FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

西海 照雄 佛画展! 始まる。 (NO1)   

9月28日(金)から 10月31日(水)まで、山梨県甲州市勝沼町菱山 ぶどうの丘美術館で
開催される、西海 照雄 佛画展に行って来ました。


   7IMG_2011_convert_20120928202942仏画   1IMG_2059_convert_20120928194621仏画


この西海さんは、私の古くからの友人で彼の作品は、約50年間位見させてもらっています。
佛画は30年位前に、福岡県久留米市の大本山成田山久留米分院で、展示物の制作の為、
滞在していた頃から、本格的に描き始めたと私は記憶しています。


そして、彼の作品の一部は、現在以下の所でも、観る事が出来ます。

  ・ 福岡県久留米市・・・・・・大本山成田山久留米分院
  ・ 山梨県笛吹市石和町・・・・信玄の里 宝石館
  ・ 石川県・・・・・・・・・・七福神会館
  ・ 山梨県山梨市牧丘町・・・・洞雲寺
  ・ 山梨県笛吹市石和町・・・・薬石の湯 瑰泉
  ・ 山梨県笛吹市・・・・・・・松本山大蔵経寺
  ・ 静岡県伊東市富戸・・・・・竜神の里


また彼は、山梨ではもちろん、東京、福岡等、10数回の個展も開催し、
今回は、5年ぶりの個展となっています。


展示作品の多くを紹介したいのですが、一度では紹介出来きれません、今回は第一回として、
会場の雰囲気だけでも写真をアップします。


 5IMG_2055_convert_20120928201053仏画 IMG_2056_convert_20120928201351仏画6 4IMG_2030_convert_20120928200203仏画

次回には、第二回として他の作品の紹介をいたします。 興味のある方はご期待ください。

 ・追記・・・なお、同会場で歌人「白幸」さんの 現在佛画を詠む、歌集の紹介も有ります。

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

東京国立新美術館!第76回 新制作展 に行く   

先週の9月20日(木)毎年必ずと言って良いほど、出かけて行くこの新制作展、
我が家の二男の嫁の父親が会員という事もあって、今回もいち早く行って来ました。


行くたび思うのですが、どの公募展もあの美術館の広いスペースをいっぱいにする作品、
又、展示作品の大きさにまず、圧倒されます。


会場は、一階は彫刻とアートスペース部門、二階、三階は絵画部門、の展示となっており、
その他、彫刻は屋外展示も有りました。


 1IMG_1988_convert_20120921104758新制作 IMG_1989_convert_20120921105303新制作2 3IMG_1991_convert_20120921105553新制作

会員、協友、一般公募入選作品と、近くでキャプションを確認しないと分らない程、力量の有る
作品が多く、さすが、大きな公募団体の展覧会だと実感しました。


今回の新制作展は、私個人としては、身内の作品を見る事は当然ですが、山梨から出品している
方達や、それとなく関わりの有る方の作品等、一点一点気を付けながら、拝見して来ました。
展示作家や、入選者等の名簿も有りませんので、キャプションを頼りに、見落とさない様に見ると
大分疲れます、何しろ作品の数が多いので大変です。


多くの展示作品の中から、今回は特に興味を持って見てきた方の作品は、会員、中村修二氏の
作品、次の写真の(左上)の他、一般公募入選作品三点をお名前は載せませんが、ブログに掲載
させて頂きました。 いずれも私の好きな作品でした。


   4IMG_1986_convert_20120921105832新制作   5IMG_1985_convert_20120921110338新制作

   6IMG_1983_convert_20120921110725新制作   7IMG_1984_convert_20120921111948新制作

この新制作展、10月、11月に 京都、名古屋、広島 での巡回展も開催されると云います。

  芸術の秋! 興味のおありの方は是非、ご覧になるとよろしいかと思います。



category: 美術

TB: 0    CM: 3   

J2サッカー VF甲府!キラヴァンツ北九州とアウェーで対戦   

J2サッカー 第35節、VF甲府は、キラヴァンツ北九州とアウェーでの戦いでした。

現在J2首位のVF甲府!16試合負けなしで、首位をキープしていますが、対する北九州も、
現在8試合負けなしでの好調を維持しています。


VF甲府!としては、何よりも注意したいのは、今年のJリーグ開始5戦目の4月1日、それも
ホームの中銀スタジアムで、この北九州に 1:2 で敗れていて、今節は相手ホームでの戦い、
同じ相手には二度と負けない心構えで、慎重に勝ち点3を狙ってもらいたいゲームでした。


   1IMG_2002_convert_20120923152602対北九州   2IMG_1998_convert_20120923153038対北九州

試合は開始早々の6分、VF甲府は フェルナンジーニョ のロングパスを 柏 が持ち込み、
きれいにシュートを決め、1:0 としました。
この後押し気味に試合を進めるVF甲府ですが、追加点とはならず、両チームとも惜しい場面は
有りましたが、1:0 のまま折り返しました。



   3IMG_2005_convert_20120923153504対北九州   4IMG_2003_convert_20120923153945対北九州

続く後半3分、北九州は キム の鮮やかなロングシュートが決まり、1:1 となり、これで
勢い付く北九州は、32分には常盤がゴールを決め、VF甲府は 1:2 とリードされました。


残り時間の少ない時間帯にリードされたVF甲府ですが、ここであきらめないのが、今のVF甲府
です、40分に ダヴィ が得点し、2:2 と追いつくと、4分のアディショナルタイムに、
途中交代で入った畑田が残り1分で追加点をうばい、3:2 としてVF甲府の勝利で勝ち点3を
プラスしました。


これで、VF甲府は17戦負けなしで、次節は9月30日(日)アウェーで栃木との対戦です、
連勝で勝ち点3をプラスする事を期待します。


   頑張れVF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

展覧会巡り! 交流展 HORIZON へ 

先日の19日(水)は久しぶりに甲府市で開かれている展覧会巡りをしました。

まず、始めは山梨県立美術館で開催中の HORIZON(日中友好40周年記念交流展)です。

知人も何人か参加しているこの交流展、(アートは国境を越え、言語を超え、美しい共存の未来を
創造します。)をタイトルに前回の上海での開催に続き、中国の作家を日本に招き、山梨での開催、
案内状は大分前に頂いていました。


   IMG_1994_convert_20120921103035友好1

このところ、領土問題で、日本は大変な状況となっています。
北方領土はロシア、竹島は韓国、そして、今回の尖閣諸島は中国との問題、と連日、ニュースは
この事が大きく取り上げられています。
特に、9月18日近くになると、連日中国国内の反日デモ?の様子が流され、中国の人、大部分が
デモに参加しているとは思いませんが、我々日本人も決して良い気持ちとは云えません。


こうした中で開催されているこの、日中友好交流展、この時期にどうかな?とも思いましたが、
何の問題も無く開かれていて、美術館では、日本の作家と中国の作家の作品が、それぞれ、大作を
並べて展示され、アートの世界に国境はない事が、改めて感じさせられました。


   2IMG_1995_convert_20120921103700友好   3IMG_1996_convert_20120921103954友好

左の6人は中国、主に上海の作家と作品です。  右は日本の作家13名の作品です。


次はギャラリー 三彩洞 で開催中の 石田泰道展 に寄りました。
石田さんは、高校教諭で有りながら、その作品と美術活動は精力的に行い、今回の日中友好交流展も
実行委員会代表として企画開催に携わり、そして、同時に三彩洞での個展も開催しています。


   1IMG_1997_convert_20120921104306石田

上記案内状に有る球体のそれぞれの作品を天井から吊るし、限られたギャラリーの中で微妙に揺れる
作品は不思議な空間を感じさせる独特な作品展示でした。


最後は、同じく、HORIZON の第2会場で、甲府駅南口にある 元麻布ギャラリー甲府 に
伺いました。 きれいなギャラリーの中は今回参加の日中両国の作家の作品が、お互いの個性を
主張しあい、活気のある作品展示だったと感じました。
特に、入口の通りに面して掛けてあった中国国旗の様な真紅の大きな看板垂れ幕が印象的でした。


この HORIZON は、美術館展示は 21日(金)で終了ですが、

元麻布ギャラリーでの 第2会場は、9月30日(日)まで、

又、巡回展として、山梨県立甲府第一高等学校(甲府第一美術館での秋の特別展)は30日まで、
29日(土)、30日(日)は、一般公開日となっています。


ギャラリー 三彩洞 石田泰道 展は、23日(日)までとなっています

  長くなりましたが、最後まで御付き合い有難うございました。

category: 美術

TB: 0    CM: 2   

J2サッカー VF甲府! ガイナーレ鳥取 とホーム対戦 

J2サッカー VF甲府は第34節です。 今節は現在19位のガイナーレ鳥取との対戦でした。

J2 全22チームの内、19位はJ2残留ギリギリの位置、鳥取は一戦でも勝利して、降格圏の
脱出を計りたいところです。
J2首位の VF甲府もJ1昇格と J2初優勝を目指して、譲れない一戦でした。


  鳥取1IMG_1965_convert_20120917183709   鳥取2IMG_1978_convert_20120917184211

今日は敬老の日の休日とあって、VF甲府ホームの中銀スタジアムは、10241人のサポーターが
詰めかけ、声援を送りました、もちろん鳥取からの熱心なサポーターも負けじと応援です。


さて試合の方は、試合開始早々、VF甲府 決定的な得点チャンスが有りましたが、得点ならず、
鳥取の猛攻をしのぐゲームが続きました、そして、前半25分鳥取の小井出に見事にシュートを
決められ、先制点を許します。


その後、追加点の欲しい鳥取に終始押され気味のVF甲府、何とかJ2首位の意地を見せ、42分、
相手ゴール前の混戦の中、ダヴィのパスをVFキャプテン山本が決め1:1の同点にし、そのまま
前半を折り返しました。


   鳥取3IMG_1971_convert_20120917185038   鳥取4IMG_1970_convert_20120917185351

続く後半は、両チーム共 一進一退のまま決め手を欠き、お互いに惜しいチャンスは有ったものの、
1:1 のまま試合はドローに終わりました、両チームとも、悔しい勝ち点1でした。


次節は9月23日(日)VF甲府 はアウェーでキラヴァンツ北九州との対戦です、後 残り8試合VF甲府は目の離せない試合が続きます。 次の試合も勝点プラスを期待します。

   頑張れVF甲府!応援しています。

   

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

J2サッカー VF甲府! ホームで岡山と対戦 

J2サッカー 第33節、VF甲府は ホームで ファジアーノ岡山との対戦でした。

現在J2首位を7月より8試合キープしているVF甲府、先日の天皇杯は初戦で対戦の
福島ユナイテッドFCに、PK戦で敗れてしまいましたが、天皇杯はともかく、J2リーグ戦は
今回を入れてあと残り10試合、J1昇格の為には一戦でも落とせない試合が続きます。


対する岡山も、5月には7位まで行ったチーム、ここ7試合は10位と順位は維持していますが、
VF甲府としても決して侮れないチームです。


   IMG_1958_convert_20120914212616岡山戦1   3IMG_1956_convert_20120914214105岡山戦

試合は、19:00キックオフ、熱心なVF甲府のサポーターや、遠く岡山から来たサポーター等、
9045人の見守る中、ゲームは開始されました。


そして、前半開始早々、何としても勝点3の欲しい、岡山はVF陣内に攻め込んで、あわや得点の
チャンスはあったものの、得点できず、VF甲府もフェルナンジーニョ、山本などのミドルシュートやダヴィのシュートでも岡山のゴールを割れず、0:0のまま前半は終了となりました。


   IMG_1960_convert_20120914213454岡山線戦2   IMG_1961_convert_20120914215326岡山戦4


続く後半、どちらも攻守の激しいゲームでしたが、15分、ゲームに動きが有りました。
相手エリアの中で、味方のクロスに反応したダヴィの鮮やかな脚のさばきでVF甲府、ついに
1:0としました。


ダヴィは25点目となり、J2得点ランキングの首位をキープしています。

こうして、今節もVF甲府は 1:0 で勝利して、J2首位をキープし続けています。

次節は、第34節、昨日から中2日の9月17日(月・休)にホームで鳥取との対戦です。
残り試合はあと9戦、ぜひ、このまま勝ち進み、J2リーグ優勝を目指して貰いたく思います。


  頑張れVF甲府! 応援しています。





category: スポーツ

TB: 0    CM: 0   

今年もアサガオ! 楽しんでいます。 

昨日は富士山に初冠雪が見えた甲府市、9月も半ばになろうと云うのに連日30度を超す、
真夏日が続いています。


それにしても今年の夏の天候は異常でしたが、山梨でも雨が少なかったように感じています。

全国では、大雨による洪水等で災害にあわれた地方も有って、今もご苦労なさっている皆様も
居ると思いますが、こうしてみると日本も狭いようで意外と広くも有るのだとも思えます。


さて、我が家の数少ない夏の花、アサガオも8月にこのブログに載せました鉢植えは、順調に
花を咲かせ、赤のスカ―レッドオハラと青のアーリーヘブンリーブルーを毎朝楽しんでいます。


   IMG_1951_convert_20120913125557asagao1.jpg   IMG_1953_convert_20120913125909asagao2.jpg


しかし、プランターに植えた方は、スカ―レッドはバランスよく咲いていますが、天候のせいか?
ヘブンリーブルーは思うように咲いてくれなく、ネットの上の方で咲く事が多いのです。


   IMG_1950_convert_20120913130251asagao3.jpg   asagao4.jpg


こんなアサガオ、写真に撮りましたが、花一輪でもよく見るときれいですね、改めて自然の色の
美しさを感じました。


思うように咲かない事を天候のせいにしましたが、やはり育て方が悪かったと今は思って居ます。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

マイブログ! 開設1年6ヶ月となる、、、  

2011年3月10日(木)、あの東日本大震災(3月11日(金))の前日、私はかねてから
考えていた ブログ を開設し、今日9月10日で1年6ヶ月となりました。


あまり得意では無かったPCも、仕事から離れて少しは自分の時間も多く取れるようになり、
PCに向かう時間が多くなるにつれ、新しい情報や、自分の趣味についても興味が増す事が分り、
試しにHPか、ブログを立ち上げて見ようかと思ったのです。


しかし、開設するからには、三日坊主にならない様に考え、又、日常の生活を記すにはHPより、
ブログ が良いと悩んだ末、この FC2ブログ に決めました。


幸い、私は趣味としている事が多くあり、それらを自分の日記替りとして記載して行けば
良いのではないかと考え、カテゴリも5種とし、当初はこれらをバランス良く、載せて行く事で
続けられると思いました。


今考えると、カテゴリの 釣り の記事だけが極端に少なく、自分の中では、大好きな 釣りでも、
あまり行く事も少なく、これで趣味 と云えるかどうか?も考えさせられます。


又、プロフィールについても、あえて隠す事も無く、生年月日まで公開しています、この歳でも、
これだけ、物事に興味を持ち活動できるか、を このブログで示したかった事も有りました。


こうして始めた私のブログ、・ オヤジのダイアリー 趣味いろいろ ・ 開設してから今日、
9月10日で1年6ケ月となり、また昨日9月9日(日)にはアクセス数が、10,000件を超えました。


たいして面白味のない内容にもかかわらず、のぞいて下さる皆様のおかげで、ここまでくる事が
出来たと思い、本当に感謝いたします。 有難うございました。


これからも、つたない記事ですが、続けてまいりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

頂いた小冊子! 風卵 & 復権 について   

先月、私宛に二冊の小冊子を送って頂きました。

一冊は、歌人 黒沢 忍さん と 画家であり、短歌もやっている 浅川 洋さんの二人で
発行している冊子です。


A5版のこの冊子、広げると1メートル以上となる紙面を二人で片面づつ使い、写真と短歌を
組み合わせて掲載した、風卵 7 と云う冊子で7冊目となるようです。


まず、黒沢 忍さんの 上海 風の巣 の表紙と内容の一部です。

   風1IMG_1933_convert_20120831104841   2IMG_1934_convert_20120831105157風

そして、次は、浅川 洋さんの 上海 路上 の表紙部分と内容の一部です。

   3IMG_1935_convert_20120831105444風   4IMG_1936_convert_20120831110202風

二人とも、日中交流美術展 HORIZON 開催の為、メンバーと共に上海に行った時の
印象を、写真と短歌で表現した内容となっています。


この、日中友好40周年記念交流美術展 は、前回は山梨を中心としたアーチストが上海で、
中国のアーチストとの交流展を開催しましたが、今度は、9月15日から山梨県立美術館他、
二ヶ所の会場で、中国のアーチストとの交流展 HORIZON を開催するとの事です、
案内状も頂きましたが、これも今から楽しみにしています。



次に、地場産業である 和紙や植物繊維などを素材に作品を制作している 造形作家 深澤 修さん
から頂いた冊子、 復権・Rehabilitation の紹介です。


   1IMG_1939_convert_20120831110441復権   2IMG_1940_convert_20120831111839復権

造形作家である深沢さんが、東京での個展のオープニングレセプションの最中、突然「脳出血」を
発病し、即入院となり、命だけは助かりましたが、左半身マヒの後遺症により、現在地元の病院で
リハビリ中だそうですが、その病床生活の中での体験や、作家活動を一時的に中止せざるを得ない
状況での思い等、鋭い視点でエッセイとしてまとめたもので、非常に読み応えのある文であり、
病後に制作した作品の紹介と共に、内容の濃い冊子となっていました。


リハビリ中も作家としての情熱を失わない深澤さんの、今後の活躍を大いに期待したく思います。

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

自作短歌について思う事。    

少し、考える事が有り、私が趣味としてこのブログに載せてきましたカテゴリー「文学」、、、
主に新聞投稿短歌でしたが、5月以降載せていません。


短歌仲間の勉強会や、集まり、そして、新聞投稿短歌もここ3ヶ月は休んでいます。

理由は、色々やる事が多く時間的余裕が無くなり、思うように言葉が考えられなく、
マンネリ気味になった事が原因です。


色々と自分なりに考えましたが、こういう時は無理しなくしばらく短歌から離れて見ようと
思いました、私なりに云えば、「充電」の期間と考えています。


ただ、新聞投稿や発表はしていませんが、時間の空いた時など、ふっと浮かんだ言葉はすぐに
メモして、自然のままにできた一首は書き溜めています。


やがて、充電ができ、自分で納得できましたら、再度、短歌に関わって行きたく思って居ますが、
何時になるかは分りません。


一地方紙ですが、ある程度新聞掲載されていた、私の投稿短歌も掲載されなくなると、
「どうしたんですか?」と心配して下さる方や、「毎週、楽しみにしていたんですよ」と
云って下さる方も何人かいましたが、仕方ありません。


とにかく、あとしばらくはこのままで行くつもりです。

そして、自分でも前に戻ったと思いましたら又、このブログにも載せて行こうとも考えています。

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード