お互いの転勤などにより、作品は拝見する機会は有っても、ご本人とはお会いする事も無く、
年賀状だけの御付き合いでしたので、今回の書作展は久しぶりの再会が非常に楽しみでした。


 3IMG_1713_convert_20120623153336秦先生 5IMG_1714_convert_20120623154453秦先生 はたせんせい4IMG_1712_convert_20120623153656

又、作品は 180×436 の 大作を始め小品まで60点余り有り、会場の二室を一杯に
する程の素晴らしい作品展示でした。(写真紹介はほんの一部です。)


絵画展は、数多く見る機会は有りますが、書作展については、あまり見る事も無く、今回は、
とても素晴らしい機会で有ると共に、私が、現職の時にお世話になった今書作展の実行委員長で
あります、岡田 稲香 先生にもお会いでき、とても有意義な時間をすごす事が出来ました。


 5日ぶりのブログ更新、ゆっくりと拝見した 秦先生 の書作展の記事を紹介しました。

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

J2サッカー VF甲府! ホームで富山と対戦  

昨日の17日(日)、VF甲府はホーム中銀スタジアムでカターレ富山との対戦でした。

18節千葉戦は完敗でしたが、前19節のアウェーの水戸戦は3:1で勝利のVF甲府、、、

今20節は、順位19位の富山が相手ですが、順位7位の甲府にとって、J1昇格圏内に
上昇する為にも負けられない戦いで有り、ホームのサポーターの前で勝利に向かっての戦いです。


1IMG_1704_convert_20120617214902VF冨山戦 1かたーれ冨山

    左はVF甲府!、 右はカターレ富山!です。

富山は、以前VF甲府を率いた安間監督のチームであり、昨季16位の順位を今季は10位以内
を目標としていて、甲府としては、決して侮れないチームで有るが、やはり、勝利を期待しました。


さて、試合の方は、VF甲府 4:1 で勝ちました。
今季最多得点の4点は、非常にうれしい事でした。


前半、18分、ダヴィのヘディングで 1:0、ダヴィはこの得点でJ2で16点目となり、
得点ランキング 1位 を更新しています。


続く、後半12分、富山の木村にロングシュートを決められ、1:1 同点に、、、

この嫌なムードを盛り返したのは、VF甲府のベテラン津田が22分にゴールを決め、2:1に、、
その後、活躍した堀米と交代した高崎が、25分、33分と2得点して、4:1として試合終了と
なりました。


今節は、プロ初出場の三幸が活躍を見せ、良いところの出た、VF甲府でしたが、パスミスで
ボールを取られる事が何回かあり、失点には繋がらなかったが、課題も残ったと思うゲームでした


次節は、24日(日)アウェーで岡山との対戦です。今の状態を維持し、勝ち点3を期待します。

   頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 0   

石川 啄木 企画展! 山梨県立文学館。 

今回は長くなります。興味をお持ちの方はお付き合い下さい。

私のブログのカテゴリに 文芸 が有ります。
文芸と云いましても、記事の大半は私自身の 新聞投稿短歌 の事を載せています。


どうやら文芸と、美術の記事がバランスよ良くいっているかな? なんて思ったり
するこの頃ですが、今回は、久しぶりに山梨県立文学館に入館して来ましたので紹介します。


IMG_0589_convert_20111009191420県立美術館 IMG_1700_convert_20120615142645文学館1

 左が山梨県立美術館、右が向かいに有る山梨県立文学館、です。

この文学館は、山梨県立美術館と同じ、山梨芸術の森公園内に有り、山梨の文学の殿堂と
云ったところでしょうか。


さて、この日は私にとってとても優雅な日となりました。

まず、美術館で私の知人の方々が、所属している 西美会展 と 新槐樹社山梨支部展を
拝見し、その後一階ロビーでの美術館コンサート、NSOピアノトリオの演奏を聴きました。


美術館の次は今度は文学館です、文学館では今企画展として、石川 啄木、、愛と悲しみの歌、
と云う特別展の開催中です。


・東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる・ この有名な歌で知られる
石川 啄木の資料を中心に、啄木の生涯と文学作品の展示、そして魅力を余すところなく
紹介して有りました。
 

見学した後、私の所蔵する昭和15年発行の「一握の砂」定価一円を大事にしようと思いました。

この他常設展は、山梨県出身の 樋口一葉・井伏鱒二・深沢七郎・山本周五郎・を始め、
ゆかりの作家として、太宰 治・芥川龍之介・など100人を超える作家の膨大な資料が展示され、
特に、短歌、俳句の世界では、短歌、山崎方代、の資料や愛用品等の展示も有り、何と言っても、
俳句の 飯田蛇笏・飯田龍太・の父子は、記念室が有り、この二人の俳人親子の生涯の作品と、
資料が数多く展示紹介されていました。


こうして、少しばかり短歌などをかじっています私も文学館へは何度か足を運んでいますが、
今回は、時間をかけてゆっくり見学するつもりでした。


しかし、美術作品と違い、関心の有る展示資料、主に原稿用紙や手紙、ハガキ等ですが、
じっくり見て少々疲れましたので一部は、次回に残す事にしました。


そして最後は、文学館と同じ構内に有る 茶室 素心庵 に、呈茶を頂きにまいりました。

この 素心庵 では年に何回か、県内の各流派の茶道関係者が有料で呈茶の席を設けています。
又、この茶席は、特に作法等心得ていなくても気軽にどなたでも、お茶を頂けるようになっており、
私も機会ある毎立ち寄っていますが、今回は、表千家 の流派の皆さまでした。


御茶室の畳の上で、着物姿の女性がたててくれたお茶を頂く、、、茶碗の事、御菓子の事、等
お話を聞き、その後、棚、水差し、棗、掛け軸などを拝見し、本当に至福の時を過ごしました。


この日は、こんな優雅な時間の過ごせる幸せを、強く感じた一日でした。

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J2サッカー VF甲府! 勝点3をプラス。 

J2サッカー第19節、VF甲府はアウェーで 水戸と対戦しました。

前節、千葉に 0:2 と敗れた甲府、守備の要ドウグラスを出場停止で欠く中、
連敗は許されない、順位7位での戦いでした。


IMG_1695_convert_20120614062941水戸戦1 2IMG_1696_convert_20120614063426水戸戦


結果は、3:1 の勝利で、16節の岐阜戦と同じ3点を得点し、勝ち点3をプラスしました。

試合内容は、前半は両チームともチャンスはあるものの、得点に結びつかず、0:0 で終了。

続く後半は、開始23分甲府の堀込のコーナーキックに、相手水戸のGK本間が思わず
オウンゴール、、、VF甲府は攻め込んでいただけに、貴重な得点を得ました。


この一点で試合は動き、この4分後反撃する水戸は、橋本のゴールですぐさま、1:1 の
同点としましたが、その直後の29分、VF甲府はPKを得て、ダヴィが落ち着いて決め、
2:1 と勝ち越し、また、終了間際47分にもダヴィが追加点を奪い、3:1として
3試合ぶりの勝点3をゲットしました。


次節は、17日(日)VF甲府のホーム中銀スタジアムで、富山との対戦です。
二戦連勝して、順位7位から、昇格圏への上昇を期待します。


  頑張れVF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 0   

文化財見学 と 花ショウブ!   

先日、午後から時間がとれた為、笛吹市(旧石和町)に有る、・八田家書院 と
・八田家御朱印屋敷 に行って来ました。


ここは、山梨県指定文化財建造物 の書院と、山梨県指定文化財史跡 として保存
されている屋敷です。


 IMG_1676_convert_20120607163330八田家1 IMG_1677_convert_20120607163722八田家2 IMG_1678_convert_20120607164152八田家3

1601年(慶長6年)に造られた書院は、茅葺きで東妻は入母屋造り、西妻が寄棟造りと
なっていて、間取りは奥の間、中の間、三の間の簡素な造りです。


その独特な統一された空間は、江戸初期の趣味、嗜好をさりげなく取り入れた貴重な書院として、
学術的にも価値あると云われています。


当主の八田氏は戦国期の武田家に仕え、天正10年に織田軍に家屋敷を焼かれ、焼失しましたが、
武田家滅亡後、家康の庇護を受け、三千四百坪の屋敷地を御朱印地として安堵され、御朱印屋敷と
呼ばれたものです。


造りや庭の様子など、一通り説明を受けてから、屋敷をでて、庭を見学しました。

つつじや松を始め、緑豊かな日本式庭園がとても綺麗でした。

そして、庭の一部には、今を盛りと花ショウブが見ごろで、思わずカメラに収めました。

 IMG_1674_convert_20120607164635花ショウブ1 IMG_1675_convert_20120607165612花ショウブ4 IMG_1680_convert_20120607165256花ショウブ3

この日は、四百年以上前の文化財と、花ショウブに心が癒される一時でした。


 

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

J2サッカー VF甲府! 上位千葉との対戦。  

前節「甲信ダービー」だった松本戦は残念ながら、1:1の引き分けでしたが、
今18節の千葉戦はJ1昇格を目指すVF甲府にとっては、負けられない一戦でした。


ジェフユナイテッド千葉は現在J2順位は3位ですが、失点はわずか 9 と少なく、
得点は 28 とおおい、堅い守備と高い攻撃力を誇っているチームです。


特に、FW深井正樹は、山梨の韮崎高校出身であり、同じ韮崎高校出身のVF甲府の
MF柏 好文の先輩でもあるので、VF甲府のホームでの対決は非常に楽しみでもありました。


さて、試合の方は残念ながら、0:2でVF甲府敗れてしまいました。

前半29分、千葉の米倉に決められ、0:1と先制され、続く34分、PKをとられ、
千葉の山口にきれいに決められ、追加点を与え、0:2とされた上、前半終了間際に
VFのドウグラスのプレーが危険なプレーとみなされ、レッドカード一発で退場となって
前半は終了となりました。


続く後半は、10人で戦うVF甲府、善戦はしましたが、得点できず、千葉にも後半の
追加点は与えませんでしたが、0:2 のまま、試合終了となりました。


今試合は、悔しいですが、千葉の統制のとれたチームプレーは、VF甲府より、少し
格が上かな?と感じたゲームでした。


観客数、10773人の見守る中、ホームでの勝利を飾れなかったVF甲府!次節を
期待したく思います。


次節は、13日(水)アウェーで水戸との対戦です。 厳しい試合が続きます。

  頑張れVF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 0   

梅雨に色づく アジサイの花!  

6月、いよいよ梅雨の季節となりました。

今年の梅雨、雨はどうだろう? やはり降るべき時は降らないと農家は困るだろうし、
夏の水不足も心配です。 しかし、大降りは嫌ですね、、、、


さて、この時期は アヤメ や アジサイがきれいに咲きます、我が家でも山地に生える
ガクアジサイ が咲きました。


  IMG_1670_convert_20120606200839あじさい2  IMG_1668_convert_20120606200521あじさい1

今年は例年より沢山花を付けています。
普通のアジサイは、まだ、蕾ですが山梨の梅雨入りの頃には咲く事でしょう。


私はどちらかと云うと今咲いている、素朴でかわいい、この ガクアジサイの方が好きです。

一時期茶花ばかり植えてあった小さな庭? 今はそれらは少なくなりミニトマト等育っています。

そうでした、昨年初めてアサガオ三種類を種から育て、花を咲かせましたが、今年は少し遅めに
種をまきました、アーリーヘブンリーブルー と スカーレットオハラ の 二種類です。


どうやら、双葉が出て来てくれました、もっと大きくなったらプランター等に植え替えます。

  IMG_1672_convert_20120606201750あさがお1  1IMG_1673_convert_20120606202019バジル1

他に、バジル と 月見草の白? と ほととぎすの白?どちらかの種をまきましたが、
バジルは分りますが、他はどちらか?大きくなれば分るでしょう。 いいかげんですね、、、


上手く育てば良いな、と思っていますが、どうなりますか?

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード