FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

趣味の創作短歌・・・・(3) 月刊誌「心の花」・ 11月号 ・ 12月号掲載 

甲府なぎの会 11月歌会は、11月10日(日) 13:00より甲府北東公民館で開催されました。
この日は講師の 奥田亡羊先生の他、東京本部から、歌会レポート取材に 花 美月さんがお出でになり、歌会に加わっていただきました。


初めに題詠「火」について14人(欠席2名)の14首が披露され、それぞれの投稿歌について誰の歌かわからぬまま会員が初めに数人ずつ感想を述べ、その後講師の奥田先生が細かく評を述べて会が進められます。
今回私の歌は次の歌でした。


  ・ 燃え盛る火に舞い集う蛾の姿「炎舞」に描く御舟を想う ・   速水御舟の代表作「炎舞」について詠んだ歌でした。

この歌について奥田先生は、できるだけ、歌をコンパクトに、シンプルにした方がもっと良くなると評をいただき、参考に、次のように歌を詠みなおしてくれました。

  ・ 燃え盛る炎に舞える蛾を描きし速水御舟の男を想う ・     なるほど と納得でした。

次に自由詠でしたが私の提出歌は、次の歌でした。

 ・ 落葉焚き子等の瞳は輝いて芋は焼けたか枝であらける ・ 

この歌は 落葉焚き の部分を 落葉焚けば にとの意見がありました。 また、最後の あらける との言葉、奥田先生、と 花さんは初めての言葉のようでした。

さて、次に月刊誌「心の花」 11月号 と 12月号 に掲載された歌は、次の通りでした。

  11月号 選者 谷岡亜紀 氏 掲載五首
     
     ・ カーテンが風にふくらむ午後四時の集団下校の子等の賑わし ・
     ・ 驟雨来て地面をたたき通りすぎアスファルトには湯気立ちのぼる ・ 
     ・ なんとなく人込みを避け裏通り赤提灯が風に揺れてる ・
     ・ 夕立にびしょ濡れのまま自転車は酔いて帰りし我を待つ駅 ・
     ・ 堪えてもこらえ切れない事も有る暗い夕空稲妻走る ・


  12月号 選者 谷岡亜紀 氏 掲載四首

     ・ 頂は空の青さに溶け込んで白根三山今はもう秋 ・
     ・ 大丈夫だいじょうぶとの口癖が通じぬ歳になりし我が日々 ・
     ・ 焼酎の水割り飲んで某国の政権批判場末の酒場 ・
     ・ カンバスに描くブドウをつまみすぎ向きを変えつつ完成急ぐ ・

 今回は以上です、一月、二月は、趣味の創作短歌・・・・(4)に続きます。

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J2リーグ開幕戦、VF甲府 対 町田ゼルビア  0:0 のドロー 

2月23日開幕したJ2リーグ戦、VF甲府はアウェーにて町田ゼルビアとの戦いでした。

VF甲府は前季のメンバーとは大きく変わり、今季を託す新しいメンバーで挑んだ第一戦、ドローで終わりましたが、この試合で新たなシステムの良い面と課題が見えた戦いだったと思います、新加入選手の出来上がり、連携、試合運び、等、開幕戦で固くなっているようにも感じましたが、これは2戦3戦と戦ううちに改善されていくものと思います、選手が固さも取れ普通の持ち味が出せるようになれば結果は自ずとついてくることと信じます。

しかし、この試合、欲を言えば、アウェーとはいえ、相手に押され気味でボール保持率は良いものの、シュートが打てなく、ボールを持たされている感じがしたのは私だけだったでしょうか?何しろ、相手より、シュート数が下回るのは攻撃的な展開を期待していたサポーターにとっては物足りなさを感じたと思います。

ただ、惜しいシーンもありました、前半でしたがカウンターからのドゥドゥのパスに反応したMF泉沢仁が抜け出し、相手GKと1対1となったが、サイトを狙ったシュートはGKに阻まれ、最大の得点チャンスをものに出来なく、後半には松田力のへディング、ロスタイムの武田のシュートなど、新規加入選手の得点シーンも生かされればよい結果につながったことと思います。

結果、0:0: のドローでしたが、VFが押し気味になるまでのDFの働きはGK岡西の働きと共に、体を張った守備で得点させないという気持ちが表れていて、明るい材料になる事と思いました。

さて、次節は3月1日(日)14:00より、ホーム開幕戦 VF甲府 対 ザスバクサツ群馬 との対戦です、VFとしてはホーム開幕戦なので、各種のイベントも用意し、最高に盛り上げようとスタッフもサポーターも心待ちにしています。

この日は負けるわけにはいきません、どうか最高の試合を見せてください、そして、大勢のサポーターやファンの期待に答えてください。 私ももちろんメインスタンドで応援しています。

 ・ 目指すは勝利のみ!頑張れVF甲府! 今年も変わらず応援します。 ・

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

久しぶりの東京へ(短歌・富士山大賞受賞式出席) 

2月8日(土)長男の車で東京に行ってきました。 今回は第4回 短歌 富士山大賞の授賞式があり、私も4回目の佳作入選の通知をいただき、会場である日本橋劇場に向かったのです。

ただ、式は14時からなので午前中は一緒に出掛けた妻と息子の3人で久しぶりの浅草を見学しました。 浅草は例により外人が多く写真を撮っている姿が多く見られました。 ただ、今回は例のコロナウイルスの関係か中国の人や、アジヤ系の外国人の姿が少なく、マスクをしたそれらしき人が居たが団体ではないような人たちでした。

私たちは一通り仲見世や浅草寺境内などを散策し、昼食を済ませ水天宮近くの日本橋劇場に向かいました。 ちょうど時間が1時半頃でしたので私は会場に行き、妻と息子は水天宮周辺や人形町附近まで散策して、私を待つ事にしました。

DSC_0035_convert_20200214155941富士山大賞 3 富士山大賞 1 1581139027001.jpg

式ですが、今回は東京都の小池知事も出席され挨拶などもあり、いつものように盛大に行われ、私も良い記念になりました。

今回入選した私の歌は以下の通りです。

         ・ 伝統の手漉きの和紙に漉きこんだ富士の姿を朝日に透かす ・

こんな歌ですが、第1回から連続4回佳作入選で、東久邇信彦様の名前の入ったメダルが4個になりました。

これを励みに短歌の創作は続けようと思います。 




category: 文芸

TB: 0    CM: 2   

J2 VF甲府シーズンシート(メイン指定)&ヴァンクラブ 会員証受領 

昨年12月に申し込みをしておいた、 VF甲府のシーズンシートと今年度から新たに新設されたヴァンクラブの会員証がVF甲府事務局から送られてきました。

シーズンシートはメイン指定ですが、例年アウェー席寄りで少し不満に感じ、申し込みの際に席の移動を申請しようか迷ったのですが、席の周りの方々がすでに顔なじみとなり、ゲームの結果や得点時の盛り上がりなど共有している感があり、ともに楽しむサポーターとして離れがたく、今年度も同じ席としました。 

又、VF甲府公式ファンクラブとして新設されたヴァンクラブですが、今まで公式のクラブが無く、私はヴァンホーレ後援会に入会し、主催する行事に参加してきましたが、それはそれで続けヴァンクラブでの活動にもできる限り参加するつもりでいます。 とにかく歳も歳ですので若い人のようにはいきませんが、元気なうちはVF甲府の応援は続けたく思います。

さて、肝心のチームVF甲府ですが、メンバーが新規一転しました。今まで選手としては年配のベテラン選手が多数在籍しており、若い選手が控えに回る事が多く見られ、せっかくリーグ戦出場を目指して入団しても出場のチャンスをつかめなく、ベテランの影にいた状態でしたが、今季はチームの方針として、若手を多く登用するべくまだ十分やれるベテランの多くを契約解除とし、チーム全体が若返りました。

ただ、昨年活躍した主力や若い選手も数人移籍もしましたが、これは地方都市のチームとしての財政事情もあり、また条件の良いところに移籍するのはどこのチームも同じで、プロとしての選手の宿命であると考えなくてはならないとも思います。

とにかく、2月23日にアウェー FC町田ゼルビア との対戦が今季開幕戦です、この試合に勝って開幕ダッシュにつなげてください、会場には行けませんが、DAZN で応援しています。

 ・ 頑張れVF甲府、J1昇格に向けて勝利を重ねよう 応援しています ・

category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード