FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

J2リーグ戦 第36節 VF甲府 対 栃木SC ホームで 1:1 の痛い ドロー 

猛烈な台風が日本列島を襲い、開催が心配された中、幸いにも山梨は夜の雨風はひどかったが、関東近県に比べ大きな被害も比較的に少ない方だったかもしれません、しかしそれでも被災された方々はおり、一日も早い復興を願っております。

又、今回の台風は大型だったため、被害が広範囲の県に及び、被災された方々におきましては心よりお見舞い申し上げたく思います。 特に今節対戦する栃木SCのホーム栃木では河川氾濫や土砂崩れ等、被害がありサッカーどころではない状況の中、前々日に来甲し試合に備えたとか聞き、頭の下がる思いです。栃木 サポーターの皆さんも本来なら大勢の皆さんがお出でになるところ、交通が遮断された山梨まで、来るすべもなく来られなかった皆さんも多いと思い、心中察するところです。
それでも、少ないサポーターの皆さんの声援は、選手の大きな励みになったと思います。 本当にお疲れさまでした。

 IMG_6306_convert_20191015152546 36節 対 栃木戦 1 IMG_6293_convert_20191015152751 36節 対 栃木戦 2 IMG_6305_convert_20191015152939 36節 対 栃木戦 3

さて、7,063人のサポータやファンに見守られ開催した試合、J1昇格を狙う VF甲府 に対して、J3降格危機に立たされている
栃木SC、どちらも勝利し勝ち点3が欲しい試合、しかし、VFは栃木を攻めあぐね、前半8分左クロスを中継されたボールを栃木 大崎淳矢に見事に押し込まれ、先制点を与えてしまいVFは欲しかった先制点を逆に与えたため、その後、自陣に引いた栃木を崩せなく、初先発の宮崎純真も果敢に攻めたが栃木の堅い守りに阻まれ得点出来ず前半は 0:1 で終了する。

 IMG_6297_convert_20191015153130 36節 対 栃木戦 4 IMG_6300_convert_20191015153301 36節 対 栃木戦 5 IMG_6299_convert_20191015153445 36節 対 栃木戦 6

続く後半はVFはどうしてもホームで勝ち点3を取ろうと、一方的に栃木陣内に攻め込み、我々サポータ-も逆転に期待をしたが、小椋のクロスに反応した田中が放ったし強烈なシュートや相手3本を大きく上回る12本のシュートを放ちながら、終盤43分の小出のクロスを途中交代のアラーノが敵陣ゴール前の混戦の中ヘッドできれいに決めやっと同点に追いつき、今季13節に0:1で敗れた栃木にまたしても勝つ事が出来なく、ドローで勝ち点1を分け合う結果となってしまった。

 IMG_6296_convert_20191015153618 36節 対 栃木戦 7 IMG_6294_convert_20191015153805 36節 対 栃木戦 8 IMG_6304_convert_20191015154012 36節 対 栃木戦 9

今節はホームで多くのサポーターの前でも、選手に攻め込む覇気があまり感じられなく、相手栃木の守りのせいでもあると思うが、バックパスやパス回しも多く、ロングパスも精度を欠いているように思え、ウタカも生かせない場面も多く見られた点、物足りなく感じました。 なぜか、VFはホームでの下位との試合は安心できなく、悔やまれる試合がおおくてこれが改善されればもっと上位にいられ、J1昇格も夢でなくなるのにといつも思います。

さあ、残り6試合気合を入れて、試合に臨んでください、ホームでの残り3試合、ハイタッチで喜び会えるように最後のひと踏ん張りです。  次節は10月19日(土)アウェーで東京ヴェルディとの対戦です。

・ 頑張れVF甲府! 最後まであきらめず応援します 勝ち点3をぜひ持ち帰ってください ・










category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

j2リーグ戦 第35節 VF甲府 対 ツエーゲン金沢戦 アウェーにて 3:2 の勝利 

10月6日(日)石川県西部緑地公園陸上競技場 で開催された、VF甲府 対 ツエーゲン金沢戦、見どころのある試合でした。

私は5日(土)から6日(日)午後1時まで地区の町内祭りの主催者側で有ったため、現地には行けなく、DAZN観戦でしたが、14時開催に間に合うかどうか気になっていましたところ、どうやら間に合い、DAZNでの観戦ができました。

試合は前半開始早々から、甲府、金沢共に攻守の入れ替わりが激しく、熱戦が展開され、我がVFのサポーターを含めて5,889人の観客の見つめる中、応援に熱が入っているようでした。

開始から25~6分までは両チームとも相手ゴールに迫るがDF及びGKの対応が良く、得点に至らなく 28分、やっとゲームが動きます。 VFは相手陣内中央からのパスに曽根田が反応し、相手DFがカットしようとして伸ばした足が届かず、ボールを曽根田が受けると、PA内に進入しシュートを放つ、これはGKにセーブされるが、そのこぼれ球を相手ゴール前に飛び込んだ佐藤(和)が押し込みゴールを決め、1:0 と先制する。佐藤は元金沢でそだった選手、恩返し弾でした。

しかし、その3分後、VFは金沢に与えたフリーキックのクロスを一度はクリアーするが、セカンドボールをヘッドで折り返され、そのボールはあいにくゴール前の小柳の手に当たり、ハンドを取られPKとされる。

キッカーのクルーニーのシュートはVFのGK河田の逆を突き、1:1 の同点とされる。さらに勢い付いた金沢は攻撃の手を緩めなく、果敢にVF陣内に攻め入り、38分、PA内からのクルーニーのシュートをVFDFが防ぐが、セカンドボールを拾われ、ゴール前の垣田にパスされ、フリーにしてしまった垣田にゴールに流し込まれ、VFには痛い 1:2 と逆転され、盛り上がった金沢の選手たちに ゆりかごダンス までされ、スタンドも最高の盛り上がりを見せていました。

そのまま、アデショナルタイム2分を消化し、前半は 1:2 とリードされたままVF甲府は後半にかける事になりました。

続く後半、4分、ボールを持った、VF甲府の田中が相手陣内右サイドから、相手DFラインの裏を狙う絶妙なパスを送ると、ウタカが受け相手DFをかわして抜けだし、PA内でシュートを相手ゴール右に突き刺し、2:2 の同点とする。

その後は両チームともロングボールでの競い合いや、ボールの奪い合いが続き、ゲームは激しさを増してきました。

そして、30分、ウタカが味方からのパスを相手陣内PA手前で相手ゴールに背を向けながら受けすぐに反転し、あいてDFをひきつけながらパスコースを見つけ、強烈なミドルシュートを放つと、ボールは相手GKの手をかすめて、ゴール左上に決まり、3:2 と逆転とする、元J1得点王の ウタカ の技ありのゴールに金沢サポも一瞬静まり返り、少ないVFサポの歓喜の声がDAZNでも聞こえる最高のシーンでした。

その後も両チームの攻防が続くが、VFはリスクを避けるようにボールキープの時間を持続し、アデショナルタイム4分を経過して、 結果 3:2 で勝利し、アウェー2連勝としました。

これで順位をPO圏内 6位としたVF甲府は次節10月13日(日)ホームで 栃木SC との対戦です。 前回アウェーで 0:1 で負けているチーム、現在J2残留争いのチームです、あいても必死で来ると思いますが、負けられない闘いです。

台風も気になりますが、何とか良い条件で戦ってほしく思います。

・頑張れVF甲府! 次節はスタンドで応援、ホームで3連勝達成を期待します・

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード