FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

VF甲府!ナビスコカップ 第2節 ホームで 対大宮戦 ドロー  

月27日(日) ナビスコカップ 第2節 VF甲府!はホームで大宮アルディージャ との戦いでした。

 1IMG_4472_convert_20160327202931 ナビスコ 対 大宮  2IMG_4475_convert_20160327203331 ナビスコ 対 大宮  3IMG_4476_convert_20160327203654 ナビスコ 対 大宮 


どちらのチームも、第1節を勝利し、連勝をかけて臨んだ試合でした、VFホームの山梨中銀スタジアムには、日曜としては入場者の少ない、6331人の両チームのサポーターなどの観戦のもと、14:00 キックオフで試合が始まりました。

 IMG_4481_convert_20160327203850 ナビスコ 対 大宮 4 5IMG_4488_convert_20160327204036 ナビスコ 対 大宮  6IMG_4494_convert_20160327204311 ナビスコ 対 大宮 

試合開始からVF甲府はホームとあって攻撃を仕掛けるが、得点には結びつかず、10分にはVF DF土屋 征夫がピッチに座り込み退場、DF 畑尾 大翔 との交代というアクシデントもあり、その後、大宮に押される展開となり、得点こそさせなかったが、VF陣内での大宮の闘いが多く、VFは押され気味に試合をコントロールされた感がありました。それでも、両チームともに得点はなく、0:0 のまま前半は終了となりました。

 7IMG_4492_convert_20160327204455 ナビスコ 対 大宮  8IMG_4486_convert_20160327204800 ナビスコ 対 大宮  IMG_4490_convert_20160327204956 ナビスコ 対 大宮 9

 IMG_4491_convert_20160327205143 ナビスコ 対 大宮 10 IMG_4479_convert_20160327205354 ナビスコ 対 大宮 11 12IMG_4485_convert_20160327205555 ナビスコ 対 大宮 

続く後半も、前半と同じく、両チームとも惜しいシーンはありましたが、得点には至らず、前半と同じく、大宮にやや押される展開でゲームは進み、VF甲府も、30分、そこまで頑張ってきた二ウソンに代え、VFのルーキーFW 森 晃太を投入、森も果敢に攻撃参加し、相手陣内に何度も切り込むが得点できず、相手チームのあわや得点、というシーンも、VF GK 岡西の好セーブで防ぎ、0:0 のまま、試合終了となりました。

 ナビスコの第3節は、4月6日(水) アウェーにて、ジュビロ磐田 との対戦で、19:00 から行われます。 またその前の4月1日(金)にはリーグ戦 第5節、浦和レッズ戦がアウェーにて、19:30 キックオフで開催されます。

どちらもアウェーなので私はスカパー観戦となりますが、何とかどちらも良い試合をして、勝ち点を土産に凱旋してもらいたく思います。 カップ戦はともかく、リーグ戦は、現在15位、負けると降格圏に早くも落ちる事になります 頑張ってください応援しています。      
   
   VF甲府!頑張れ!勝利を待っています。











category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

ナビスコカップ 第1節、VF甲府!アウェーで 鹿島に勝利  

3月23日(水)、VF甲府!は、県立カシマサッカースタジアム において、前季 ナビスコ王者の鹿島アントラーズとのナビスコカップ第1節を戦いました。

カップ戦とはいえ、7321人のサポーターが詰めかけたスタンド、山梨からも、現地に駆けつけたVFサポーターの応援する姿が、画面に映し出されると、強敵を破り、何とか勝ち点をお土産に凱旋してもらいたく、スカパー観戦の私も心より願っておりました。

19:00 キックオフで開始された試合、前節のリーグ戦より、8人を代えたVF甲府ののメンバーが躍動、鹿島陣内に攻め込む姿に、これは良い試合になる予感がしていました、そんな思いが通じたか、開始早々の6分、左サイドでボールを受けた、VF MF ビリー セレスキーがワンツウで相手陣内に侵入したVF FW二ウソンからの返しのパスを受け、2人の相手DFを交わし、右足でシュートこれが鮮やかに決まり、VF甲府! 先制の 1:0 とする。

鹿島も、反撃を開始、FW ジネイがVFゴール前への飛び出しなどでゴールを狙い、VF GK 岡西との1対1の場面もあったが、岡西が得点を許さず、また、日本代表の芝崎のクロスに反応した ジネイのシュートもゴール左に外れるなど、VFにはラッキーな展開で前半はこのまま終了か、と思われた45分、VFに再度、チャンスが訪れる、VF FWクリスティア―ノのCKに二ウソンが頭で合わせるも、鹿島GK櫛引にはじき出され、そのこぼれ球をVF DF新里が押し込むが GK櫛引が片手で再度弾き、それをVF FW二ウソンが落ち着いて蹴りこみ、2:0 とリードし、前半は終了となる。

後半は何とかホームで勝ちを狙う、前季覇者の鹿島はDE 三竿に代え、DF 山本脩斗を入れ反撃を開始、すると15分、VFゴー前で鹿島DF伊東のクロスに後方から飛び込んだ、山本がヘッドで決め、2:1 とされる。

その後は鹿島にほとんどボールを支配され、ワントップにしたクリスティア―ノへのクロスも、惜しいところもあったが、得点までいかず、鹿島に押し込まれる展開が続くが、守備を徹底した甲府の守りは固く、鹿島の追加点を許さず、2:1 の勝利でアウェーでのカップ戦第1節を終えた。

この試合、助っ人外国人の MF ビリー セレスキー、リーグ戦レギュラーのFW 二ウソンに 初得点が生まれた事、VFにとってはすごい収穫だったと思われます。 今後のリーグ戦、カップ戦、自信をもって戦える事と思います。

さて、次は3月27日(日)、ホーム中銀スタジアムにおいて ナビスコカップ第2節、対大宮アルディージャ との闘いが14:00 キックオフです、好調を維持し、地元サポーターの前で勝ち点3を狙っていきましょう。

 頑張れ!VF甲府!次はスタンドで応援します。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

VF甲府! ホームで川崎フロンターレに惨敗  

3月19日(土) VF甲府!は 第4節 川崎フロンターレ をホームに迎えての対戦でした。

朝から天気は雨、それも本格的な大雨で午後2時のキックオフが心配されましたが、11時ころには雨も上がり青空も見えてきて、サッカー日和となりました。

1IMG_4460_convert_20160319190040 第4節 対 川崎  2IMG_4459_convert_20160319190341 第4節 対 川崎  3IMG_4471_convert_20160319190538 第4節 対 川崎 

なかなか、ホームで勝てないVF甲府ですが、今日の相手は過去の対戦でも分が悪く、現在首位の川崎フロンターレですからなおさらというところです。

まずスタンドに入って感じた事は、ホームのネット裏のVFサポーターより、相手川崎のビジタースタンドのサポーターの方が明らかに大勢入っている様子でした、これはいけません、天気が安定していなかったとはいえ、せめてホームの試合くらいは、大勢の赤青のサポーターでゴール裏を固めてもらいたく思います。 

4IMG_4464_convert_20160319190747 第4節 対 川崎  5IMG_4463_convert_20160319190953 第4節 対 川崎 

とはいえ、9567人の観客の見守る中、始まった試合ですが、開始早々の9分、ゴール前で相手川崎にFKを与えてしまい、それを中村に直接決められ、0:1 とされる、何とか挽回したいVF甲府だが、反撃が思うようにはいかず、25分、川崎の森谷にも決められ、0:2 とされ、そのまま前半は終了する。

6IMG_4467_convert_20160319191215 第4節 対 川崎  7IMG_4466_convert_20160319191358 第4節 対 川崎 

続く後半、VF甲府は田中、福田、森、を投入するも、21分川崎の中村に今日2本目を決められ、0:3 に、これ以上点を取られないようにとVFの選手も頑張るが、川崎の選手の方が役者がそろっていて、VFより、一枚も二枚も上、と感じる戦いぶり、、、そして、42分、川崎の田坂に駄目押しを決められ、、0:4 にされ万事休す、VF甲府、ホームで惨敗でした。

ただ、今回のVFのプレーを見て、選手はだれも手を抜いている様子などなく、果敢に挑戦する姿は、時に相手にファールを与えたりしたが、これからに希望の持てる内容だったと感じました。 特に、森 晃太選手は印象に残るプレーでした。

と、云う事で今節は敗れましたが、まだ、第4節、前季だけでまだ、13節残っています、修正すべき点は修正し、また、新しく加入する外国人選手、チュカ選手も早く慣れ、攻撃陣のアップに貢献してくれると思うとこれからの試合も大いに楽しめる事と思います。

さて、次の試合は、3月23日(水)ナビスコカップ アウェーで鹿島アントラーズ、3月27日(日)同じくナビスコで、ホームに大宮アルディージャを迎えての対戦です。 カップ戦で、いろんな選手を出場させ、リーグ戦に臨んでもらいたく思います。

 頑張れ! VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 5   

VF甲府!アウェー 対 鳥栖戦 1:1 の引き分け。  

J1リーグ戦 第3節 VF甲府!は、3月12日(土)16:00 キックオフで、アウェー で サガン鳥栖 との対戦でした。

お互い1勝1敗 同士の対決、どちらも勝ち点3を取って、スタートダッシュを確実のものにしたいところです、ホーム 鳥栖は、ホームでの2勝目を目指し、VF甲府!はアウェー2勝目を得んと、はるばる九州に乗り込んできました。

試合は8697人と、比較的少ない観客の見守る中、開始され前半はホーム鳥栖のペースで、進められるが、VF甲府の守備をなかなか鳥栖は崩すことが出来ず、シュートまでいくプレーも少ない展開でしたが、ボールを持つ鳥栖の一瞬のスキを狙うVF甲府は、前半31分、鳥栖陣営の左サイドからボールを持ったVF MF田中 佑昌のトラップを FW二ウソンがためを作り、MFクリスティア―ノにラストパス、これをクリスが左足でゴールに流しこみ、先制し、1:0 と均衡を破る、その後、鳥栖の反撃を堅牢な守備で守り切り、前半は終了する。

続く後半、 前半と同じような展開でゲームは進むが、11分、VF陣内での鳥栖 DF吉田 豊のクロスに MF金 民友にヘッドで合わされ、1:1 の同点とされる、勢いづく鳥栖に対して、VFは守備に追われることが多く、攻撃になかなか移れず、パスミスが出たりしてリズムに乗れなく、20分、VF甲府の MF新井 涼平が、今日2枚目のイエローカードを受け、レッドカードで退場となり、VF甲府、残り時間25分を10人での闘いを強いられる。

追加点を欲しい両チームでしたが、VFが数的不利となり、攻撃のスイッチが入れにくくなって、逆に鳥栖に攻撃される場面が多くなる。 VF甲府は、守備を徹底するためか、二ウソン、クリスティア―ノ、橋爪を替え、保坂、ビリ―セレスキー、盛田、を投入し守りに入り、10人での戦いで、追加点は許さず、 1:1 のドローで、勝ち点1を分け合う結果となった。

アウェーでの勝ち点1プラス、クリスティア―ノの個人得点3点目、VF甲府としては結果オーライ!ではないかと思います。

次節は3月19日(土)14:00キックオフでVFホーム、山梨中銀スタジアムにおいて、川崎フロンターレ との対戦です。
この試合も負けられない試合となります、このところVF甲府はホームでの勝利がありません、サポーターとしては、ホームでの勝ちを目の前で見る事を多く望んでいます。 今度の第4節はぜひ、川崎を破り、サポーターと共に喜び会いましょう。


   頑張れ VF甲府! 次節はスタンドで応援します。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

過ぎれば早い5年です! 3月10日に思う事。 

今日は2016年3月10日(木)です。
思えば5年前のこの日に私のこのブログ、 「オヤジのダイアリー 趣味いろいろ」を立ち上げました。


あの頃はまだ今より元気で、趣味を多く楽しんでいる私でしたので、何か書いて行く事が出来るのではないか、と思い何もわからないまま始めたのです。 ただ、思いがけない事が起こりました。  翌日の3月11日(金)に起きました 東日本大震災 です。

あれほどの大きな震災になるとは夢にも思わなかった事でしたが、我が家でも、地震の揺れが怖いくらいだったと、記憶しています。現地ではあの大津波による被害、それに加えて、福島原発の事故、日本中がすごい騒ぎとなりました。

テレビの映像を見ていると、押し寄せる津波により流される船、そして家屋、逃げ惑う人々、まさに地獄といわれる風景でした。その津波が落ち着くと、今度は福島原発の津波による事故でした。

この事故が原因で、5年たった今も東北の復興が進んでいなく、いまだ、住むところを追われた方々が仮設住宅や、他県の町や村に居住し、不自由な生活を強いられている現状は本当にお気の毒としか言いようがありません。

5年過ぎた今もですがこの震災により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

さて、ブログを始めた日の翌日に起きた大震災、この震災を忘れぬためにも、つたないブログですが、続けていかねばならない、と心に決め、ブログの更新を続け、あの頃は月12~3回、更新し、だんだん多くの方にも訪問していただけるようになり、途中くじけそうになった事もありましたが、あまり、のめりこまなくマイペースでやっていく事にして、今に続いております。

継続5年で、603回の更新、決して多くない更新ですが、年齢と共に趣味の範囲が狭くなり、現在では細々の更新ですが、何とか途切れる事もなく続けていくつもりです。 また、アクセス数も36222回となり、メールをいただく方々も、以前とは違った方々ですが、ブログを読んでいただくだけでも感謝しています。

取り留めない文ですが、ブログ開設5年目の今日、思った事を記しました。  今後ともよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

新聞投稿短歌! ( H - 28 - 4 ) 

早いもので3月も1週間過ぎとなりました。昨日の3月7日の月曜日、新聞投稿短歌の掲載日でした。

このところ趣味の短歌もあまり調子が上がらず、言葉が浮かばない日々が続いております、こうしたときはあせらず、しばらく短歌の事は忘れて、過ごすのも良いかと思い実行しています。

幸い別の趣味の一つ、サッカーJ1リーグも始まり、我がひいきのVF甲府!の試合が始まり、勝ったり負けたり、例年の事ですが、ハラハラ、ワクワク、ドキドキ、で気分もまぎれます。

こうした内にまた、新しい短歌の題材も浮かんでくることでしょう。 まあ、気ままにマイペースでやっていきます。

さて、私の投稿短歌、3月の第一週の月曜日、山日新聞 文芸欄、 短歌 三枝先生選の18首にかろうじて載せて頂きました。年末年始を病院で過ごし、退院の時の様子を詠んだものです。

では、掲載されたその1首です。

          ・ 退院と告げられし朝鳩が飛ぶ外の景色が違って見える ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 3   

J1リーグ 第2節 VF甲府!ホームでG大阪に惜敗・・・  

2016年 J1リーグ 第2節、VF甲府!はホームにガンバ大阪を迎えての戦いでした。
ホーム開幕戦とあって、午後から天気が崩れるとの予報の中、13:00 キックオフで始まりました、ガンバ大阪からのサポーターも多く詰めかけ、14,103人の観客の見守る中、両チームともに果敢な闘いを期待しました。


11節 対 ガンバ戦  1節 対 ガンバ戦 2 31節 対 ガンバ戦 

試合は前半からガンバ大阪のペースで始まり、VF甲府の思うような展開にはならず、前節の神戸戦で見られたような、ワントップ2シャドーの躍動が見られず、ガンバの守備陣を崩すことができなく、シュートを打っても枠外ばかり、もう少し、シュートの正確性を保たないと、得点には結びつかないと思われます。 前半は一進一退でゲームが進む中、チャンスをつかんだのはガンバ大阪でした、36分 プロデビューしたガンバの18歳 初瀬 亮 の絶妙なクロスに長身FW長澤 駿にヘッドで合わされ、VFは先制点を与えて、追う展開になり、前半は0:1で終了、、、

1節 対 ガンバ戦 4 51節 対 ガンバ戦  61節 対 ガンバ戦 

続く後半はホームで何としても負けられないVF甲府ですが、攻撃がイマイチで、ミスパスもあり、守勢に回ることが多く、田中、森、を投入して状況を変えるも、ガンバの攻撃陣に押され、VF GK河田の好守に助けられるなど、があってガンバの追加点も許さず、何とか無失点に抑えるも、前半の1点が重く、攻撃で返すこともできず、0:1 でホームでの敗戦となりました。

71節 対 ガンバ戦  81節 対 ガンバ戦  91節 対 ガンバ戦 

でも、まだ2節です、あのタレントぞろいのガンバとの試合、負け惜しみではないが、1点で抑えたこと、今後の試合にきっとプラスになった事と思います、また、18歳の森 晃太選手の動き、今後が楽しみです、とにかく、全ての選手に言える事ですが、怪我には十分注意し、これからの試合に臨んでもらいたく思います。

さて、次節は3月12日(土)16:00 より、アウェー ベアスタでサガン鳥栖との試合です。 この試合での勝利を期待しています。

      頑張れVF甲府!応援しています。



 

category: スポーツ

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード