FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

新聞投稿短歌!( H - 27 -10 )          

昨日の15日(月)は、新聞休刊日でした。

投稿短歌の掲載される山梨日日新聞 山日文芸 は、本日16日(火)の紙面になっています。

さて、私の投稿短歌は先週に続き、あまり自信が有りませんでしたが、今日の短歌欄18首の中ほどに掲載されて
いました。 今月は月曜日が5回ありますので2回掲載されれば まあまあと思っていましたが、2回掲載されると、
欲が出て、あと1回なんて思ったりしています。


でも、選ぶのは選者の三枝 昂之先生、数多くの投稿者の一人3首から5首すべての歌の中から、秀作1首、佳作3首、入選14首を選び出す事は、大変なご苦労だと思います、それも毎週の事ですから。

しかし、私自身まだまだ未熟のためか、投稿した短歌3首の内、自分では自信のあった歌が選ばれず、この歌はちょっと、と思った歌が、選ばれたりして短歌の難しさを改めて感じるこの頃です。

さて、ここで私ごとではありますが、いつもこのブログを覗いてくださる皆様に、承知して頂きたい事が有ります。

実は、今日のブログ更新の後、今月中はパソコンから離れることになり、更新はもちろん、皆様へのブログ訪問、そして、コメント、及び返信など、出来ません、7月になれば、また開始できると思いますので、その節は変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。

休止の間には、好きなVF甲府!の試合も2試合有りその記事と、もしかして短歌の記事も?なんて思ったりしていますが、7月にまとめて更新する事になります。 良い結果での更新ができれば良いなと考えています。

 では、本日掲載の一首です。

         ・ 台風が去りてさわやか朝の庭落葉に混じり蝶の羽根あり ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

J1サッカー リーグ戦 第15 節 VF甲府!ホームにて横浜とドロー      

J1サッカー リーグ戦第15節、VF甲府!はホームに、横浜Fマリノス を迎えての戦いでした。
昨日の天気は雨模様で、今日の日曜日は少し心配されましたが、朝から良い天気に恵まれ、観戦には屋根なしの
山梨中銀スタジアム、暑さ対策と、日焼け対策が必要なくらいでした。


1IMG_4172_convert_20150607194526 第15節 対横浜  2IMG_4174_convert_20150607194856 第15節 対横浜  IMG_4175_convert_20150607195111 第15節 対横浜 3


ブログには書きませんでしたが、6月3日(水)アウェーでのナビスコカップ戦、広島に 0:2 と敗れ、カップ戦は残念な結果に終わりましたが、やはり大切なリーグ戦、 このところ3連勝と調子を上げてきたVF甲府!ですが、ここで油断は禁物、第1ステージは今日を含め、残り3試合、気を抜くわけにはいきません。

今日の相手、横浜Fマリノスはステージ優勝も狙える上位チームであり、VFにとっては挑戦といった試合であると思います。中村俊輔をけがで欠いているとはいえ、中沢、斉藤、アデミウソン、ファビオ、と個々の力、のあるタレントがそろっており、サポーターも勝ち点3を信じて、アウェーの地に大勢押しかけてくれました。 (今日の入場者数は13007人でした。)

4IMG_4186_convert_20150607201629 第15節 対横浜  5IMG_4187_convert_20150607201852 第15節 対横浜  6IMG_4188_convert_20150607202048 第15節 対横浜 


試合は、ここ3試合無失点を続けている VF甲府! 守備が安定してきており、土屋、山本、津田、の3人のベテランがゴール前を固め、隙あらば前にクロスを送り、阿部拓馬、そして今日1トップに入った伊東純也、を走らせ、ゴールを狙う、など、甲府の狙い通りの展開でした。

横浜はボールは持つが、中に通せない状態が続き、前半終了間際、VF陣内での混戦から、VF甲府のオウンゴール、でラッキーな得点、を挙げ、 1点リードとして前半は終了となりました。

7IMG_4177_convert_20150607202438 第15節 対横浜  8IMG_4184_convert_20150607202726 第15節 対横浜  9IMG_4185_convert_20150607202948 第15節 対横浜 


続く後半も前半と同じようなテンポで試合は進み、両チームとも、選手を交代して、現状の打破を図りますが、思わく通りには行かなく、時間が進みます、VF甲府は1点を追い、ホームで負けるわけにはいかないと攻撃に拍車をかけ、31分、ついに得たセットプレーで、堀込の挙げたクロスに 阿部拓馬がヘディングで鮮やかに決め、 1:1 と追いつきました。

その後、横浜もボールを保持し、たびたびVFゴールに迫りますが、VFの堅い守備に追い払われ、逆にVFの交代で入った松本に、そのスピードを生かしたドリブルで、まさに逆点とされそうになりあわてる場面もありました。

その瞬間は、VFサポーターは声を上げて立ち上がり、得点を信じましたが、ボールはゴールネットの上に外れ、天を仰ぐ結果となり、悔やまれるシーンとなりました。

結果、1:1 のドローで試合は終了し、両チームとも勝ち点1、を分け合いました。家に帰り、他チームの状況を見ますと、順位の近いチームが引き分けたり、負けたりしたため、VF甲府!は、柏が1試合少ないため、暫定13位、と順位を上げる事が出来ました。

とにかく、負けなくて良かった、というのが本音です。 あと今月2試合有りますが、1試合でも負けると、順位が下がり、また、降格圏に逆戻りです、今の状態を維持し、出来れば中位で第1ステージを終了できれば、と思いますが、われらサポーターの期待に応えてもらいたく思います。

さあ、次節は6月20日(土)16:00 からアウェーの清水戦です、Jリーグでは兄貴分とも思える清水ですが、VF甲府は今までなんとなく苦手としています、今回は何とか勝ち点3を持ち帰って、最終節 柏戦を有利で戦える事が出来るよう期待しています。

   頑張れ!VF甲府!応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌!(H - 27 -9)          

しばらく新聞掲載されなかった私の投稿短歌、先週、最終の月曜日、5月25日に佳作2番目として掲載され、
やはり続けていなければ駄目だと、思いを新たにしたところですが、6月になり今日1日は6月最初の月曜日、
山梨日日新聞 山日文芸掲載日でした。


新聞受けから取り出した朝刊、まず気になる文芸欄、短歌 三枝 昂之先生選を見てみますと、ありました、
私の歌と名前、それも、先週と同じ上位4首の内の3首目で、佳作の2番目に掲載されていました。


掲載短歌18首の内、上位4首、(秀作1首、佳作3首、)については選者の先生からの評が載せられ、今回の
私の歌も三枝先生の評を頂く事ができました。


現在は職を離れた私ですが、何かと忙しい毎日、その生活の中で短歌31文字の言葉を考える時間、こうした
時間は心を休ませる時間として、私にはやはり必要ではないかと思っています。


とにかく好きな VF甲府!の応援も良いでしょう。 そしてブログの更新もできるかぎり続け・ 静と動 ・の
バランスの取れた生活を送りたいと考えています。


また、今月は月曜日が5回あり、新聞掲載のチャンスはあと4回あります、次回の投稿短歌はあまり自信はない
ですが、4回の内1回でも掲載されれば良いな、と、投稿した歌をもう1度読み直しています。


 では、今回掲載の一首です。
       
        ・ いつ終わるいつ終わるかと5分過ぎ来賓祝辞を遠く聞く子等 ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード