FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

テンプレート の イメージ・チェンジ等!   

2013年も今日は、1月31日、1ヶ月が過ぎようとしています。

新しい年となって今年はどんな年になり、どんな年にしようか? と考えている内、
日はどんどん過ぎて行き、もう1ヶ月です。、、、、、


現役の頃は、部署の移動、転勤、昇任、等、仕事上の思いで、年初めは一杯だった
事が思い出されます。


仕事をすっかり離れた今は、思う事も限られますが、まず、考えるのは健康の事でしょうか?
一時期、訳も分らない病で、食事も受け付けなく入院をしたり、手術も何回か行ったり、
大変な時期も有りました。


現在も、定期的に通院は行ってはいますが、近年は体調も良く過ごせていますので、
この一年も健康で居られたら良いとまず思いました


その他は、家族の事、そして、自分の趣味の事、等々、、、、、

趣味はブログの題の通り、いろいろ有りますので毎日が時間を持て余す事は無いと考え、
バランス良く、楽しんでいこうと思いました。


さて、今日の主題です! このブログ、始めてから1年10か月が過ぎ、3月10日で
2年目となりますが、この辺でイメージ・チェンジをしようと考えました。
内容はそのままですが、テンプレートだけ変更します。


今までの物も、シンプルで気に入っていましたが、そろそろ変え時と思い、今回も、
共有プラグイン/テンプレートの中で、シンプルさが好みの作品を使わせて頂く事にして、
当分、このテンプレートで続けたく思います。


今日は特に話題性も無く載せた文ですが、時にはこんな日も有ります。

category: 未分類

TB: 0    CM: 6   

新聞投稿短歌! (H25-2)  

28日の月曜日は、山梨日日新聞 山日文芸の掲載日でした。
今月最終の掲載日、、、短歌欄に目がいきます。


私も、約半年ぶりに新聞投稿を再開して、先週の21日(月)に今年始めて、
本当に久し振りの掲載となったばかりです。


そして、28日(月)やはり気になりました。数多くの方が投稿され、その中から、
18首に選ばれ、掲載されるか、どうか?


有りました、短歌欄 三枝 昂之先生選に、私の歌と氏名が掲載されていました。
二週連続で掲載され、以前の投稿の事も有り、知らぬ内にプレッシャーを感じていたので、
正直なところ、少しほっとしました。


後は、肩の力を抜いて、楽に投稿して行こうと思って居ます。
投稿する歌、全て、自信作とは言えないので、次回は何時掲載されるか分りませんが、
幸いにも又、掲載されましたら、このブログにも載せて行きたく思います。


それから、このブログでの短歌を通じて知り合いになった方も、昨年末から投稿を始め、
今年二回目の掲載となって、私と一緒の掲載となり、とても嬉しく思いました。


では、私の今回掲載の一首です。

   ・ 頂いた賀状の束を手に取りて一人一人の絆を思う ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

中沢明子・紗織 展!行って来ました  

昨日は1月最終の日曜日,甲府盆地は朝から雲一つない天気でした。

この日は北杜市長坂町に有る・おいでやギャラリー・で開催中の中沢さんの親子展に
久し振りのドライブを兼ねて、出かけて来ました。


道すがら、雪の甲斐駒ケ岳、八ヶ岳、等、白く厳しい姿が目に入り、車を止めて
眺めたほど綺麗でした。


あちこち寄り道をして、12時半頃、・おいでや・に着き、作品を見せて頂きました。

 1IMG_2415_convert_20130127211015 nakasawa  IMG_2399_convert_20130127164004 中沢明子・沙織 2 IMG_2405_convert_20130127164435 中沢明子・紗織 3


 
作家の中沢明子さんは、私も短歌を通じての知り合いで、日本画家でもあり、歌人でもある
多才な方で、このブログでも以前紹介しましたが、歌集「花豆のうた」を2011年11月に
出版しています。


今回は娘さんの紗織さんの、鉄の作品との親子展でした。

 IMG_2404_convert_20130127164959 中沢明子・紗織 4 IMG_2406_convert_20130127165450 中沢明子・紗織 5 IMG_2411_convert_20130127165902 中沢明子・紗織 6


まず、中沢さんの日本画は、どちらかと云うと、油彩画に似た様な画風で、私も見慣れた
従来の日本画とは、少し違うイメージの作品と感じています。


また最近は、その日本画のイメージを版画にも取り入れた銅版画の作品を数々制作し、
今回は銅版画を始めて5年間の作品を主に展示し、見ごたえの有る作品展となっていました。


次に娘さんの紗織さんの作品についてです。

彼女は美大の大学院を卒業後、鉄を材料とした 家具や建具、そして、鉄の皿やモビール等の
小物なども制作しているとの事です。


今回の作品は、応接用のガラスをはめ込んだテーブルや、机、古木を使用した椅子、そして、
可愛い丸椅子等が、軽そうに見えて、じつは鉄の為、重く、安定感のある作品となって展示
されていました。


 7IMG_2412_convert_20130127170231 中沢明子・紗織  IMG_2409_convert_20130127170635 中沢・秋子・紗織 8 IMG_2410_convert_20130127171223 中沢明子・紗織 9


中沢さん親子のこうした作品と、又、賛助出品として参加している 音楽家の・大塚 直さんの
作品等、身近の人でこの様な作品展が開ける中沢さん、とても幸せな作家と思いました。


 ・中沢明子・紗織 展・・山梨県北杜市長坂町・・おいでやギャラリー・・2月4日(月)マデ・

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

お年玉付き年賀はがき! 切手シート  

私は昨年末に、儀礼的な年賀状は今回から減らそうとブログにも書きました。

そして、はがきを買う段階で、前年頂いた年賀はがきを一枚一枚見直しますと、
儀礼的なものとは言っても中々減らす事が出来なく、減らす事になったものは
約30枚程度でした。


それも、中には出さない方から元日に届いたものも有って、改めて投函する事になり、
結局200枚以上出す事になってしまいました。


長年続けてきた慣習、変える事は中々難しいとつくづく思いました。

さて、この年賀はがき、殆どがお年玉付きです。
毎年、かろうじて切手シートが4~5枚当たり、その内1枚だけは、未使用でストック
して置きましたが、スタンプアルバムを見てみますと、昭和42年の切手シートから、
平成23年まで、無い年も有りましたが殆どの年のシートが有りました。


 IMG_2393_convert_20130125114504 切手 2 IMG_2394_convert_20130125115023 切手 3 IMG_2392_convert_20130125113730 切手 1

切手も、7円のものが4枚とか、10円が3枚、20円が2枚等有り、その時の郵便料金に
より、シートの切手の金額が変わってきたようです、ちなみに最近は、50円と80円の
切手2枚のシートです。今年も同じと思いますが、賞品で出して、使わせようとの考えですね。


今年もこのお年玉付きはがき等の当選番号が、20日の抽選会で決まりました。
早速私も頂いた年賀はがきをチェックしたところ、今年は例年になく、当たり番号が有り、
久し振りに切手シート以外の、1万本に1本の3等が1枚、100本に2本の4等(切手シート)
が8枚有りました。


まだ、交換には行っておりませんが、ささやかですが、楽しみな事になりました。

今年の切手シートのデザインは、どんなものでしょうか? 興味が有ります。
 

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

ギャラリー訪問! 二ヶ所へ 

先日、甲府市以外で開催されている作品展(個展)を見せて頂くため、山梨市と笛吹市の
ギャラリーに行って来ました。


まず、山梨市の ギャラリー パーシモン で開催中の ・大坂 忠司 木版展・です。

   IMG_2384_convert_20130123101916大坂 1

大坂氏は春陽会会員の版画家で、その作品は、イタリアやスペインの町や村の風景と、
日本の古き町の家並みの風景等、木版の多色刷りで細かい表現が施され、誰が見ても
好感の持てる作品で、今回も大きな作品から、小さな作品まで、約50点位展示され、
とても見ごたえの有る版画展でした。


次は、笛吹市の iGallery DC で開催中の ・当間 裕子展・に伺いました。

   IMG_2385_convert_20130123102445当間 1

当間さんの作品については、私はほとんど予備知識は有りません。
ギャラリーに伺って9点ほどの作品を見せて頂き、比較的多くの方の作品等を
拝見している私ですが、初めてであった作品に感じました。


何と爽やかな作品でしょう、タイトルは付けられてはいませんが、30㎝四方の
作品それぞれが、作家の個性を表していて、その色彩の柔らかさ、が魅力的でした。


この作品でしたら、説明するようなタイトルは必要ないと改めて感じました。
東京銀座の 藍画廊でほぼ毎年個展をされているとの事、機会が有りましたら、
ぜひ、大きな作品も見せて頂きたく思いました。


 ・ 大坂忠司 木版画 展 ・・・山梨市 ギャラリー パーシモン・・・28日(月)まで ・

 ・ 当間 裕子展 ・・笛吹市 iGallery DC ・・木、金、土、日、開廊、2月10日まで ・ 

category: 美術

TB: 0    CM: 2   

控え目に再開 ・ 新聞投稿短歌!(H25-1)   

私が趣味としている短歌、発表の場として2-3年新聞投稿をし、掲載される事を
励みに続けてきましたが、昨年の5月以来、思うところが有り、投稿を休んできました。


約半年近くでしたが、その間、コツコツと自分なりの作歌は続けては来ましたが、
やはり、新聞への投稿等により、一人よがりの歌にも、多少の評価も必要で、それも、
自分自身の作歌の向上にもつながる事を、改めて考える事になり、再度投稿してみようと
控え目ながら再開する事にしました。


以前のブログを見ますと、云い訳みたいな事を臆面もなく、記事にしていて、今読み返すと、
恥ずかしい限りですが、その辺は大目に見て頂いて、これからも時々このブログに載せる事が
有るかも知れませんが、興味のある方に読んでもらえたら、幸いと思います。


では、今年初めて本日(21日(月))山梨日日新聞・山日文芸 短歌欄・三枝 昂之先生選
に掲載された一首は次の歌です。


  ・ ゆず味噌をのせて熱々ふうふうと風呂吹き大根年の瀬の夜 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

女流作家の版画展! 二会場に行く  

2013年もすでに20日になろうとしています。

昨年12月から、私的な理由により、通常の活動を休んでいた私ですが、そろそろ、
重い腰を上げる気になってきました。


そこで、新年早々から案内状を頂いています、美術作品展に伺う事にし、19日(土)は
二人の女性の版画展に行って来ました。


まず、初めは、甲府市貢川のギャラリー 三彩洞で19日から開催の作品展、
・ 時の流れに・・・菊地 智恵子 展 ・に伺いました。


 菊池 2  菊地 1

菊地さんは、山梨県美術協会会員の版画家で、その作品は、・風景・花・人物・動物・と
幅広い題材を独特の表現方法で描き、モノクロ作品の他、色彩を使用した作品も有り、
特に私は、空と雲を描いたブルーの作品がとても好きで、何時も拝見しています。


 菊池 3 菊池 4 菊地 5

今後も大いに活躍するであろう版画作家と私は思って居ます。


次にお邪魔したのは、同じく甲府市丸の内のギャラリー イノセント で開催中の
・ 望月 澄子 展 版画 ・です。


 望月 1  2望月 

望月さんも、上記、菊地さんと同じく、山梨県美術協会会員の版画家で、その作品は、
モノクロで描かれ、エッチングの線が複雑に交差して、黒い部分と白い部分が、バランス
良く、画面構成されたもので、一点一点が、それぞれ個性が有り、魅力的な作品と思いました。


 望月 3 望月 4 望月 5

今回の作品、以前より黒い部分が少なくなったと感じましたが、それも又良く、これからも
どんな作品を見せて頂けるか、楽しみにしている作家の一人です。


こうして、年の初めに今年も活躍が期待される二人の版画展に行き、久しぶりに充実した日に
なりました。


 ・時の流れに、、、菊池 知恵子展・・甲府市貢川 ギャラリー三彩洞・・27日(日)マデ・

 ・望月 澄子展、、版画・・・甲府市丸の内 ギャラリーイノセント・・・28日(月)マデ・


category: 美術

TB: 0    CM: 2   

寒中見舞いのハガキが届く!   

新年早々悲しい知らせが有りました。

身体が思わしくない、とは伺っていたが、しばらくお会いしていなかった方宛て
年賀状に、お体の具合はいかがですか、と添え書きして出しておきました。


年が明け、7日になって届いた寒中見舞いのハガキ、埼玉に住む、その方の
息子さんからでした。


母は昨年11月24日に他界しました。との事、、、、、

私はうかつにも全然知りませんでした、新聞の訃報欄は必ず毎日目を通しており、
見落としは無いはずでしたが、その方はこちらに御一人でお住まいだったので、
どんな葬儀をされたのか知るよしも有りません、、、、


そう云えば、毎月2回その方が所属している日本画の女性グループ(5人)の
集まりに私もよくお邪魔していますが、10月頃から姿が見えないでいて、
体調が思わしくない、とも聞いていました。


それに、私も11月、12月は色々有って、その集まりにも伺う事が出来なかったので、
お亡くなりになった事を知らなかったのです。


その方はご高齢でしたが、日本画を描き、水彩画も発表したりと、女性画家として、
県内で活躍し、その作品は、所属していたいくつかのグループの作品展などで拝見して
いましたが、私も好きな作品が多く有りました。


何より、私と会うごとに、私の新聞掲載短歌を「良かった」と云って下さり、
何時も楽しみに読んで居て下さる様子を、私もすごく励みに思って居ました。


いまにして思えば、その方が最後に気に入ってくれた私の短歌は、昨年の3月、新聞掲載
された次の歌でした。


 ・ 油菜の黄いろい花は春の色休耕田に春がいっぱい ・

  遅れ馳せながら、その方のご冥福 心よりお祈りいたします。 

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

久々に サッカー VF甲府! の話題です     

昨年の11月23日の サッカーJ2 千葉 対 大分 J1昇格はどちら? 以来、
当ブログのカテゴリ スポーツは閉じたままでした。


年が明け、J1,J2サッカーの各チームも、監督の交代、選手の移籍、と
昨年暮れから新年早々、賑やかになってきました。


今年、J1に復帰する我がVF甲府も、昨年J2得点王で、VF甲府のJ1昇格に
大いに貢献した ダヴィ選手がJ1鹿島に移籍し、同じくフェルナンジーニョ選手も
未だ決まらないが、VF甲府を去る事になるのでしょう。


とにかく、現J1の各チームと比べ、大きな企業のバックアップの無い VF甲府、
即戦力になる選手の獲得には、だいぶ資金面で苦労している所と思います。


しかし、フロントや監督の努力で、柏レイソルより 水野 晃樹選手、東京ヴェルデイ
から、平本 一樹選手、とベテランのDF、土屋 征夫選手を始め、VFではきっと
活躍してくれると思われる選手が他に4人決定している上、昨年のチームの主要な選手の
契約更新も終え、今、新チーム発足の最終段階に入っていると思われます。


後は、チームの核となる選手、(おそらく外人選手)が決定すれば、新体制での
キャンプインが出来る事でしょう。


2013年J1チームのリーグ戦、いかに戦ってくれるか?そして、2014年に向けて、
J1に残留が確定するまで、今年も、VF甲府から目が離せません。


ファンとしては、応援するしかないですね。  頑張れVF甲府!

そうそう、J1開幕戦 VF甲府は仙台との対戦のようです、昨年のJ1 2位、と
J2 1位、の対決です、今から楽しみです。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

早いものです、もう7日、、、 

2013年も7日となりました。

時の流れに休みは有りません、こうして私も歳を重ねていくのです。

さて、この正月、私的な事ですが昨年暮れの目の手術により、車の運転も控え、
何処へも行かず、さりとて、アルコールも禁止されるなど、孫たちが来た他は、
何とも物足りない毎日でした。


それに、本を読む事もPCに向かう事も視力が安定するまではメガネが作れない為、
思うようにできなく、ストレスがたまったままです。


そんな中、元日の更新以来更新せず、何の変化もないままのこのブログですが、
毎日訪問して下さる皆様に感謝しつつこれを書いています。


このところ、目の方も少しづつ回復しているようなので、無理の無いようブログも
再開しようと思います。 と云っても、活動が無く、話題不足ですが、、、、、


長い事、ご無沙汰しています皆様のブログも出来る限り訪問させて頂きますので、
これからも変わらぬお付き合い、宜しくお願い致します。

category: 未分類

TB: 0    CM: 11   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード