FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

VF甲府!ホーム最終戦 FC東京とドロー でした。  

J1リーグ、第33節、VF甲府!はホームにFC東京を迎えての対戦でした。
今季ホームでの最終戦となるこの日、午前中は雨模様で心配されましたが、午後は晴天となり、
最高のサッカー日和となりました。


 1IMG_3942_convert_20141130114224 対FC東京  2IMG_3941_convert_20141130114804 対FC東京  3IMG_3954_convert_20141130115059 対FC東京 


特にこの日はすでに前節にJ1残留を決めているVF甲府!、あと残り2試合での勝ち点の積み上げによる
順位を上げるためにも今日も負けられない試合でもあり、その上、3年間、この地方の弱小チームを率いて
J2無敗記録、J2優勝、そして、J13季連続残留、と素晴らしい成果を残し、勇退する城福 浩監督のホーム
山梨中銀スタジアム最後のゲームとあって、小瀬スポーツ公園はフラッグを持ったサポーターが監督、選手の
乗ったチームバスを早くから待っていて、スタジアム周辺はすでに試合前から大変な盛り上がりを見せています。


 4IMG_3932_convert_20141130115603 対FC東京  5IMG_3933_convert_20141130115935 対FC東京  6IMG_3936_convert_20141130120246 対FC東京 


入場者数、15071人、と今季最高となった観客のもと、試合は開始されましたが、数多くのタレント選手を
揃えたFC東京を相手にVF甲府は一歩も引かず、むしろ優勢に試合を進め、果敢な攻撃と、堅い守備をいかん
なく発揮し、あのFC東京をシュート数、3本に抑え、攻撃を思うようにさせませんでしたが、VF甲府も10本の
シュートを放ちましたが、残念ながら得点に結びつかなく、両チームとも、ノーゴールで0:0のドローに終わりました。


 7IMG_3946_convert_20141130120620 対FC東京  8IMG_3943_convert_20141130120944 対FC東京  9IMG_3947_convert_20141130121413 対FC東京 


なお、この試合で、すでに今季で退団の決まっている、MF水野 晃樹選手(元日本代表)が、けがに泣かされた
VF甲府での最後のホームで先発し、果敢にせめ、躍動する姿は特に忘れられなく、来季どこのチームに行っても、
けがなく、活躍してくれるよう祈りたく思いました。


0:0 のドローに終わったこの試合、ホーム最終戦とあって、ゲーム終了後、VF甲府チーム関係者による、
サポーターの前でのセレモニーが行われ、VF甲府輿水社長、城福監督、山本キャプテンが、それぞれ、
挨拶をし、その後、皆でスタンドを一周し、観客に感謝を表しました。FC東京のサポーターも残り、去りゆく
城福監督をVF甲府サポーターとともに見送り名残を惜しみました


 10IMG_3952_convert_20141130122329 対FC東京  11IMG_3956_convert_20141130194144 対FC東京  12IMG_3959_convert_20141130194429 対FC東京 


とにかく城福監督は、VF甲府に新しい歴史を残してくれた素晴らしい監督でした、われらのVF甲府を去る事は
サポーターとしても非常に残念ではありますが、これからの日本のサッカー界をリードしてゆける監督、いつまでも
VF甲府!に、しばりつけておくわけにもいかなく、VFフロントも苦渋の決断で送り出したと聞きます。


これからのVF甲府!も、城福監督の教えを継承し、J1の上位を目指して、恩に報いてもらいたく思います。

 ありがとう 城福監督! これからのご活躍を祈ります。

あと残り1試合、城福監督VF最後の試合を勝利で飾り、勇退に花を添えるよう頑張ってください、応援しています。





 

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

VF甲府!ホームでサンフレッチェ広島に快勝 J1残留を決める  

J1リーグ戦、第32節 対広島戦、VF甲府!やりました、2:0 の完封で勝利し、勝ち点3を獲得し、
第28節、新潟戦以来5戦負けなしの進撃です、それも川崎(2:1) C大阪(3:1) 広島(2:0)と、
3連勝で、勝ち点を39とし、他の残留を争うチームの成績を待つての、残留決定の位置を確保できました。


11月22日(土)、天気も最高、午後2時キックオフの小瀬、山梨中銀スタジアム、3時間前に会場に行ったのに、
われらサポーターの入場口、すでに長蛇の列、やっとスタンドに入ると、思う席にはすでに席取りのしるし、
無理もない、14000人を最終的に超える観客数、遠く広島からのサポーターも大勢駆け付けていますが、
何と言ってもVF甲府のサポーター、各席に用意された青、赤の応援プラカード、での応援を今か、今かと
試合開始を待っています。


 1IMG_3918_convert_20141122183333 第32節 対広島  2IMG_3924_convert_20141122183654 第32節 対広島  3IMG_3927_convert_20141122183941 第32節 対広島 


私のブログ更新が遅れたため、試合内容については細かく掲載しませんが、とにかくあの広島に 2:0 の快勝、試合後、勝利の余韻に浸る間も惜しみ、遅れて、17時からの残留を争う他チームの試合が気になり、家での観戦、
特に、仙台対C大阪 大宮対柏 清水対名古屋 の3試合は試合の行方が気になり、目が離せませんでした。


結果、仙台と、C大阪が引き分け、大宮が柏に敗れたので、16位大宮、17位C大阪が、残り2試合で勝ち点6を
積み上げても、VF甲府!勝ち点39に追いつけず、VF甲府!の残留がこの時点で確定し、あと2試合残し、
初めてのJ1 2期連続の残留が決まりました。


おめでとう!VF甲府! 選手の皆さん!城福監督!スタッフの皆さん、スポンサーをはじめVFに関わる全ての皆さん、それに、いつも変わらず熱い応援をするサポーターの皆さん、 ともに祝杯です。

今季も残り2試合、ホームでのFC東京戦、最後はアウェ-清水戦、力を抜かずこの2試合も勝ち点のプラスを
期待しています。


最後に広島戦のスタンド風景を紹介して、VF甲府!J1残留決定の喜びの記事とします。

 4IMG_3929_convert_20141122184230 第32節 対広島  5IMG_3925_convert_20141122184458 第32節 対広島  6IMG_3928_convert_20141122184732 第32節 対広島 

 
    おめでとうVF甲府!これからもずっと応援します。


category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!(H  - 26 - 24)     

私が趣味としている新聞投稿短歌!ですが、10月は毎週掲載されていました、 しかし、11月になり、
第1週、第2週ともに掲載はなく、少しさびしい思いをしておりました。


短歌の創作にも、体調、気分、忙しさ、など、やはり言葉を考えるうえで大切な要素となることが良く分かります。

バイオリズムの不調の時は何をやっても思うように行かないので、こうした時はあせらず、回復を待つことが
必要かも知れません。


こうした中、本日11月17日(月) 山日新聞、文芸欄、短歌に私の歌、今回は掲載されていました。

これで、今年の掲載回数24回となり、月2回の目標は何とか達成となり、ひとまず、ほっとしたところです。

今年もあと3~4回しか掲載日がなく終わりますが、又、何回か掲載されるような歌が詠めれば良いな、と
思っています。


では、今回掲載された一首です。

      ・ この年もこれが最後と秋茄子が友より届く甲斐の晩秋 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

VF甲府!アウェーでC大阪に逆転勝利  

J1リーグ第31節、VF甲府は、大阪ヤンマースタジアム長居においてアウェー セレッソ大阪と
対戦しました。


現在17位の降格圏に沈むC大阪、13位のVF甲府の戦いですが、残留争い(勝ち点3)の中での
大事な試合、今節は他チーム3チーム、の戦いも気になりますが、勝敗によっては、順位が逆転
されます。


VF甲府としても、何としても勝ち点3が欲しく、最低でも勝ち点1が欲しい試合です。

試合は23378人と入場した、セレッソのホームスタンド、先制はセレッソでした。
前半25分VFのミスパスをC大阪の酒本にカットされそのボールをVFが最も気を付けないといけない
カカウにつながれ、上手く決められ 0:1 とされます。


しかしVFもその後も冷静にゲームを進め、何回かの得点チャンスはあったものの、決められず、前半は
0:1 のまま終了、、、


後半は、ややVF甲府のペースで試合は進み、17分VF石原のFKを盛田がヘッドで相手GKの頭を超すシュートで
同点に追いつき、同25分にはVF阿部拓馬が相手ぺナルテイーエリアで倒されてPKを獲得し、キャプテン山本が
落ち着いて決めて、 2:1 と勝ち越し、その2分後にはクリスティアーノのクロスに相手DFが足でカットしたが、そのこぼれ球をゴール横に詰めていた、VF保坂が今季初得点を決め、 3:1 とリードを広げ、C大阪の反撃も及ばなく、そのまま試合終了となった。


ホームで逆転負けしたC大阪は、降格圏の17位を抜け出すことは今節ではできなく、結果、VF甲府!は
勝ち点36として、得失点もー6としたアウェーでの大きな勝利を得ました。


次節は20日後の11月22日(土)、ホームで広島との対決です、ホームでサポーターの応援を背にぜひ、
勝ち点をプラスして、残留を一日でも早く、確定させてもらいたく思います。


       頑張れ”VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 5   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード