FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

VF甲府!第4節 アウェーで川崎フロンターレと  

3月30日(土)、J1開幕以来、勝ち点3が取れない VF甲府!
第4節はやはり同様、勝ち星のない 川崎フロンターレとのアウェーでの対戦です。


今季まだ勝っていない川崎ですが、メンバーからすれば不思議な気がします。
現日本代表の 中村憲剛、元代表の 大久保嘉人、などが居るチームですから、、、


とは云っても、VF甲府もそろそろ勝ち点を積み上げて貰わないと、J1残留どころか、
又、1年でJ2に降格の憂き目を見る事になります。


大企業のサポートもなく、地域に密着したJ1チームのVF甲府! 12年間黒字経営
と云う、Jリーグにとっても理想的なチームだけに、何としても J1で頑張って貰いたく
思って居ます。


     IMG_2508_convert_20130330181200 13年対川崎1     IMG_2504_convert_20130330181644 13年対川崎2


さて、試合の方は、前半12分、VF甲府、松橋のクロスを平本がきれいに決め、
VF甲府は1:0と久しぶりの先制点、しかしその後は一進一退のゲームが続き、
両チームとも得点できず、VF甲府 リードのまま前半は終了、、、


続く後半、ホームで負けられない川崎フロンターレ、絶大な攻撃力でVF甲府陣内に
攻め込むも、得点に結びつかず、やっと、88分、川崎、矢島のヘッドで得点、1:1に、、、
残り時間わずかの時間帯、追加点の欲しい両チームでしたが、ゴールに嫌われ、そのまま、
1:1のドローで試合終了、、、どちらも勝点1のままの今節となりました。


     3IMG_2502_convert_20130330182104 13年対川崎     IMG_2505_convert_20130330182911 13年対川崎4


両チームとも中々勝てません、次節に期待しましょう。
なお、今日の観客は 14108人でした。

次の第5節、VF甲府!4月6日(土)にアウェーで 大分トリニータとの一戦です。

   頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

久し振りの サイクリング!  

先日と云っても、少し経ちましたが、日曜日、久しぶりに自転車で午前中走って来ました。

以前は早朝5時に家を出て、約20Kmを約1時間位で走り、6時頃には帰って来る事を、
4月から、10月位まで殆ど毎日続けていましたが、ここ1年はこうした走りはしていません。


それは、歳と共に体力も落ちて来て、あまり無理できないと判断し、たまに街中サイクリング
として、のんびりゆったり、と、サイクリングを楽しむ事に変えたのです。


しかし、最近どうも運動不足のようで、病院での検査でも数値に現れるようになって来た為、
又、愛車のクロスバイクを整備し、タイヤも変えて、準備したのです。


     IMG_0615縲  前に紹介済みですが、これが愛車 コルナゴクロス です。


日曜日の朝10時、天気も良く、春らしい日差しの中、我が家を出発し、近くを流れる濁川の
土手を南下して6Km走り、笛吹川のサイクリングロードに入り、4Km走ると荒川サイクリング
ロードになります、今度は北上して、約7Km、後、街中を3Km走れば我が家です。


長く続けるのには、この程度の距離が、私には一番良いように思います。

ゆっくり、無理しないで走るので、身体への負担も少なく、何より、河原の様子、又、
遠くの山々の風景や、小さな花を付けた、道端の草など、自然の姿が観察できる事が
とても嬉しいです。


これからも出来るだけ、時間を見つけて続けて行こうと思った一日でした。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 0   

私の自動車運転免許証について思う  

私はどちらかと云うと、バイクや車の運転は好きな方です。

思えば自転車の後輪に細長い風船を付けて、パタパタと鳴らし、自転車オートバイ
(自転車にエンジンを付けた物)の真似をして、乗った小学生のころから、
オートバイや車の運転は憧れでした。


18歳になって、やっと、オートバイの免許が取得できるようになると、
すぐに免許を取り乗り始めました。


当時のオートバイで、ホンダ、ヤマハ、メグロ、ライナー等、色々なオートバイに
乗りました。確か、オートバイでは有りませんが、ダイハツミゼットにも乗りました。


私は早くから乗り始めましたが、後から免許を取得した友人たちと、湘南方面や、
伊豆方面に良く出かけたりしたものです。 今でいう、ツーリングですね。


そして、20歳になってすぐに自動車の免許を取得しました。
当時は、自動車教習所が出始めで、練習だけしかできなく、試験は、県の所管の
自動車運転免許センターでの受験でした。


センターでの試験は、学科と実技が有り、どちらも合格しなければならなく、
私は、教習所での時間貸しの車で、たまにしか練習できず、試験は二回落ち、
三回目で、やっと小型自動車運転免許証を取得しました。


当時は、1回の試験で、受験者は100人前後、その内、女性は5~6人でした。

それがいまから50数年前の話です。

現在は、法改正により、小型免許は普通免許に、軽二輪車免許は自動二輪免許に
なっていますが、どちらも所有しています。 もちろんゴールドです。


愛車は、現在、フォルクス ワーゲン ゴルフワゴンに乗り、13年になりますが、
ワゴンは油絵の道具、チヌ釣りの道具、なにより、私の愛車のクロスバイクが乗せられます。
車には殆ど、毎日乗っていまして先日もドライブがてら、一人で富士北麓の行きつけの
画廊喫茶に、コーヒーを飲みに行って来ました。
 

天気は曇りがちで、富士山もぼんやり、河口湖の水も少なめで、余りドライブ日和
では有りませんでしたが、約、90Km走って来ました。


オートバイは本当は、自動二輪車に乗りたいのですが、家族に止められるので、
スズキの50CCバイクで我慢しています。


こんな私ですので、まだまだ運転免許証の返還は、当分先になりそうです。

きょうは、今では皆さん、当たり前に持っている 自動車運転免許 についての記載でした。

category: ドライブ

TB: 0    CM: 4   

サッカーVF甲府! ナビスコカップ 第2節  

また、サッカーVF甲府!の試合の記事です。興味の無い方はパスしてください。

Jリーグ ナビスコカップ第2節、VF甲府はホーム、山梨中銀スタジアムに
横浜Fマリノス を迎え、対戦しました。


     IMG_2485_convert_2013032315235ナビスコ横浜1     IMG_2490_convert_20130323152814ナビスコ横浜2


前節は、アウェーで清水エスパレスと、1:1 のドローで終わっていますが、
今回はホームなので、多くのサポーターやファンの前で、何としても勝ち点3を
獲得したいところです。


しかし、今回対戦の 横浜Fマリノス は、あの、中村俊輔や中沢佑二のいる
チームで、現在、J1で負けなしのトップの成績です。


VF甲府も、まだ、勝ち点3は有りませんが、好調の兆しが見え始め、カップ戦
とは云え、好ゲームが期待されました。


さて、試合の方は、13:00 キックオフで始まり、開始早々からVF甲府、
押され気味で試合は進み、上手くパスを通す横浜FにVF甲府、善戦するも、
23分、相手MF兵藤にヘディングできれいに決められ、前半は、そのまま
0:1でリードされたまま終了、、、


     IMG_2481_convert_20130323153326ナビスコ横浜3     IMG_2487_convert_20130323153700ナビスコ横浜4

そして後半、何とか反撃し追いつきたいVF甲府、、、しかし思わぬところで
パスミス等多く見られ、、、というより横浜Fが一枚上手、と感じるプレーでボールを
取られ、52分に与えた中村俊輔のコーナーキックを中松に又、ヘッドであわされ、
0:2に、、、その後のVF甲府の反撃も及ばず、ホームでの勝ち点3はなりませんでした。


ナビスコ第3節、VF甲府は、4/3(土)アウェーで湘南ベルマーレとの戦いです。
共に今季J1に昇格したチーム、落とせない一戦となります。


頑張れ VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 1   

サッカーVF甲府! ナビスコカップ 第1節  

2013 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ(予選リーグ)が20日開幕しました。

VF甲府はアウェー、IAIスタジアム日本平で、清水エスパレスとの戦いでした。

両チームとも、今季はいまだ勝利が無く、今日勝ってリーグ戦に弾みをつけたいところです。

     IMG_2469_convert_20130320150700 ナビスコ清水1     2IMG_2478_convert_20130320151115ナビスコ清水

清水はVF甲府にとって、隣同志のチーム、元VFに居た、バレーや、吉田 豊等も
メンバーにおり、戦いにくいかな?とも思いましたが、そこはプロ、、、お互いに
力いっぱいゲームに臨んでいる姿勢が有りました。


くもり空の下、9411人のサポーターなどが、スタンドで声援を送る中、13:00
キックオフとなりました。


前半開始早々は、ホームの清水に押され気味のVF甲府、9分に相手MF 八反田に
ゴールを決められ、0:1と先制されます。


その後、徐々にペースをつかんだVF甲府、32分に清水ゴール前、DF土屋の折り返し
を、ウーゴが決め、1:1の同点としましたが、その後追加点を狙うも得点できず、
前半は1:1のまま終了、、、、、


     IMG_2476_convert_20130320151459ナビスコ清水3     IMG_2470_convert_20130320152956ナビスコ清水4

続く後半は、両チームとも激しい攻防となって、VF甲府4人、清水1人、がイエローを
切られるような、ゲームとなりましたが、1:1のまま、決着がつかず、今節はドローでした。


ナビスコカップ第2節は、2日置いた23日(土)VF甲府はホームに横浜Fマリノスを
迎えての対戦となります。


 頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 4   

竹中英太郎・労 父子展!来月開催されます  

私はコーヒーが好きで、殆ど自分で入れて飲んでいますが、時々、出かけて飲みます。

今日はコーヒーの話題では有りませんが、昨日、何時もお邪魔している茶房、
あまんじゃく に行ったところ、父子展 の案内状を頂きました。


それは、私もこのブログで、以前紹介した事の有る、甲府市の湯村に有る、
竹中英太郎記念館で開催される、父子展 の案内状でした。


     IMG_2468_convert_20130319165239親子展 2     1IMG_2467_convert_20130319164932 親子展 


この、竹中英太郎記念館 は、英太郎氏の娘さんの、金子 紫さんが館長を
なさっている記念館で、甲府市の昔からの温泉地、湯村温泉郷 に有ります。


今回の父子展は、記念館10周年と、今年山梨県で開催される・やまなし国文祭・の
記念事業の一環として行われるもので、約3ヶ月の間、開かれる事になっています。


     1IMG_1428_convert_20120315160704竹中記念館     IMG_1425_convert_20120315161535竹中記念館3

さて、この父子展ですが、怪奇探偵小説の全盛の頃、あの有名な、江戸川 乱歩、
横溝 正史、夢野 久作、等の探偵小説に挿絵を描き、「大衆画壇の寵児」とも云われた
竹中 英太郎氏と、その長男で「反骨のルポライター」と云われる熱血の人、竹中 労氏
との父子の絆や、残された数々の妖艶な作品や資料を、くまなく紹介する企画展と思います。


開催期間は、約3ヶ月有りますが、この期間にぜひ来館して、山梨にもこうした方が居られ、
又、記念館も有る事を、認識して頂けますよう、私からも、お薦め致します。


なお、記念館の詳しい事は、ブログ、・竹中英太郎記念館 館長日記・が開設されています。

又、私のこのブログのカテゴリ 美術 2012年3/15日の記事にも少し、載せてあります。
宜しかったら、ご覧ください。


・竹中英太郎・労 父子展・・湯村の杜 竹中英太郎記念館・4/11(木)~7/15(月、祝)マデ・
             ・甲府市湯村3-9-1 (・火、水、定休・・10:00~16:00・)


私もまだ、目にしたことの無い作品も有ると思い、楽しみにしています。 
   

category: 美術

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!(H25-6 ・7)  

今日は月曜日、地方紙 山梨日日新聞 山日文芸欄の掲載日です。

3月、三回目の月曜となった今回は、私の投稿して有る短歌の掲載が有りました。
それも、何と二首同時に掲載されました。


同じ人が、その回の入選18首の内に、二首選ばれる事はめったにない事です。

私も投稿を始めて、以前に一度だけ有りましたが、その時には、同じ集まりの
メンバーから、ちょっと不思議がられた事もあり、その後、気を付けて見ていましたら、
他の人の歌でも同じように二首掲載が一度だけ有りました。


今回で私は二度目となる 二首掲載でした。

ともあれ私の歌は、3月の第一、第二、の月曜日に掲載されなかったので、今回は、
嬉しいと共に、少しほっとした気分になっています。


 では、掲載された二首ですが、次の歌です。

  ・ 足下でプチッと割れた一粒は畳に残る節分の豆 ・

  ・ あの頃の賑わいもなく夜が更けて飲み屋横丁猫が鳴いてる ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 8   

VF甲府! ホームで 名古屋グランパス と対戦  

Jリーグ第3節は、3月16日(土)に8試合、17日(日)に1試合、行われます。

VF甲府は、16日(土)、ホームに名古屋グランパスを迎えての対戦となりました。

前節、C大阪に惜敗し、ホームでの勝点3を獲得できなかった VF甲府!ですが、
サポーターやファンも、持ち越したホームでの勝利を、今節は必ず、と 期待している
ところでした。


キックオフ19:00と、ナイターでのゲームですが、両チームのサポーターを始め、
スタンドは、11210人の観客が詰めかけ、熱い声援を送っていました。



    1IMG_2458_convert_20130317083156 VF3節      IMG_2463_convert_20130317083715 VF3節 2


さて、まだ、少し肌寒い感じのする中、キックオフとなった前半、VF甲府はホームで
押し気味に試合を進め、シュート数5、名古屋は1、コーナーキックもVF甲府が5、に
対し名古屋は0、と今季J1優勝を狙うチームとしては、少し物足りない感じでしたが、
VF甲府も、得点できなく、0:0で前半は終了しました。



    IMG_2462_convert_20130317084049 VF3節 3     IMG_2456_convert_20130317084424 VF3節 4


続く後半は風下になったVF甲府、攻め込まれるシーンが多くなり、11分、VF甲府
松橋が今日2枚目のイェローで、レッドカードをきられて退場し、VF甲府は残り時間
35分以上、10人で戦う事になりました。


しかし、1人少ないメンバーでも、VF甲府はひるまず、10人とは思えない動きで、
後半45分過ぎのロスタイムまで、名古屋の攻撃を防ぎ続けましたが、終了間際の49分、
フリーキックをキーパー荻が風の為か弾いてしまい、こぼれ球を名古屋の本田にプロ初の
ゴールを決められ、0:1でゲームセット、VF甲府、ホームでの悔しいゲームとなりました。


次節は、3月30日(土)15:00、アウェーで 川崎フロンターレ と対戦です。

   まだまだこれからです、頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 4   

美術展! 二ヶ所に行って来ました。  

昨日は、かねてから案内状を頂いていた、個展と、版画グループの 
ミニプリント展に行って来ました。


まず、甲州市勝沼に有る ぶどうの丘美術館で開催中の・須田國生 個展・です。

     1IMG_2455_convert_20130314214743 須田展 

山梨と云えば、富士山とぶどう が 有名ですが、そのぶどうで名を知られています勝沼で、
ぶどう畑の丘にある ぶどうの丘美術館は、今は、ぶどうのシーズンオフですが、非常に
自然に恵まれた所に有ります。


この美術館で個展を行う、須田國生さんは、現在の山梨美術協会の会長であり、私も40年来の
知り合いでも有ります。


今回の個展は、2000年から2013年までの作品の内、100号の大作を約30点展示
すると云う、第3回 100号展 としての開催でした。


作品は、女性をモチーフとして、人間の持つ内面的なもの、哀・悪・罪・死・等を、
夜の星や月、時には曼荼羅を背景に須田さん独特の表現で、描き表し、おどろ、おどろした
雰囲気は有るが、人への思いが画面に込められた作品と、私は何時も感じています。


また、今回は100号の大作展なので、会場いっぱい 須田さんの世界 が広がっていました。
(本人とお会いできなく、写真での紹介は有りません。)


次に、甲府市貢川のギャラリー三彩洞で開催中の、県内の版画グループによるミニプリント展
に寄ってきました。


メンバーは、女性が多く、山梨美術協会の版画会員3~4名が中心となり、各自5~6点の
小品を展示し、欲しい人には手ごろな金額で販売もする、という賑やかで、とても楽しい
内容でした。 ちょっとした卓上や、壁のアクセサリーとしても良い作品が沢山有りました。


以上、今回は二ヶ所の訪問でしたが、一日ごと、暖かくなり、春を感じる今日この頃、
数多く開催される美術展、作品展、時間を見つけて、観に行くつもりです。


 ・第3回100号展 須田國生個展・・ぶどうの丘美術館・・甲州市勝沼・・3/28(木)マデ・

 ・版画グループ ミニプリント展・・・ギャラリー三彩洞・・甲府市貢川・・3/17(日)マデ・

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

趣味の短歌創作! 雑感   

ついこの間、3月になったと思って居たら、すでに13日となりました。

サッカーのJリーグが開幕すると、このブログもVF甲府の試合の記事に
どうしても熱が入ってしまいます。


さて、私の趣味も色々ですが、カテゴリ文芸 の短歌、、、特に新聞投稿短歌について、
2月25日(月)以来記事にしていません。


それは、25日に秀作に選ばれたのち二回、山日文芸に、掲載されずあえて載せる
記事も無い為、ブログには書かなかったのです。


やはり、地方紙で有っても選ばれる歌を詠み続けている方は居られますが、
とても難しい事だと、4~5年創作に関わって来ても実感しています。
もっとも詠む歌、詠む歌が、誰もが認める良い歌ばかりなら、趣味でなく、歌人として、
とっくにデビューしているとも思いますが、、、


しかし、例え趣味であっても、思うように言葉が浮かばない、こんな時はどうするか?、
やはり何時ものように詠み続けるしかないですね、
沢山詠めば良い、と、云うものでもありませんが、自分の思う事、気になる事、等、
新しい発見が有れば、集中して言葉をさがし、31文字にまとめる、、、
数多く詠んでいれば、その中にきっと自信作も出て来るでしょう。


又、その他に色んな短歌に関連した本を読むとか、気分転換に何処かに出かけるとか、
そんな方法も良いかも知れませんね。


所で、私がいま読んでいる本は、最近求めた、歌人 小池 光 さんの ・うたの動物記・
と云う本です。



      IMG_2454_convert_20130310142548 本 1


この本は、短歌や俳句に出てくる動物や、魚、昆虫等、馬から始まり猫に終わるまで、
100数種類の生き物を、エッセーと共に歌や句を紹介している本で、楽しく読んでいます。


こうした本を詠むと、短歌の題材なんて、植物や、風景、生活ばかりでなく、動物や、昆虫でも、
なんでも歌に詠む事は出来るが、問題は、どのように詠むか? なのだと気付かされます。


今回は、趣味の短歌について、創作雑感をブログに載せて見ましたが、いかがだったでしょうか?、
興味のあまりない方には、どうでも良い事ですよね、それも充分承知しています。


 では、最後に以前新聞掲載された私の季節の歌を紹介します。

   ・ ほろ苦き菜の花口に含む時伊豆は下賀茂黄の海思う ・
        

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード