FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

趣味の創作短歌・・・・(5) 月刊誌 「心の花」 ・ 三月号 掲載 

1月は、甲府なぎの会の歌会は休会になっており、2月9日(日)に新年会を兼ねて令和2年の最初の歌会として、甲府市湯村温泉の常磐ホテルで 11時半から歌会、12時半から新年会が行われました。

今回は講師に、奥田 亡羊先生をお迎えし8名にて会が進められました。 会場は2階の大部屋で窓からは南に富士山、西に南アルプス、眼下にはホテル自慢の庭園が望める素敵な部屋でした。 

衝立で仕切られた片方で始められた歌会、すでに提出してある詠草は自由詠一首で、欠席の遠山さんの歌を含め、8首について各自思いを述べ、その後、講師の奥田先生の評をいただき、和やかに会が進められ意義あるひと時が過ぎました。

今回の私の提出した歌は、現役の頃建設に関わったダム湖を訪れた時の思いを詠んだ歌でした。

        ・ 彼の頃の牧場の景色今はなくダム湖を渡る風の冷たさ ・

この歌については、いろんな意見をいただきました。  まず、 ・彼の頃 は具体的に時期を入れたらどうか? ・ダム湖も具体的に名前を入れた方が良いかも? ・牧場と景色がダブっているように思う。 ・牧場とダム湖、どちらかを主にしたらどうか?

私としては、牧場だった頃より建設に携わった思いから完成したダム湖を訪れた感慨を詠んだつもりの歌でしたが、読む人により感じ方が違い、またいろんな表現があり、一首を完成させるには何回かの推敲が必要と改めて感じました。

なお、奥田先生からは、ダム建設に関わった時のことを何首か連作にしたらどうか、との言葉もいただきました。 私もすでに何首か発表した歌はありますがやってみます。 と答えましたが、どうなる事でしょう。

 さて、歌会は以上ですが、先日 「心の花」 三月号が送られてきました。 今回も五首掲載されていました。

            3月号   ・ 選者 伊藤一彦氏   掲載五首

                   ・ 天皇の即位を祝うかの如く富士と甲斐駒初の冠雪 ・
                   ・ 薄墨を流した如き空模様姿隠せり雨後の山並み ・
                   ・ 山麓の砂を巻き上げ湧く水は過ぎ去りし日の富士の雪かも ・
                   ・ 野菜にもそれぞれ旬が有るものを年中売られ旬を忘れた ・
                   ・ 季節感失いつつも旬のもの鍋に白菜冬の食卓
 ・

 ところで、前に報告しました山梨市の 「第15回自然と清流・果実の里やまなし短歌大会」 の入選賞状と作品集、そして賞品が送られてきました、昨年に続き連続入選でした。 2月7日の表彰式を欠席した為、山梨市には面倒をおかけしましたが有り難くいただきました。

応募総数3,405首が、北海道や九州など、全国から応募され、一般の部512首の中から36首が賞の対象となり、選者の三枝浩樹氏 と 秋山 佐和子氏 により選ばれました。  

私の入賞作は次の歌です。      ・ 清流が畑地うるおす果樹の里秩父連山こぬか雨降る ・

 今回は以上です。 次回は   趣味の創作短歌・・・・(6)に続きます。
  
            
 

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

趣味の創作短歌・・・・(4) 月刊誌 「心の花」 ・ 一月号 ・ 二月号 掲載 

12月の 甲府なぎの会 歌会は8日(日)北東公民館において開催されました。

今回は代表の桐谷さんをはじめ、8名の会員と、講師として、佐佐木頼綱氏(第28回歌檀賞受賞・2019年「NHK短歌」選者) と本部から 原ナオさんをお迎えし、和やかな雰囲気の中、会が始められました。   なお、佐佐木先生は 年2回、当会においでいただく予定になっております。

会は12月詠草として、各自二首提出してあります自由詠について会員皆さんでそれぞれその歌について感じたこと、や改善点などを話し合い、最後に佐佐木先生に先生の考えで評していただく流れで進められていきます。

今回私の提出歌は次の通りです。

             ・ 枯葉落ちけやき並木を渡る風さみしき思い連れて吹きゆく ・

             ・ 巡り来て今年また見るうれしさに落葉散り積む社への道  ・

この二首についての評は、一首目は (枯葉落ち) の初句を表現を変え、(金色の) にして、 (さみしき思い)の( さみしき)を 独自性を持たせたらどうか、との話があり、 二首目は (巡り来て) の部分を、(秋祭り) とするか、(がさがさと)にして、(また見る)の(見る)を(行く)にしたら、というような意見がありました。 ただ、佐佐木先生は最後の 落葉散り積む社への道 は 〇を付けたと云っていただきました。

こうした歌会の良さは、自己満足で詠んだ歌が、先生をはじめ会員の皆様それぞれの感じ方が違い、自分の歌への思いが他の人に伝わらないもどかしさを思い、言葉の選び方がいかに大切か、を改めて思い知る事だと勉強になります。

さて、次に 「心の花」  1月号・・・2月号 に掲載された投稿歌です。

        1月号 ・ 選者 横山未来子氏  掲載五首
             
             ・ この足で登りし頃の山々が盆地の四囲に今もそびえる ・
             ・ 四囲は山盆地に暮らす日々なれど富士が見えぬとなぜか寂しい ・
             ・ 朝練の女子高生が走り去りいちょう並木に朝の陽がさす ・
             ・ いちょうの葉色付き初めし公園の朝の光に一歩踏み出す ・
             ・ もろこしも茄子も収穫終えし今畑は小さき虫たちの場所 ・


        2月号 ・ 選者 伊藤一彦 氏  掲載五首
        
             ・ カットした髪も気付かぬ夫なれど煮物の味の変化は分かる ・
             ・ また一つ年を取ったと云う我に年は重ねるものと云う妻 ・
             ・ 年の瀬を無事に送れる我が暮し飢餓に苦しむ人を思いつ ・
             ・ 何事も始めの一歩が大事だと迷いを捨てて初日を歩く ・
             ・ 知らぬ子に声掛けられぬ今の世は優しい吾も変なおじさん ・

  今回は以上です。 会の活動、その他については、趣味の創作短歌・・・(5) に続きます。

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

J2サッカーVF甲府 ホーム開幕戦 新型コロナウイルス対応で中止に・・・ 

2020年 サッカーJリーグ はJ1、J2、J3ともに 3月15日までの試合が新型コロナウイルスの対応の為延期になりました。

VF甲府もリーグ開幕戦は、2月23日にアウェーでFC町田ゼルビアとの戦いがあり、0:0 の引き分けで終わっていますが、第2戦の対ザスバクサツ群馬の試合はホーム開幕戦であり、チーム、サポーターやファンそして関係者共に大いに期待していたので急に中止となり、非常に残念な思いでした。

しかし、連日の新型ウイルスの感染状況をニュースで見るにつけ、Jリーグが率先して開催の延期を発表したことは意義のある事だったと思います。 そして、チェアマンの云う 勝ち負けだけでなく、多くの観客のもと試合が成り立つので、無観客試合は行わない。との決定、これはファン、サポーターにとっても、選手にとっても喜ばしい事だと感じました。

ともあれ、今季のVF甲府はチームや監督の方針で、選手の多くが若返ったことから、若い選手の登用が多く見られるような感じですので、思うようにいかないことも有ろうと思いますが、これまた、楽しみなところです。

VF甲府の延期になる試合は、次の通りですが、状況によっては延期される試合が増える可能性もあります。

        ・ 3月1日(日) 第2節 対 群馬戦 ホーム開幕戦。
        ・ 3月7日(土) 第3節 対 東京ヴェルデイ戦 アウェー
        ・ 3月14日(土) 第4節 対 京都サンガFC戦 アウェー


また、3月18日(水)の水戸ホーリーホック戦も水戸サイドの発表で会場の変更か、延期が、されるかもしれません。

このほか、小中高をはじめ学校も休校にしてくれとの安倍総理の要請もあり、教育現場も混乱を極めています。我々としては、一日も早くこの新型コロナウイルスの感染が終息し、普通の生活に戻れるよう願ってやみません。

VF甲府の選手の皆さん、そしてファン、サポーターをはじめVF甲府に関わる全ての皆さんが元気で笑顔で再会できるよう頑張りましょう。


category: VF甲府

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード