FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

J1リーグ戦 第8節 VF甲府!ホームで首位、浦和レッズに敗戦    

J1 第8節、VF甲府!は、ホームにて浦和レッズとの対戦でした。

1IMG_4089_convert_20150430104145 第8節 対浦和戦  IMG_4088_convert_20150430104609 第8節 対浦和戦 2 3IMG_4106_convert_20150430104826 第8節 対浦和戦 


現在首位の浦和に対して、最下位甲府の挑戦でしたが、残念ながら、0:2 で敗れました。

例年東京国立競技場で、VF甲府のホーム戦として、開催されていたゲーム、国立が改修中なので、
9年ぶりの小瀬での開催となり、今季、連敗中のVF甲府ですが、13708人の観客で、浦和の赤い集団の
サポーター達に負けずに青い集団として、熱い応援をして、両サポーターともにゲームを盛り上げました。

4IMG_4086_convert_20150430105127 第8節 対浦和戦  5IMG_4094_convert_20150430105348 第8節 対浦和戦  6IMG_4093_convert_20150430105602 第8節 対浦和戦 


試合は、前半、守備を固めて少ないチャンスを攻撃につなげようとするVF甲府、浦和にボールは支配されるが、
守備から奪ったボールでのロングパスなど、前線を狙っての戦術、最近のVFより、明るさの見える戦いでした。

前半は、0:0 のスコアレスドローで終了でしたが、後半に期待を抱かせるゲームであったと思います。

そして後半、相手浦和もこのままでは居りません。戦術を変えて、FW 李 忠成 を投入してきました、
これに対して、VFは守備を固めるためか? スピードに乗った攻撃で得点の可能性があり、前半のゲームで
VF唯一の得点期待の有った FW 松本を MF 稲垣に代えました。

そこから相手の思うつぼとなり、ボールをコントロールされてつながれ、浦和の攻撃に、VFは守備体制になり、
攻撃に切り替えられず、29分、左サイドに流れたロングボールを浦和の梅﨑に角度の無い所からきっちり
左足シュートで決められ、0:1 とされてしまいます、攻め込まれるばかりのVF甲府、34分には自陣ペナルティー
エリア内で、ボールの処理を誤り、思わず相手を倒してしまいPKを取られ、一度は GK 荻 が ズラタンのボールを止めるが、そのこぼれ球をズラタン自ら決められ、0:2 とされます。

防戦一方のVF甲府、やっと調子の上がらない FW アドレアーノを替え、若手の MF 伊東純也、そして、
同じく MF 堀米 勇輝 を投入、攻撃の活性化を図るが、3度ほどの得点チャンスをものにできなく、
時間のあまりない中での二人の健闘むなしく、0:2で敗戦となりました。

素人ながら思ったことは、監督には、相手の意表を突く早期交替の決断、選手には、昨日の 清水:山形戦に
見られた、清水に3点リードされた山形が、後半最後の10分の間に3点を取り返し、3:3のドローに持ち込んだ、
その勝利にこだわる執念?がVF甲府の選手に欲しいところだと思いました。

しかし、今回の負けは相手が首位浦和だったとしても、前半のように昨季のVFが戻ってきたような試合運び、
で、善戦した事は残り試合に少しは希望が持て、前を向ける内容だったと思えましたので、今後を期待しましょう。

次は中2日の5月2日(土)アウェーで鹿島アントラーズ戦です、厳しい戦いが続きますが、納得できる試合を、
そして勝ち点をプラスしてください。

  頑張れ”VF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

J1VF甲府!第7節 アウェーで川崎に完敗    

昨日、J1リーグ戦 第7節、VF甲府!はアウェー、等々力陸上競技場において 川崎フロンターレとの対戦でした。

このところリーグ戦4連敗と続いていて、今季開幕から1勝しかしていないVF甲府、しかも、得点も2点だけ、と、
また、失点は12点で、ともにリーグ最下位に位置しています。


今日の試合は、先日のナビスコ杯、新潟戦で少しは希望の見えた試合だっただけに、相手は強いが、
失点が少しでも抑えられれば、得点のチャンスも生まれ、引き分けでも良いから、勝ち点が欲しいゲーム
で、次節につながると思って居たのですが、ちょっとしたミスにより、また得点を加算され、3失点。
おまけに得点は0、前節と同じ0:3での敗戦でした。


昨季の得点は少ないが、失点の少ない守備のVF甲府!はいったいどこに行ってしまったのか?
監督と、メンバーが多少変わっただけなのに、サッカーとは難しいスポーツなんだと、いまさらですが思います。


16953人の入場者、そのうち約900人はVF甲府のサポーター、アウェーまで駆け付けたVF甲府の熱心な
サポーターのためにも、またスカパーなどで観戦しているわれらサポーターの気持ちなども熱くさせてくれる
試合内容であって欲しかった、と思います。


とにかく、負けは負け、選手もサポーターも、下を向いている暇は有りません、次節に向けてチームの
立て直しを考え、ともに喜び合える時が早く来るよう頑張ってもらいたいと思います。


欲を言えば、VF甲府も、ガンバの宇佐美、鳥栖の豊田、川崎の大久保、等、何が何でも、得点するんだ、という
覇気のあるFWが一人でもいれば、チームも変わると思うのですが、思うようにはいきませんね。


次節は4月29日(水、祝)19:00からホームにて、首位浦和レッズ、との戦い、最下位VF甲府はどう戦うのか、
興味深い試合です、ホームでの試合、良く戦った!と、思えるような試合を期待し、スタンドで応援します。


   頑張れ” VF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 4   

ナビスコ杯!予選第4節、VF甲府!ホームで新潟とドロー  

今季のVF甲府! 期待されてはいましたが、中々結果を出す事が出来なく、リーグ戦、カップ戦、ともに
最下位に低迷しており、公式戦6連敗となかなか勝てなく、引き分けもないので勝ち点の積み上げもなく、
まさに泥沼状態に陥っています。


こうした中、行われたナビスコ杯第4節、はホームに アルビレックス新潟 を迎えての一戦、約5000人の
観客の観戦の中、開催されました。


1IMG_4068_convert_20150423111922 ナビスコ 対新潟  2IMG_4070_convert_20150423112231 ナビスコ 対新潟  3IMG_4074_convert_20150423112437 ナビスコ 対新潟 


19:00 のキックオフで始まったこの試合、先手を取ったのは珍しく、甲府でした。
開始1分、相手陣内深く蹴りこんだロングボールを、果敢に追っていった、VF甲府の若武者、MF堀米勇輝、
早速CKを獲得、その堀米の上げたボールにFW盛田がピタリと頭で合わせ、1:0 と先制、まず、幸先の良い
スタートを切りました。


その後は今回レギュラーメンバーと入れ替えて投入された若手、FW伊東純也、MF堀米勇輝、MF下田北斗、
MF稲垣 翔、FW松本大輝、等のほか、怪我からの回復の見えた、DF土屋征夫、DF渡邉將基、の頑張りで、
久々の生き生きとした、VF甲府の選手の躍動を見る事が出来ました。


4IMG_4078_convert_20150423112724 ナビスコ 対新潟  5IMG_4071_convert_20150423112941 ナビスコ 対新潟 


ただ、一瞬のすきを狙われ、DFに当たり跳ね返ったこぼれ球を新潟MF山本に決められはしましたが、
2:1 で前半は終了しました。


6IMG_4083_convert_20150423113121 ナビスコ 対新潟  7IMG_4081_convert_20150423113308 ナビスコ 対新潟 


続く後半は、外人投入で攻勢に出た新潟にVF甲府は、前半の疲れの見えたメンバーの交代もなく、
攻撃は落ち、守備にほとんど時間を取られ、新潟の攻撃を耐えていましたが、37分 DF川口に決められ
同点に、その後も危ない場面も何とかしのぎ、2:2 の同点で終了とし、勝ち点1を獲得、順位は変わらないが、
いろんな面で、収穫のあった試合となりました。


若手が活躍したこの試合、リーグ戦のレギュラーメンバーも、きっと良い方向に向く思いを新たにしたと
思われます。 ベテランと云っても、ポジションは不動ではありません、し烈なポジション争いをしても、
勝ち取ったポジションを替えられぬよう、選手個人が頑張れば、チームとしての向上が期待できます。


さあ、次はリーグ戦、第7節、4月25日(土)19:00よりアウェーにて、川崎フロンターレ、との一戦です。
今日のこの試合を足がかりに勝ち点を期待しています。


 頑張れ!VF甲府!どんな時も応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

VF甲府!リーグ戦第6節 ホームでサガン鳥栖に惨敗    

今日は、天気も良く、試合日和でしたが、残念ながらVF甲府! 泥沼から抜け出せませんでした。

IMG_4055_convert_20150418193613 対 鳥栖戦 1 IMG_4049_convert_20150418194349 対鳥栖戦 2 IMG_4059_convert_20150418194633 対鳥栖戦 3

試合開始早々の3分、VFぺナルティーエリア内で、VFキャプテン山本が相手FW豊田を倒したとの判定、
PKに、これを豊田に決められ、0:1 に、VFはホームながら1点を追う、嫌な展開となり鳥栖はこれを機会に
完全にペースをつかみ、試合を有利に進め、25分には鳥栖の水沼に追加点も決められ、0:2 にされ、
守備でも、甲府に得点のチャンスも与えず、そのままVF甲府、良いところもなく前半は終了、、、


7IMG_4063_convert_20150418195725 対鳥栖戦  6IMG_4064_convert_20150418195502 対鳥栖戦 

続く後半、VF甲府はパラナに代え、畑尾を投入したが攻勢には出れなく、23分にはまたも豊田に
2点目をしっかり決められ、0:3 と、リードされる。


VF甲府も盛田、伊東、と投入したが攻撃もからまわりし、得点のにおいすらしなく、ボールも奪っても、
すぐ取り返され、パスもことごとくカットされて、なすすべのない状態に、、、


VF甲府! 昨季と違い、守備が完全に崩壊し、その上攻撃力もなりをひそめ、いったいどうなってしまった
のか、と思われる試合内容でした。


4IMG_4056_convert_20150418194913 対鳥栖戦  5IMG_4058_convert_20150418195221 対鳥栖戦 


とはいっても、最下位で得失点差がー10となり、ホームでも完敗し、この調子だとよほど思い切った手を
考えないと、当分勝てる見込みもなく、泥沼から抜け出すのは容易なことではないと思います。


もうこれ以上落ちないので、何とか引き分けでも良いから勝ち点の積み上げをしながら、得点を得るための
努力を重ねてもらいたく思います。


サポーターも悔しいですが、選手はもっと悔しい思いでしょう、リーグ戦次節に向けて頑張ってください。
次節は25日(土)、アウェーで川崎との戦いです、勝ってサポーターとともに喜びましょう。


でも、その前の22日(水)ホーム中銀スタにおいてナビスコカップ4節アルビレックス新潟を迎えてのゲームです。
もちろんスタンドでの応援ですが、何とか勝ってリーグ戦への弾みをつけてもらいたく思います。


      頑張れVF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!(H - 27 -7)         

昨日は選挙の関係で、いつもの朝刊と比べ、折り込み広告もなく、本来の新聞の姿だった、と、
思いました。


選挙も低い投票率に多くの人の関心のなさが顕著に表れた結果となりました。
いかに今の政治に不満を感じていても、成人一人一人の権利を放棄した人は何も言えないはずです。
もう少し選挙について、有権者は考えても良いのではないでしょうか。


あまり芳しくない選挙の結果と、5連敗のVF甲府!の記事、今週はあまりなーという感じでしたが、
月曜日なので、新聞投稿短歌の掲載日、山梨日日新聞 文芸欄、短歌、の掲載を見ますと、
有りました、私の氏名と投稿短歌、上位4首は外しましたが、6番目の掲載でした。


先週は18首に選ばれなかったので、第2週にして4月初めての掲載です。
今回の掲載18首を見てみますと私のような自然詠を詠んだ方は私のほか一人、で二人だけでした。


これからも移ろいゆく季節を、敏感にまた注意深く観察し、31文字に表現していきたく思います。

では今回掲載の一首です。

    ・ 窓を開け外の空気を取り込めば春の香りの立ち込める朝 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J1VF甲府!第5節 アウェーで神戸に惨敗   

先日の8日(水)にナビスコカップ戦、ホームで松本に 1:3 で敗れたVF甲府!、公式戦4連敗を
止めようと臨んだ今日のリーグ戦第5節、連敗から抜け出すことはできませんでした。


いまのVF甲府、パスをことごとくカットされて攻撃に転じられ、点に結び付けられています。
パスミスの多さ、ゴールに向かうがむしゃらな姿勢が見れず、それがシュート数の少なさにつながっています。


あれだけシュートが少ないと点が取れないことは当然だと思います。

前半は話にならなく、後半は、伊東選手投入でロングパスも通り初め、得点の期待が持ててましたが、
伊東選手の孤軍奮闘で、フォローも少なく、得点はできなく、後半交代で投入のアドリアーノ選手の
今季公式戦初得点も皆で喜ぶ場面も見れず、少し気の毒に思えました。


とにかく 1:4 の惨敗で今日はこれ以上何も言いたくありません。

さあ、次節まで中5日の4月18日(土)、ホームにてサガン鳥栖との対戦です、この際、そっくりメンバーの
入れ替えとか、ベテランに頼らず、元気な若い選手の起用とか、樋口監督の英断を期待します。


頑張れVF甲府! 次節はホームスタンドで応援します。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

ナビスコ予選リーグ 第3節、VF甲府!ホームで松本山雅に完敗   

昨日の4月8日(水)ナビスコ予選リーグ第3節、Aグループ VF甲府!(7位)は松本山雅(5位)をホーム
中銀スタジアムに迎えての対戦でした。


1IMG_4026_convert_20150409090043 ナビスコ 対 松本  IMG_4028_convert_20150409090414 ナビスコ 対 松本 2 3IMG_4043_convert_20150409090713 ナビスコ 対 松本 


VF甲府!の第2節、柏レイソル戦は柏がAFCチャンピオンズリーグで準々決勝に進んだため、
3/18 開催がなく、8/30 に変更なったので、今節はナビスコ2回目の戦いとなります。


相手の松本山雅はこのナビスコ杯、1勝1分けと好調で、J1に昇格して初めてのVF甲府との対戦となり、
距離も比較的近い隣県の都市チーム同士の戦いとなり、お互いに見ごたえのある試合を望んでいるところです。


あいにく天気が、朝から雨、ところによっては雪、と冬に戻ったような天気でしたが、夕方からは、寒さはともかく
雨は上がり、この中銀スタジアムには、VF甲府と、松本山雅の両チームサポーターが、5125人が入場し、
気温4,8度と冷え込む中、熱い声援を送っていました。


4IMG_4040_convert_20150409090935 ナビスコ 対 松本  5IMG_4038_convert_20150409091257 ナビスコ 対 松本  6IMG_4041_convert_20150409091547 ナビスコ 対 松本 


試合は残念ながら、VF甲府!、前半13分FW阿部(拓)の得点で1:0 で終了し、 後半も良い試合展開を
見せてくれるもの、と期待しましたが、後半15分、松本の坂井に決められ、1:1 に、続く27分にも前田に
合わせられて得点を与え、1:2 と逆転され、その後、VF甲府も反撃に移りたいところ、39分に坂井に2点目を
決められて、1:3 と万事休す、VF甲府! ホームで痛い完敗を喫しました。


リーグ戦ではないものの、公式戦での負けは負け、何とか負けの連鎖から早く抜けだしてほしいところです。

さて、次は4月12日(日)アウェーにて、ヴィッセル神戸との対戦です、今日のゲームの気持ちを切り替えて、
リーグ戦勝利を目指してください。


  頑張れ! VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

J1VF甲府! アウェーでFC東京に惜敗  

J1サッカー第4節、VF甲府!は味スタにて、FC東京 との対戦でした。

調布にある味の素スタジアムには、20743人の観客が集まり、両チームのサポータの観戦の中、
16:00にキックオフされ、ゲームが始まりました。


日本代表選手4人を擁するFC東京、残念ながら代表の声もかからぬVF甲府の選手、プロビンチアとはいえ、
悔しい思いは選手はもちろんサポーターも感じている事と思います。


ただ、こういうチームがビックチームに試合を挑み、勝ち点を取ることも気持ちの良いことです。

今日の試合もこうした思いを胸に選手&サポーターも臨んだ事と思います。

しかし、守備は何とか追加点は許さなかったのですが、攻撃はどうにもなりません、期待しているアドリアーノ
選手もまだ、チームにしっくりいかなく、良さの出せない状況のようです。


前半15分のFC東京、石川選手のシュートによる失点もたった1本のロングパスにより得点され、
悔しい結果になりました。


ただ、あまりにも多いパスミスや、当たられて簡単に倒れ、ファールを期待するようなしぐさも有ったり、
相手の猛攻にボールを奪われるシーンが多く、これでは今の段階での勝ち点は期待できそうもなく、
かろうじて、1点に抑える事ができ、良かったと思うしかありません。


いろんな愚痴が出てしまいましたが、早くマルキーニョス パラナ選手を入れ、パスミスを少なくし、
伊東選手をはじめ、若い選手を早くから登用して、スピードのある試合展開を期待してやみません。


今日は 0:1 で敗れましたが、もっと得点されてもおかしくない展開でした。失点1に抑えた事は評価したく
思います。


次節は4月12日(日)アウェーにて、ヴィッセル神戸との対戦です、その前の8日にはホームでナビスコカップ
対松本戦があり、この試合で勝利をおさめ、リーグ戦に臨んでもらいたく思います。


厳しい試合が続きますが、まだこれからです。

    頑張れ!VF甲府!ナビスコはスタンドで応援します。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード