FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

VF甲府! アウェーで柏レイソルに惨敗  

J1リーグ第22節、VF甲府は柏レイソルとの戦いでした。

7試合勝ちの無いVF甲府、14節ホームで3:0と勝った柏との戦いでしたが、今日は柏のホームで、
0:3 と見事に雪辱を果たされました。


さすが順位7位と、上位が狙える位置の柏レイソル、降格圏ギリギリで勝点3が取れないVF甲府とは
やはり、勢いが違いました。


前半は20分の工藤のシュートの1点に抑えましたが、反撃すべき後半に開始早々の1分、柏のレアンドロに
クロスをヘッドで決められ0:2に、出鼻をくじかれたVFも惜しいチャンスをクリスティアーノが外し、
得点ならず、その上VFのパスをことごとくカットされ、柏のペースに、さらに11分には高山に3点目を決められ、
VF甲府は苦しい展開になり、メンバーも変えたが、得点できないまま試合は終了しました。


16位 C大阪が敗れましたので、15位VF甲府の順位は変わりませんが、-9点の得失点で、勝点1差の
C大阪との入れ替えはVF甲府が勝たなければ、即、降格圏です。


次節は、9月13日(土)、サガン鳥栖をホームに迎えての対戦です。何としても勝点3をプラスして貰いたく
思います、残り12試合あっと云う間に減って来ます、1試合ごと大事に戦って残留を必ず勝ち取ってください。


それがVF甲府の私達サポーターや、ファンを始め、応援する者全ての願いです。

 頑張れVF甲府! どんな時でも応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!( H-26-17 )  

日本列島、大気不安定な日が続いています。

先週の大雨により、土砂災害に襲われた広島をはじめ各県の被災者の皆様には心より、お見舞い
申し上げます。 又、災害により尊い命を落とされ方々には、心よりご冥福をお祈りいたします。


まだ、これから台風のシーズンとなりますが、どの地方でもけっして安心出来ない事を肝に銘じて
置かなくては、と思います。


さて、先日(8/25)は、8月最終の月曜日、新聞投稿短歌の掲載日でしたが、私の歌、18首にの中に
掲載されていました。


あと一歩で佳作となる5番目の掲載でしたが、これで今月も二回掲載されほっとした気分です。

山日文芸、短歌、三枝 昂之先生選の18首ですが、掲載された皆様の歌を目を通しますと、私の様に
自然を題材に詠んだ歌がとても少ない事が分り、自然詠を主としている私には少し寂しい気がしています。


でも、私は私、これからももっともっと、日本の自然、郷土の自然を題材に良い歌が創作できるように、
学んで行きたく思います。


では、今回掲載の一首です。

     ・ 次々と生命生まれるかのごとく夏雲盆地の四囲に湧き出る ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J1リーグ戦 VF甲府! またもホームでドローに、、、 

JIリーグ戦 第21節VF甲府!は、ホームでガンバ大阪との対戦でした。

風雨が心配されましたが、雨もなくまあまあの試合日和でした、山梨中銀スタジアムは12191人の
観客の中、お互い負けられない一戦が始まりました。


1IMG_3761_convert_20140824155604 対 G大阪  IMG_3773_convert_20140824155912 対 G大阪 2 IMG_3771_convert_20140824162233 対 G大阪 3


VF甲府、今節は先発メンバーの クリスティアーノをはずし、新メンバーに入れ替えての布陣、その結果が、
どうでるか?の試合でした、ゲームは、前半8分 ミスターVF 石原のシュートが見事に決まり先制、リードしての
展開としました、その後はG大阪のペースで進みましたが、VF甲府、得点を許さず、1:0 で、前半は終了。


IMG_3774_convert_20140824162541 対 G大阪 4 5IMG_3763_convert_20140824162848 対 G大阪  6 対 G大阪 



続く後半は、VF甲府、態勢が整わない内の3分、G大阪 FW宇佐美に見事なロングシュートを決められ、同点に、
その後、勢いを増したG大阪、22分にG大阪遠藤のフリーキックにVF甲府のジウシーニョの手が触れたとみなされ、
PKに、そのPKを遠藤に決められ、1:2 と逆転される。


しかし、このままでは終わらないVF甲府、粘り強く戦い、このまま勝点0 か?と思われた42分、
VFキャプテン山本がスーパーゴールと云えるロングシュートで、同点にし、さらに43分、VF甲府 阿部翔平が
Jリーグ 初得点を決め、3:2と勝ち越し、アデショナルタイム5分の中、我々サポーターもやっと勝点3を取れると、
一瞬思いましたが、甘かったです、、、、、


どうしても、負けられないG大阪、48分ロングパスをVFゴール前に詰めていたG大阪、パトリックがヘッドでおとし、それをG大阪、倉田がヘディングで決め、再び3:3の同点に、、、VF甲府! 惜しい所で勝点3が逃げ、勝点1となり
残り時間、集中してゴールを狙うも、得点はかなわず、3:3 のままドローとなり、ゲームを終えました。


7IMG_3779_convert_20140824163503 対 G大阪  8IMG_3784_convert_20140824163647 対 G大阪  IMG_3786_convert_20140824163912 対 G大阪 9



さあ、次節は8月30日(土)、アウェーで柏との対戦です。8月最後の試合、勝点3が取れぬまま8月を終える事のなきよう、良い試合を期待しています。

  頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

天皇杯サッカー VF甲府! 意地の16強へ  

サッカー 天皇杯全日本選手権、3回戦VF甲府はホームに兵庫県代表の関西学院大との対戦、
先制され苦しみながら後半終了間際の2得点で逆転! 2:1で勝利しました。


リーグ戦とは違い、観客数1951人のホームでの勝利、リーグ戦へと繋げて貰いたいと思います。

さて、試合は中2日でG大阪戦を迎える為、前節鹿島戦からの先発メンバーを8人入れ替えて臨み、
現在怪我で離脱している選手の多い中、新たな負傷者は出せない状況だが、そこはJ1の意地、
リスクを承知での戦いでした。


前半はホーム初先発のVFのFWイルファンがGKとの対決をはずし、クリスティアーノがPKチャンスを
生かせなく、相手にFKで先制される苦しい展開で前半は 、0:1のビハインドで終える。


後半も中々得点できなく、VF甲府は、山本、石原、盛田、と主力メンバーを投入、この3人の交代により、
42分、石原のクロスをクリスティアーノが滑り込みながら右足で合わせ、同点とし、その1分後、やはり
石原のクロスを盛田がヘディングシュート、そのこぼれ球に反応したVF MF稲垣がプロ初得点となる
ゴールで逆転に成功、この終了間際の得点により、VF甲府! 天皇杯16強入りを果たした。


関学大は大学生とは言え、2回戦でJ1ヴィッセル神戸を破り、勢いの有るチーム、VF甲府、負けるわけには
いかない戦いでギリギリとは言え、勝ちは勝ち、4回戦はJ1横浜Mを破ったJ2北九州との対戦となる、一つづつ
勝ちを重ねて、もっともっと自信をつけてリーグ戦にのぞんでもらいたく思います。


 そのリーグ戦、第21節は来る23日の土曜日、ホームでのG大阪戦、もちろんスタンドでの応援です。
       
     頑張れ、VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

VF甲府!アウェーにて鹿島アントラーズに惜敗  

Jリーグ第20節、VF甲府は鹿島アントラーズと、アウェーでの試合でした。

中断後の5試合で4分け1敗、と試合に勝っていないVF甲府! 今節は何としても勝点3が欲しい一戦、
対する鹿島もこの試合に勝って、上位を狙える位置に順位を上げたいゲームでましてホーム、やはり
負けられない戦い、、、、


ゲームは始めから意外な展開になりました。
開始早々、鹿島のロングボールのクリアーボールをVF甲府が処理できなく、そのこぼれ球を鹿島FW柴崎に
拾われ、35メートルの距離からの柴崎の右足のシュートがVF甲府のゴールに吸い込まれ、GK荻も触れられなく、
スーパーゴールが開始19秒で決まってしまい、VF甲府、早々に追う展開となりました。


その後、VFもクリスティアーノのクロスにフリーとなっていたジウシーニョがヘッドで合わせるも、ゴール上に、
それ、その上、VF福田が足を痛め、途中交代となり、1点を追うVF甲府と、追加点を狙う、鹿島の攻防は
続くが互いに得点はならず、0:1のまま前半は終了する。


続く後半はVF甲府が主導でゲームを進めるが、やはり得点は出来なく、交代で入ったMF下田が2回の
得点チャンスのシュートもあいてGKに阻まれ、同点ゴールは奪えず、又、相手鹿島にも追加点チャンスも
有ったが、VF甲府GK荻、のセーブにより得点させず、スコア―は0:1のまま、動かず、、、
結果、開始19秒の鹿島柴崎のゴールが決勝点となり、VF甲府!鹿島に惜敗となりました。


順位はかろうじて、15位となっていますが、もう降格圏です、この位置を抜け出るには連勝するほかありません。

さあ、次節はホームで8月23日(土)ガンバ大阪戦です、前対戦の雪辱を晴らし、勝点3をプラスしてください。

     ホームはスタンドで応援します、頑張れ!VF甲府”

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

J1 VF甲府!ホームで ベガルタ仙台とドロー  

J1リーグ第19節、VF甲府!は台風による風雨の心配される中、ホームにベガルタ仙台を迎えての
対戦でした。


仙台13位、VF甲府14位、と降格圏ギリギリに位置する両チーム、どちらもこの試合に勝って、勝点3を
上乗せし、下位脱出を図りたい一戦でした。


     1IMG_3729_convert_20140811091222 対 仙台      IMG_3731_convert_20140811091524 対 仙台 2

心配された雨も時たま小雨が舞う程度の中、開始されたゲーム、立ち上がりは、仙台のペースで甲府の
パスミスも目立ち、ボールの支配による厚みのある攻撃で甲府ゴールに迫るも、精度を欠き、得点には
結びつかなく、その内、徐々に甲府ペースになるが、やはり、得点までいかなく 0:0 のまま前半は終了、、、


     IMG_3750_convert_20140811092643 対 仙台 6     IMG_3747_convert_20140811092410 対 仙台 5

続く後半も、VF甲府!の攻撃が活性化するが、得点チャンスを生かせなく、ゴールを奪えない、相手仙台も
新戦力のMFの野沢、やハモンロペスを投入するも、一進一退の攻防が続き、時に、両チーム共、あわや得点、
と云うチャンスも有ったが、お互いGKの攻守に阻まれ、中断明けからの勝利に見放されている両チームの
対戦はスコアレスドローで終了となりました。


     IMG_3738_convert_20140811091806 対 仙台 3     IMG_3737_convert_20140811092030 対 仙台 4

今節のVFホーム、入場者数、8523人と、悪天候の予報の為か少なかったが、花火などの打ち上げも有り、
夏の夜の一時、ゲームを楽しみました。 なお、試合終了後に大粒の雨が降り出し、前節、徳島の様なピッチで
無く試合が出来、選手もやりやすかったと思いました。


次節VF甲府!は、8月16日(土)アウェーにて鹿島アントラーズとの対戦です。 第一節国立で0:4と大敗しているチーム、今節でぜひ、雪辱を果たして、貰いたく思います。

 頑張れVF甲府! 応援しています。




category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

久し振りのギャラリー巡り!  

昨年の11月を最後に、ブログの更新のペースを落とし、気ままに、細々と続けてまいりましたこの、
オヤジのダイアリー 趣味いろいろ  現在は、スポーツ(サッカーVF甲府!関連) 文芸(新聞投稿短歌)
だけの記事の更新(それも数少なく)になっています。


従来の私の趣味の多くを占めていた美術関係は、自分でも絵を描かなくなった事もありますが、
多くの作家から、個展、グループ展等、案内状を頂いても、行けない事が多く、失礼している状況であり、
ブログでの紹介も控えていました。


しかし、根っからの好きな絵画等、美術関係、時間を見つけて少しづつ、又ギャラリー巡りを再開しようと
考えました。


まず、始めは7月30日(水)から8月10日(日)まで開催の 日中交流美術展2014山梨 展に行きました。

    1IMG_3727_convert_20140806095710 美術 

山梨作家作品の会場、甲府市総合市民会館は、1階多目的室と、2階展示室に県内作家の作品の多くが
展示され、相変わらず見ごたえの有る作品が多く展示されていました。


又、甲府駅北口の藤村記念館、そして、同じく北口の甲州夢小路、明治館ギャラリーには。、上海作家の
作品と、山梨、貴州、上海作家の小作品が展示が有り、日中両国のほんの一部の作家の作品でも、一緒に
並んで展示され、芸術には、国境はない事が改めて認識されました。
 まだ、他にも展示会場が有りますが、時間の関係で失礼する事にしました。


次に8月3日(日)北杜市長坂町で開催されている二名の作家の個展に伺いました。

     IMG_3728_convert_20140806100047 美術 2

始めは、長坂町小荒間の 平山 郁夫 シルクロード美術館に隣接された 亜絲花3階ギャラリーでの
深澤 修 個展です。


和紙造形の作家、深沢さんの和紙クラフトの作品、八ヶ岳山麓の工房での創作作品はまさに自然を
漉きこんだ現代アート作品でした。


又、同じ長坂町長坂上条、おいでやギャラリーでは、志村 佳子個展が開催されていました。

布を使用した造形で、色、柄、のカラフルな衣裳をモチーフに、作家の表現したい物をアピールした
現代アート作品でした。
 なお、白い布を使用した作品は、映像での展示も有り、作品の製作過程がスクリーンに映し出される
内容となっていました。


各会場では、それぞれの作家とも話してきて、久しぶりの藝術鑑賞、心地よい一時でした。

以上、次はいつになるか、分りませんが、スポーツ、文芸、ばかりでなく、たまには美術の関しての
更新も行っていこうと思う 夏の一日でした。
     

category: 美術

TB: 0    CM: 0   

新聞投稿短歌!( H-26-16 )  

暑い暑いと云っている内、8月はもう4日になります。
7日には立秋になるとか、、、季節の移り変わりが早く感じられます。


最近、何が原因か分りませんが、世相も気候も以前とは比較にならぬ程変化しています。

世相は従来の方法や、決まり事を変えようとする大きな力が動き、我々凡人には理解しがたい
状況でも、従わなくてはならないのか? 考えてしまいます。


気候も、冬には近年にない大雪に見舞われたり、大雨、突風、竜巻など、何十年ぶり、と云われる程、
異常気象が起こっています。


こうした事に一喜一憂する人間なんて、ちっぽけな存在なんだ、と、つくづく思います。

さて、今日は8月4日(月)新聞投稿短歌の掲載日でした。
7月は秀作掲載の有ったものの、後が続かなく終わり、今日8月最初の月曜日、私の作品、
佳作として選ばれていました。


今の世相を私なりに危惧した歌です。

      ・ 責任は私が負うと豪語していざとなったら職を辞すだけ ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

サッカーJ1リーグ戦 VF甲府!アウェーで徳島とドロー   

第18節VF甲府!は折からの台風で、大雨警報や、避難勧告の出ている所もある徳島での
アウェーでの対決でした。


3594人と非常に少ない観客数ではあるが、降りしきる雨の中、ポカリスェットスタジアムでの
降格圏内の16位と、18位の試合、見ごたえの有る試合の展開でした。


ゲームは開始早々からチャンスを作ったのはVF甲府で、クリスティアーノからのボールをDF佐々木が
頭で合わせ、ゴールか、と思われたが、ボールはポストに弾かれ、先制のチャンスを逃し、又、FW、
クリスティアーノ、MF新井のシュートも相手GKのセーブに合い、先制点は取れない。


すると、31分、徳島MF濱田からのスルーパスをFW高崎に決められ、先制点は徳島に、しかし、44分
VF甲府はセットプレーからDF青山のスライディングシュートが決まり、同点とする、そのまま前半は1:1で
終了と思われたが、アデショナルタイムに徳島MF佐々木のクロスをVF甲府、クリアしたがこぼれ球を濱田に
蹴り込まれ、1:2とされ前半は終了となる。


後半は、VF甲府が主導権を握り、徳島ゴールに攻め込み、17分甲府 阿部 翔のキックから、FW阿部 拓が
PA内で中にボールをだし、フリーになっていたクリスティアーノが落ち着いて蹴り込み、2:2 の同点とし、
その後、スコア―は両チーム共、動かせずドローとなって試合終了となった。


これで、VF甲府!はC大阪、広島、に続き、3戦ドローとし、徳島は今季初めての2戦負けなしとなった。

次節VF甲府は、8月9日(土)ホームに仙台を迎えての対戦です、この試合も勝点のプラスを期待します。

  頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード