FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

J1 2nd 第13節 VF甲府! アウェーにて 柏に 0:1 の惜敗    

J1サッカー第2ステージ 第13節、VF甲府は アウェー日立柏サッカー場で 柏レイソル と対戦し、0:1 で惜しくも敗れました。

現在、残留争いの中に位置するVF甲府、上位の柏レイソルではあるが、少ない残り試合の中、負けられない試合であり、少なくても勝ち点1を持ち帰りたい試合であった。

観衆9043人を収容したスタンドには山梨や、近県からも駆けつけた熱心なVF甲府サポーターやファンも声の限りの応援がテレビ画面を通しても聞こえていました、開始19:04のキックオフの前半、VF甲府は柏の強力なディエゴ、クリス、伊東、の3人の攻撃陣を封じ、柏のシュートも1本に抑えて、善戦し、VFの攻撃も、ダヴィのヘデイング、等惜しいシーンも有ったりしたが、相手GKに阻まれて得点ならず、0:0のまま、折り返しとなった。

続く後半も、ほぼ前半と似たような展開で柏も中々VF甲府の守備を崩せなく、双方ともにチャンスを待っていたが、先に試合を動かしたのは、柏、19分にVF陣内近くのCKの混戦から、VF選手のクリアボールが外でなく自陣ゴール前への折り返しになってしまい、柏のFW ディエゴの正面に落ちたボールは彼の左足でシュートを決められ、0:1と先制され、VFは追う展開となってしまった。

VF甲府は、相手サイドのスペースを消し、苦手とするサイド攻撃も一貫した守備で封じ、クロスへの対応もほぼ完ぺきに抑えていたが、19分の一瞬のクリアミスで失点し、敗れる結果となった。

起きてしまったミスは仕方ない事であるが、そのミスを見逃さなかった柏の攻撃はさすがと思います、VF甲府はダヴィを始め、攻撃の得点シーンに精度を欠く事が多く、今回は相手GKの好守にも阻まれる場面も何回かあり、不運な結果でした。

結果、0:1 で敗戦となったが、15位新潟が敗れたため、VF甲府は14位はキープしているものの、16位名古屋が勝利したため、勝ち点差2と詰められ、次節の結果により、降格圏に落ちる事もあり得る状況に置かれてしまった、その次節はホームでの試合ではあるが、今好調の 横浜マリノス との対戦でこの試合は残り少ないホームでの試合であるとともに、大事な一戦、我らサポーターの前で、勝利を勝ち取って、残り3試合を有利に進められるよう頑張ってもらいたく思います。

次節、対横浜戦は 10月1日(土) 16:30 キックオフ、スタンドで精一杯応援します。

頑張れ!VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌! ( H - 28 - 15 )    

3連休の9月19日(月)は、今月3回目の月曜日、新聞投稿短歌の掲載日です。

いつものように山梨日日新聞の文芸欄、短歌 三枝 昂之先生選を見ますと掲載18首に私の短歌、今回も掲載されていました。

先月の8月は、最近には珍しく3回掲載されうち1回は秀作に選ばれていました、そして今月の9月、最初の5日(月)は掲載が有りませんでしたが、2回目の13日には掲載され、この19日掲載と、今月は2回目となりました、あと1回の掲載日26日はあまり自信はありませんが、何んとか選んでもらえるといいな、と思っています。

自分ではいいかな、と思った歌が選ばれずこれはボツかな、と思った歌が選ばれることが多く、選者の先生の好みも有ったりして、この世界、難しいですが、だからこそ面白く、ボツが続いても挑戦を続けている次第です。 本当は自分でもこれはいいな、と思った歌が選ばれる事が理想ですが、まだまだそんなわけにはいきません、 まあ、そうなるように努力したく思います。

では、今回掲載された一首です。

            ・ 乗り込んだ車両の客は5,6人ローカル線の風が涼しい ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J1 2nd 第12節 VF甲府! ホームにて 仙台 と引き分け  

H28年9月17日(土)、VF甲府!はホームに ベガルタ仙台 を迎えての一戦でした。

台風による秋雨前線の影響で、雨が予想される中、雨具の用意をして出かけましたが、雲間からの日差しが暑く感じられるような天候で、程よい試合日和でした。

IMG_4799_convert_20160918131318 2nd12節 対仙台 1  IMG_4801_convert_20160918131753 2nd12節 対仙台 2  IMG_4798_convert_20160918132016 2nd12節 対仙台 3


J1リーグも残り試合6試合となった今日のこの戦い、このところ勝利出来ていない仙台、と残留圏内ぎりぎりの15位に停滞するVF甲府、どちらのチームも勝ち点3が欲しい対戦で、VFのホーム中銀スタジアムには8771人の両チームファンやサポーターが詰めかけ、仙台の黄色のユニのサポーターもビジタースタンドを黄色に染める程の来場がありました。

4IMG_4809_convert_20160918132237 2nd12節 対仙台   5IMG_4808_convert_20160918132526 2nd12節 対仙台   6IMG_4807_convert_20160918132724 2nd12節 対仙台 


試合は、16:00 キックオフで始まりましたが、攻撃の要である ドゥドゥ 選手の欠場で、あまり調子が上がらないダヴィ選手、と、今季初先発の森田選手を起用してのVF甲府、今節は主力を怪我やカード累積により欠いている仙台、開始早々からボールは仙台に保持されることが多く、仙台ペースで進められていましたが、24分、相手陣内近くで得たスローインにエリア内に飛び込んだVFの稲垣選手が、仙台の石川選手の足で顔面を蹴られPKを獲得、これをキャプテン山本選手がゴール左隅にきれいに決め、先制に成功、1:0 とリードする。

その後、VF甲府も危ないシーンも有ったが、持ちこたえていたところ、37分、警戒していた左サイドからの仙台 石川選手のクロスが、VFのDFの頭を超え、ほぼフリーとなっていた今節、仙台の初先発の西村に見事にヘッドで決められ、1:1 の同点にされる、この西村選手はまだ19歳のホープ、VF甲府は彼に記念すべき得点を与えてしまった。 VF甲府も、森晃太選手や、熊谷駿選手の奮起が望まれます。

7IMG_4812_convert_20160918132939 2nd12節 対仙台   8IMG_4804_convert_20160918133259 2nd12節 対仙台   9IMG_4805_convert_20160918135500 2nd12節 対仙台 


1:1 のまま後半に入り、やや試合の展開が、選手の交代を含めて気の許せない場面も多くなり、VF甲府も攻められる中でも、GK河田選手の活躍や、あわやゴールかと思わせるボールをラインぎりぎりでクリアーした山本選手のプレーにより、相手チームに得点を許さず、山本選手のミドルシュート、橋本選手、盛田選手のへデイングシュート、ダヴィ選手の幻のゴールなど、VF甲府の選手たちの惜しい得点シーンも有り、最終的にはドローとなった試合でしたが、大きな勝ち点1、を獲得した試合でした。

結果、今節14位の新潟が敗れましたので、勝ち点1を上乗せのVF甲府が14位となり、新潟と入れ替えとなり、16位名古屋が敗れたため、降格圏名古屋との勝ち点差は5 と少しだけ広がりました

しかし今節、仙台のシュート数、14本に対して、VF甲府は6本、これはいかに攻撃が足りないかを表しています、これからの残り試合、攻撃力をアップしていかないと、残留も厳しくなります、早期怪我人復帰を期待し、一日も早い残留決定を待っています。

次節は9月25日(日)アウェー柏戦です、VFから移籍し柏で活躍しているクリスティア―ノ選手、伊東純也選手、をきっちり抑え、納得できる内容の試合をしてきてもらいたいと思います。

頑張れ!VF甲府!次節はスカパーでの応援です、良い結果を持ち帰ってください。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

新聞投稿短歌! ( H - 28 - 14 )    

9月12日(月)が新聞休刊日でしたので、昨日13日(火)が、山梨日日新聞 山日文芸 掲載日でした。

短歌欄 三枝 昂之先生選を見ますと、掲載18首の中に私の一首も掲載されていました、上位ではありませんが、12首目にあり、まあまあのところです。

実は、山梨県立文学館の文学創作教室「三枝昂之短歌講座」がありまして、定員40名を受講しようと、申し込んでいましたが、抽選で外れました。  この講座は中級者が対象で、参加が決まった人は前もって、松、ヒノキ、など具体的な樹木を入れた作品を提出する事になっていて、私も、受講が決定したときの為に、何首か創作しておきました、しかし、抽選に漏れたため、その作品を今回の投稿短歌としました。

残念ながら、上位4首には入れなかったため、先生の批評はいただけなかったのですが、何とか、入選しましたので良しとします。

そんな事から今回の掲載短歌は、杉 を題材にした一首です。

        ・ 何時の日か植樹の杉も成木に私はきっと空から見てる ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J1 2nd 第11節 VF甲府!アウェーにて大阪に惜敗    

H28年9月10日(土) J1 2nd 第11節 VF甲府!はアウェー 市立吹田サッカースタジアムにおいて、ガンバ大阪との対戦でした。

J1リーグ 順位第5位の大阪に対して、順位降格圏ぎりぎりの第15位に位置するVF甲府、何とか勝ち点を取って帰りたいアウェー戦でした。 ガンバ大阪のホーム、吹田サッカースタジアムはさすがに素晴らしいスタジアム、このスタジアムに17921人のファン、サポーターを集め、行われたこの試合、VF甲府も多くのサポーターを送りこんでいます。

19:00にキックオフのこの試合、先手を取ったのはVF甲府でした、開始早々から、相手陣内に攻め込むVF甲府、ドゥドゥのワントップにクロスを通し、攻撃するVF甲府、良い流れの中で、開始5分、ドゥドゥにパスが通り、相手陣内での折り返しパスに今日先発の田中佑昌が倒れながらの右足できっちり狙い流し込み、先制点を奪う、思いがけない失点に驚いた大阪でしたが、さすが大阪、その3分後の8分、VF陣内近くで得たFCをキッカー遠藤が上げたクロスに、VFがもっとも警戒していた大阪の長身FW 長沢 駿 にヘッドで合わされ、同点に、取られたらすぐ取り返すところはさすがガンバ大阪、と思いましたが、その後、VF甲府にも得点チャンスは有るものの、得点できず、大阪も惜しいシュートもVFGK河田の好セーブで得点できず、前半は1:1 のまま終了、、、、

続く後半は、大阪の猛攻にVF甲府は防戦一方となり、何時追加点を取られるか、ヒヤヒヤの展開でした、VFとすれば、前半30分、攻撃や守備に貢献していた松橋が足を痛めて退場しこれにより、黒木が入ったが、それまでの体制を代えらざるを得なく、シュート数も相手大阪に前半3本に抑えたのに、後半は大阪の選手ほとんどすべてからシュートを浴び、35分ゴール近くで稲垣のバックパスを奪われ、相手倉田に強烈なシュートを浴び、追加点を許し、1:2 とされ、その後、37分稲垣からダヴィに交代、アデショナルタイム4分になってから保坂を森晃太にかえたが時すでに遅く、意気込んで入った森も思うようなパフォーマンスも発揮できなくそのまま試合は終了となり、残念な結果に終わりました。

こうして、負けた試合は仕方ありません、後残り6試合、3試合がホームでの試合ですが、残留には大事な試合が残っています、すぐに切り替える必要があります。

さて、次節は9月17日(日) 16:00から VFのホーム中銀スタジアムにおいて、ベガルタ仙台との対戦です、16位名古屋に勝ち点4、と詰められた15位VF甲府、この仙台戦も負けるわけにはいかない試合です、残り試合が少なくなる中、この試合に限らず、勝ち点を積み上げなくては、来季J1で戦う事が出来なくなります、善戦を期待し、ホームスタンドで応援します。

頑張れ!VF甲府! 応援しています。

category: スポーツ

TB: 0    CM: 2   

別府葉子シャンソンライブ に行く。 

関西、四国、等で活躍しているシャンソン歌手、別府葉子さん、私の好きな歌手です。

幾年か前に、このブログを通じて知り、彼女の公式ブログを拝見し、そして歌を聴き、CDを求め、ファンになりました、ブログで主に関西、や四国方面でのコンサートや、ライブの記事を目にしていましたが、一昨年、東京公演として東京の市ヶ谷でのコンサートがあり、早速行ってまいりました。

会場のルーテル市ヶ谷ホールも素敵なホールで、ホールいっぱいの来場者と共に、素晴らしいひと時を過ごさせてもらいました、やはり、CDも良いですが、身近で聞く事が出来る本人の歌声と、トーク、そして、バックの方々の演奏と、その表情、コンサートの素晴らしさは東京まで行っても余りあるものでした。

そして、楽しみにしていた昨年の東京公演、私自身が、足の具合が悪く、歩行が困難となり残念ながら行く事が出来なく、我慢しました。 足の方は入院、手術をして、すっかり以前と変わらなく5~6キロは平気で歩けるようになり、心配はなくなりましたので、今年こそは、と思っていました。

今年の東京公演は何時かな? と思っていたところ、9月2日(金)とありましたが、なんとその翌日、9月3日(土)甲府公演、とあるではないですか、思わず目を疑いました、そしてうれしく思いました、また、会場の シモン も比較的家に近い会場で行きやすく、早く9月になれば、、、との思いでした。

9月3日(土)、午後1時半 開場、2時開演で始まったシャンソンライブ、1st は、ウイスキー・ウイスキーで始まり、7曲を歌い、2nd へ、百万本のバラ、や、山梨出身の宮沢和史さんの作詞作曲の 島唄、 そして、別府さんのオリジナル曲、蔦がゆれる、等7曲を歌い終え、アンコールに応え、2曲も披露してくれ、時間の過ぎるのを忘れる程でした。

ライブ終了後、今回の企画をされた K野さんの紹介で、別府さんともお話が出来、又、Bass の中村尚美さんともお話が出来、良い思い出となりました。  また、こうした機会がありましたら是非参加したく思います。

ところで3日(土)は、サッカーJ1、VF甲府!が、J3大分トリニータ―との天皇杯の試合がありましたが、別府葉子さんのライブと重なったため、VF甲府!のホームでの試合、今回初めてスタンドに行きませんでした。 試合は残念ながらPK戦まで行き、負けました。 でも、J1残留をかけたホームでのリーグ戦には必ず行き、応援します。   カップ戦で良かったと思います。

    今日はカーステレオで、別府さんの 6月の雨, 中村尚美さん達の Girl Tal k Jazz Lady Project を聞きました。







category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード