FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

第3回 短歌 富士山大賞 佳作入選 授賞式 

2016年から始まった 短歌 富士山大賞 も 第3回となり、昨年も応募しておきましたが、昨年12月に 富士山大賞大会長 東久邇 信彦様、NPO富士山自然文化情報センター 理事長 宍野様、NPO富士山クラブ 理事長 秋山様 の3名連名で佳作入選の連絡と共に丁寧な授賞式の案内状をいただきました。

 IMG_5883_convert_20190127125959 富士山大賞 1 IMG_5884_convert_20190127130205 富士山大賞 2 IMG_5885_convert_20190127130331 富士山大賞 3


それにより、昨日1月26日(土)に東京 日本橋劇場での式典に参加してまいりました。
今回は表彰に先立ち、宮内庁掌典 披講会々長 堤 公長 様による大賞、準大賞の方たちの作品の披講が行われました、白装束で歌会始の時のように節をつけての披講、何となく厳かな感覚に浸りました。


その後、大賞、準大賞、学生最優秀賞、優秀賞の13名ほどの表彰があり、私たち佳作は壇上には上がらず、客席で起立しての紹介がありました。

 IMG_5872_convert_20190127130603 富士山大賞 5 IMG_5876_convert_20190127130727 富士山大賞 6 IMG_5880_convert_20190127130942 富士山大賞 7


その後、東久邇 信彦 大会長より挨拶、来賓の祝辞等があり、休憩ののち、授賞作品の講評が行われ、審査委員長 岡井 隆先生が欠席の為、審査委員 三枝 昂之先生、穂村 弘先生、東 直子先生が上位入賞者の歌の講評が行われました。

 IMG_5881_convert_20190127131117 富士山大賞 8 IMG_5882_convert_20190127131219 富士山大賞 9 IMG_5886_convert_20190127130453 富士山大賞 4


私もこの大会、佳作入選3回目となり入選作品50名ほどの佳作の中で今回は5番目に記載され、銅メタルが3個となりました。 メタルが欲しいわけでもありませんが、こうした大会での入賞はたとえ佳作でも励みになります、できれば上位13人の中に選ばれ、壇上での表彰が受けられれば良いなと思い今後も挑戦して投稿していくつもりです。

なお、今回は第2部として、雅楽演奏があり、大教院雅楽寮の神道教導職の方々の演奏が披露されたのですが、帰りの時間の関係で早めに会場を後にしました。

では最後に今回の入選作品です。

      ・ 演習の砲弾響く山麓に世界遺産の富士も泣くかも ・


category: 文芸

TB: 0    CM: 1   

新聞投稿短歌!( H - 31 - 1 )  

2019年1月14日(月) 今日は私が短歌を投稿している地方紙 山梨日日新聞 の山日文芸掲載日です、さっそく今年第1回の短歌欄、三枝 浩樹先生選を見ますと、私の作品も掲載されていました、掲載18首の中ほどでしたが調子のあまり良くなかった12月に投稿し、選者も三枝 昂之先生の時でしたので、あきらめていた作品でした。 

昂之先生選の掲載が12月17日(月)で終わり、1月14日(月)から弟さんの三枝 浩樹先生が新たに選者として、この欄を受け持つ事になり、12月5日に投稿した歌は対象にはならないと思っていたので、こうして浩樹先生選で掲載されたことはうれしく思いました。

12月にはあと1回投稿してありますが、それは選者は三枝 浩樹先生選で投稿してあります、今月は月曜日があと2回ありますので、何とか掲載されれば今後の励みとなりますので、良いな と思っています。

さて、短歌の新聞投稿をしている方は全国では数多くおられる事と思います、全国紙・地方紙、ほとんどすべての新聞で投稿欄を設けており、選者の先生も大勢おります、そして先生の歌もそれぞれですので、自分の歌に合った先生を選者として投稿する事は短歌を続けていくうえでとても重要な事だと思います。 私も日本の短歌の世界で著名な 三枝 昂之先生と三枝 浩樹先生のお二人に選者として評価いただけるなんて、幸せな事だと感じ投稿を続けたく思っています。

さて、今回の歌の、廃業となった銭湯は独身の頃よく通った銭湯をはじめ、行ったことのある銭湯が多く、その銭湯の跡に残された煙突だけ寂しくたっている姿を詠んだものです。


      ・ 廃業の銭湯の跡に残されて煙突悲し煙も吐けず ・

category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

2019 ヴァンホーレ甲府新体制 発表 

1月13日(日) 2019年を戦う VF甲府 が新体制と背番号を発表しました。

伊藤 彰監督の元、32名(新加入12名)が、J2VF甲府をJ1昇格に導くためのリーグ戦に挑みます。

今季背番号は徳島から加入のFW ピーター・ウタカ選手が9、福岡から復帰した ドウドウ選手が10をつけ、契約更新のジュニオール・バホス選手と エデル・リマ選手の4人の外人選手の活躍が期待されます。

また、甲府の至宝と呼ばれミスターVFの石原選手より7番を引き継いだ掘米選手が千葉に移籍した為、空き番となった7番をだれが引き継ぐか?と思いましたが、なんと、東海大相模高校から加入したMF 中山 陸選手が7番となり、同じく、J1大分に移籍した19番MF 小塚 和季選手の背番号は、山梨学院高校から加入したFW 宮崎 純真選手が受ける事になり、クラブがこの二人の若い選手に大いに期待していることがうかがえます。

全体予算の少ない中、こうして、期待の大きな選手を獲得し、またレギュラーメンバーの多くが契約更新をして残ってくれたのは、クラブのフロントが、本気でJ1昇格を目指して活動してくれた事が大きいと思うとともに、VF甲府というチームが選手たちにとって、魅力のあるチームであるし、J1昇格を皆で成し遂げようという強い思いが感じられます。

今年も、クラブ、地域、スポンサー、サポーターがいちがんになって、新シーズンのスローガン 「熱くなれ」 を共有して全力を尽くしてもらいたく思います。

これからのチームスケジュールは、
1次キャンプ 2019年1月15日(火)~1月25日(金)  静岡県 ・ 清水ナショナルトレーニングセンター


2次キャンプ 2019年1月(月)~2月9日(土) 宮崎県 ・ 綾町小田爪多目的競技場他

 にて、実施されます。

新シーズンに向けては、練習中のけがは少なくし、チーム内の良いコミニュケ-ションを図り、開幕戦に向けて調整を行って来てもらいたく思います。

試合日程については、
第1節は、2019年2月24日(日)アウエーにて大宮アルディージャとの対戦が決定しています、大型補強をしている大宮とは昨年と同じ対戦ですが、この試合を勝利して、スタートダッシュをかけてもらいたいと思います。


第2節・第3節は未定ですが、ホーム中銀スタジアムの改修工事の為、ホーム初戦は第4節 3月17日(日)V・フアーレン長崎との対戦となっています、J1から降格した長崎との対戦は新VF甲府にとっては力試しのゲームとなる事と思っています。

新シーズンの目標とする、(28勝 84勝ち点)を確実に達成できるよう、我々、サポーターも力強く応援していきたいと思います。

    ・ 頑張れ! VF甲府!熱い戦いで今年も楽しませて下さい ・

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

2019年 初めての更新です。 

新年のご挨拶もしない内にすでに今日は7日になってしまいました。

遅ればせながら、  
新しい年おめでとうございます!皆様にとって良い一年になりますように祈ります。

さて、今年の正月はとても天気が良く、過ごしやすい1週間でした、昨日の部分日食もしっかり見れましたし、隣の長野県は雪なのに山梨は高い山だけ雪が降り、盆地は雪振らないのです。 昔 県の観光宣伝で関西方面に行くと、長野に比べ山梨のスキー場の少なさに驚かれましたが、その通り 富士山 と 八ヶ岳 周辺に2~3か所あるだけなんですよ、信じられないでしょうが本当なのです。

ところで今年もこのブログを続けていくことに当たり、少し考えてみました。 ブログ開設当初は意外と元気だったのですね、趣味といえるものが沢山あり、記事には事欠かない状態でした、ですが趣味に徹するのは体力や体調がよくなければ続けられないものですね、やはり続けているうちにだんだん年も取り、思わぬ病になってしまったりで体力は落ちるし、それに伴い行動範囲も狭くなり、今はご存知の通り体を使う活動は、サッカー VF甲府のサポーターとしての応援一本に絞り、他の活動は控えめになりました。

本当は、釣りにも行きたい、自転車も乗りたい(長距離)、絵も描きに出かけたい、あれもやりたい、これもやりたい、 と思ってはいるのですが、無理して寝込んでは仕方ないので、体をあまり使わなくてできる 短歌 に切り替えました。 ただ、自分で創作して発表もせず、しまい込んでいては自己満足で終わるので、作品に対する他の人の評価も知りたくて、考え付いたのが新聞投稿です、今まで250回くらい新聞に掲載されましたが、これで満足せずに大切な趣味としてこれからも続けていくつもりですがもっともっと良い作品が創作できれば良いと思っています。

  ・ 移ろいの四季を彩る甲斐の山
             甲府盆地は我の住む里 ・
 

      IMG_5871_20190107160159052.jpg  北杜市からの甲斐駒ヶ岳です、今年の年賀状に使った作品です。

           ぼつぼつマイペースで更新しますが、今年もよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード