FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

新聞投稿短歌!(H  - 26 - 23)    

10月27日(月)、先日の月曜日は新聞投稿短歌!の掲載日でした。

10月は月曜日が4回あり、幸いにも私の短歌、4回とも掲載され9月の最終月曜日から5回連続掲載と
いう事になりました。


小さい県の地方紙、山梨日日新聞、文芸欄、短歌・三枝 昂之先生選に投稿していますが、毎回、18首が
選ばれ、秀作1首、佳作3首とあとは入選として掲載されます。


この短歌欄は二人の選者ですが、三枝先生選に投稿している方は、掲載された方だけでも年間100名強ほど
居られます。 その方たちすべてが、毎回投稿しているとは限りませんが、1回の投稿は5首以内でPCからの投稿も
良となっています。


私は当初から、はがきに3首記載と決めて投稿していますが、1週間のうちに、投稿できるような歌を詠む事が
出来るか?がカギになっております。


私の知っている範囲の投稿している方たちは1回5首投稿の方が多いようです。
いつも、短歌の事が頭にあるのでしょうか、1週間に5首はなかなかの作業ですが、それで選ばれる作品が、
出来る事は大変素晴らしい事と思っています。


私も目標は1か月2回掲載ですが、調子の良い月も悪い月もあり、思うようにはいきませんが、今年はすでに
23回掲載され、あと1回で目標達成となります、その先、何回伸ばせるか、挑戦を続けたく思います。


今回は私の趣味、の、新聞投稿短歌の事について、記載しました。

   では、今回掲載の1首です。
       
        ・ 濁流に押し倒されても川岸の泥の中から立ち上がる葦 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J1 VF甲府!ホームで3位、川崎フロンターレに逆転勝ち  

J1リーグ、第30節は、10月26日(日)19:00から VF甲府 対 川崎フロンターレ戦が、VFホーム
山梨中銀スタジアムにおいて開催されました。


 1IMG_3897_convert_20141027102044 対 川崎  IMG_3903_convert_20141027102352 対 川崎 2 3IMG_3916_convert_20141027103633 対 川崎 


時折小雨の舞う天候のナイターで、10536人の両チームのサポーターやファンがこの一戦の行方を
見守りました。


試合はこのゲームに勝ってJ1リーグ優勝をも狙う川崎が、開始16分レナトのスーパーゴールで先制点を
手中にし、VF甲府は0:1とリードされます、今までなら先制点を取られた試合は得点力不足から、勝てない
試合が多かったので、この先制点は、相手が勢い付きVFサポーターとしては嫌な出だしでした。


しかし、今節のVF甲府は違いました。度重なる川崎の攻撃を冷静な守備力で守り、外人助っ人でなく、
日本人だけの、盛田、石原、阿部(拓)、の3人の攻撃陣を機能させ、次々と川崎ゴールを狙い27分、
クロスの連携から、阿部(拓)が冷静なゴールを決め、1:1 の同点に戻しました。
阿部は、VF移籍後、またJ1での初得点で貴重な得点を挙げ、前半はこのまま 1:1 で終了しました。


 IMG_3898_convert_20141027103405 対 川崎 4 5IMG_3912_convert_20141027103923 対 川崎  IMG_3908_convert_20141027104211 対 川崎 6


続く後半、両チームとも惜しいシーンもありましたが、中々得点に結びつきません。
特にVFの6分、マルキーニョス、パラナのクロスに盛田がヘディングであわせ枠外にはずれ、12分には
相手ゴール前の混戦から、阿部(拓)がヘッドで押し込み、2点目か?と思われたがオフサイドの判定で、
幻に、、、


その後も、リズム良く相手ゴールに攻め込むVF甲府、36分に得たセットプレーに、キャプテン山本からの
フリーキックをVF佐々木が体ごと飛び込む気迫のヘッドで決め、2:1 と逆転に成功、そのまま、川崎の
反撃を堅い守備で守り抜き、ホームでの勝ち点3を獲得して試合終了となりました。


結果、今節は、仙台、大宮、清水、が負けたため、その3チームを飛び超し13位と順位を上げ、
とりあえず降格圏は脱出することになりました。


次節は11月2日(日)13:00からアウェーで17位、セレッソ大阪との戦いとなります、13位から17位まで、
勝ち点差は少なく、一試合の結果により、順位が入れ替わります、VF甲府も連勝して、この位置から抜け出す
試合をし、勝ち点のプラスを期待します。


     頑張れ”VF甲府! 応援しています。



category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

VF甲府!アウェーで 首位 浦和レッズ戦 ドロー    

J1リーグ第29節、VF甲府!は埼玉スタジアム2002においてリーグトップの浦和レッズと対戦、
10本のシュートをあびるもGK荻 を中心とした守備陣の働きでゴールを許さず、前節 新潟戦と同じく
スコアレスドローに終わりました。


折からの降りしきる雨の中、19977人(うちVF500人くらい)の熱烈なサポーター、特に浦和の赤は
スタンドを埋め尽くし、異様な雰囲気のゲーム開始でしたが、J1優勝に向けて、また、公式戦1000試合目と
なるメモリアルゲームの浦和レッズ、ホームでのこの試合、けっして負けられないとの意気込みで臨んで
来ましたが、我がVF甲府は5バックでの守備を固め、浦和に思うような攻撃はさせないまま、ゲームは進行し、
VF甲府も相手のすきを見て、キリノ、阿部(拓)にゴールを狙わせるが得点まで行かず、前半 0:0 で終了、、、


続く後半はVF甲府、前半途中で負傷で交代したキリノに替り入った盛田を軸に攻撃を仕掛けますが、得点に
至らず、後半ロスタイムに入り、VF甲府はビックチャンスが生まれ、相手GKと1対1となったVFクリスティアーノ
がゴールを狙うが、ボールは枠の左にそれ、得点ならず、最大の得点チャンスを逃し、勝ち点3が逃げ、
勝ち点1のドローで試合終了となりました。


やはり得点力不足と言わざるを得ません。

結果、残留を争う清水が新潟にロスタイムに劇的な勝利を収めたので、VF甲府と順位が入れ替わり、
清水15位、VF甲府16位、と降格圏に再び落ちることになりました。


しかし、13位仙台から17位C大阪まで、勝ち点3以内のチームが5チーム、一試合ごと気の抜けない
試合となります。 とにかくあと5試合、VF甲府も早く勝ち点3が欲しい試合が厳しくも続きます。


次節はこの26日(日)19時よりホームに今好調の川崎フロンターレを迎えての試合です。
VF甲府!、ホームでの勝ち点3をサポーターの前でぜひ、獲得してください。


   頑張れ”VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!(H  - 26 - 22)   

今年の2月半ばに降った大雪で、我が家のカーポートが倒壊し、息子の車が被害にあった事は、
このブログでも記事として載せましたが車はともかく、カーポートはすぐに発注依頼したのですが、
材料不足、職人不足、とかで、半年過ぎてもやってもらえず、また、雪の季節になってしまうと、心配して
居たところ、この10月になってやっと工事が始まり、先日完成しました。


以前のものより、強度の有るものにしたので、山梨ではめったに無いあのような大雪にも、今度は耐え
られると考えています。


さて、昨日はそのカーポートにセンサーを取り付けたりして、作業の多い一日でした、それに夜は趣味の
クロダイ釣りの仲間との飲み会だったりして、、、、、


こうして、一日々が過ぎていくのだと思い、○○歳最後の日をこんなふうに過ごせることを幸せと感じました。

ところで、昨日は今月3回目の月曜日、新聞投稿短歌の掲載日でした、いつものように山日新聞 文芸欄
短歌、を開きますと、私の歌、今回も18首の中に掲載されていました。
やはり掲載されますと、これからの励みになります。


 では、今回掲載の一首です。

     ・ 秋空に浮ぶ風船行き先は我が青春の心に似ている ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

VF甲府!アウェー アルビレックス新潟戦 ドロー   

J1リーグ、第28節 VF甲府!は、アウェーのビックスワンスタジアムにて、アルビレックス新潟と戦いました。

この両チーム、いずれも先制点を挙げると負けのないチーム、どちらも一歩も引かない戦いで、川中島ダービー
にふさわしい一戦となりました。


VF甲府は敵陣での戦いで、21964人の観客の中、21000人を超す新潟のサポーターの応援にもひるまず、
レオシルバを中心とする相手の攻撃にもVF甲府山本キャプテンを中心に完璧な守備で対応し、そして、
前線のキリノ、阿部(拓)、河本の3人へのロングボールからの相手陣内への攻撃と、攻守にバランス良く
戦いましたが、失点もないが、得点もできなく、0:0 のドローで試合終了となり、勝ち点1を確保の結果でした。


順位が14位のVF甲府ですが、勝ち点1をプラスしたものの、15位大宮が、F東京に勝利したため、順位が
入れ替わり、15位に落ち、そのうえ、19:00 からの C大阪:鳥栖の試合でもし、C大阪が勝利すると、
得失点差で、16位の降格圏に落ちることになります。 (追記・C大阪:鳥栖 の試合、鳥栖が勝ったため、VF
甲府は順位15位となりました。)


他チームの勝ち負けの結果ではなく、自力での勝ち点3がほしかった今日のゲームでした。

しかし、降格圏に入ったとしても、一試合でも勝てば、お互い順位が入れ替わる14位以下のチーム、
次節のVF甲府!の試合に期待します。


VF甲府!次節は、10月22日(水)19:00からアウェーで首位の浦和レッズとの戦いです。
スタンドを真っ赤にして応援する浦和サポーター目の前で、何とか勝ち点3を獲得することを期待しています。


    頑張れ”VF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!(H  - 26 - 21)  

先週は台風18号、今週は台風19号、連続して大型台風の襲来ですね。

木曽の御嶽山の噴火、そして台風、自然災害に対しては無力の人間を感じます。

いずれにしても、不幸にして被害、災害に合われた方々には心からお見舞い申し上げます。

今日になり、台風もなんとかおさまった山梨ですが、これからの季節は山梨にとって秋の観光のシーズン、
そして山々の紅葉、や、ぶどう狩り等、観光客でにぎわいます。 昨日もあの雨の中、河口湖や、
富士山の入り口、富士吉田市のギャラリーに行ってきましたが、結構観光客が来ていました、
残念ながら富士山は少しも姿を見せませんでしたが、湖畔で写真などを撮る観光客の姿を見かけました。


さて、本題です、昨日は10月の2回目の月曜日、地方紙山梨日日新聞ですが、新聞投稿短歌の掲載日
でした。 今回も私の投稿短歌、18首の中、掲載されていました。ちょうど真ん中あたりの掲載でした。


まあ、投稿して掲載されるとうれしいものです。 今の私の最大の楽しみかも知れません。

  では、昨日掲載の一首です。

       ・ 今の時季湘南方面良いですねもどりがつおのたたきが旨い ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

新聞投稿短歌! ( H-26-20 )  

昨日は10月6日、10月最初の月曜日でした。

5日(日)から6日(月)にかけての台風18号の影響で、被害にあった地方の皆様には心より
お見舞い申し上げます。


幸い、私の住む甲府市は雨による被害もあまり大きくなく済んだ様子で一安心といったところでしょうか。

さて、月曜日といえば、私の趣味の新聞投稿短歌の掲載日、6日の朝は台風の雨も気になりましたが、
新聞の文芸欄も気になっていました。


そして、雨でぬれないようにビニール袋に入った新聞を取り出して初めに文芸欄を開きますと、
私の短歌、今回も掲載18首の中にありました、上位4首には入れませんが、8番目の掲載でまあまあと、
いったところでした。


投稿3首のうち、あまり自信のない歌でしたが、こうした歌も良いのかな?なんて思っています。

では、今回掲載の一首です。
       
         ・ 御返しは考えないでと云われてもやはり気になる本音の部分 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

VF甲府!ホームで大宮アルディージャに惜敗  

Jリーグ第27節、VF甲府!は、ホーム中銀スタジアムでの雨中の戦い、降格圏ライバルの
大宮アルディージャに0:1で敗れました。


試合は、17:00 キックオフで始まり、大宮の両サイドからの攻撃が迫力ある展開、再三VFゴールに
迫るも、VF甲府の素早い対応で、得点には結びつかなく、やや、一進一退のままゲームが進み、お互い、
シュート数も伸びないまま、0:0 で 前半は終了する。


そして、後半6分、ゲームが動く、大宮が、甲府のパスミスを見逃さず、家長のクロスからFWズラタンが、
前節対清水戦に続く連続ゴールを挙げ、甲府は0:1と痛い先制とされ、その後、VF甲府も果敢な攻撃を
仕掛けるが、今までの大宮と違う堅い守りで甲府の得点を許さず、1点を守り抜き、残留争いのライバル
VF甲府から勝ち点3 を奪うことに成功した。


結果、ベガルタ仙台が勝って、順位を13位に上げ、勝ち点29、となり、VF甲府は順位を一つ落として、
14位、勝ち点28 のままとなった。


しかし、清水も勝ち、大宮も勝ったので、甲府、大宮、清水が14位15位16位と、勝ち点28で並ぶ事になり、
ますます残留争いが、混沌としてきて、これからの残り7試合、どのチームも勝ち点にこだわる大事な
試合となり、気の抜けない状態が続くことになった。


VF甲府!次節はアウェー新潟戦を10月18日(土)15:00開始で戦います。
川中島ダービー第3節はホームで引き分けでしたが、次節は何とか勝ち点3を手中にしてください。


    頑張れ” VF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード