FC2ブログ

「 短歌 と 私 」 ・ 12年の思い出・・・(37)

 2021-05-28
 2015年もすでに5月となりました。相変わらず私の短歌、新聞投稿は続けていますが、成果は出ていません。やはり、平均して入選18首に選ばれるには、まだまだ何かが足りないのでしょう。

 それでも半ばあきらめていた5月も最終の掲載日25日(月)、やっと新聞に我が名と歌が掲載されました。佳作の2番目で何とか面目が保たれました。 たまに手伝う台所での一首、こうした歌が認められると歌の範囲が広がったように思えます。

 それでは、その一首と三枝先生の評とを載せます。

 ・ 「まかせろ」と口では言って見たもののやはり気になる味付け加減 ・

 評・作者は台所でみずから腕を振るおうとしている。胸を張ってはみたもののやはり成否を分けるのは仕上がり。「味付け加減」に微妙なところにもこだわる姿勢が見えて、悪くない仕上がりになったはずと思わせる。

 
 結果、5月はこれ一首で終わったが、6月になって1日の月曜日、五月と同じく佳作の2番目に掲載がありました。この歌は学校での、式典を詠んだものでした。

 ・ いつ終わるいつ終わるかと五分過ぎ来賓祝辞を遠く聞く子等 ・

 評・作者は場をわきまえない祝辞。まだまだ続くコメントは文学の集まりにも少なくなく、共感しきり。


 6月はこの歌の他、3首の掲載がありやや満足のいく月でした。 こうして2015年も半年が過ぎました。とにかく数多く詠む歌の中から、選びながら投稿していますが、自分で良いと思っても選者の先生の受け取り方が違い、思いがけない結果となるのも致し方ない事です。ただ、選者の先生の気に入るような歌ばかり意識的に創作しても、本来の自分を失うような気もします。 誰が見ても納得できるような歌を読むことが私のささやかな希望です。

 では、今回はこのくらいにして(38)に続けていきます。

                     IMG_6534.jpg


   料理はやはり味付けが大事、たまにやるとレシピのようにはいかないものです。 妻に感謝です。




 

 
タグ :

「 短歌 と 私 」 ・ 12年の思い出・・・(36)

 2021-05-23
 なんとなく納得した新年、新春文芸入選と、投稿短歌秀作、平均して良い歌が詠めてない私にとって、新聞掲載、やはり気になります。

 さて、2月になり第1週の掲載日、私の投稿歌トップの秀作で掲載がありました。 選者の三枝先生がおっしゃるには、この回は年末の歌と、新年の歌が重なり、「行く年来た年」と云ったおもむきの短歌欄となった。 との言葉の通り掲載18首の中には年末と新年の歌があふれていました。 そうした中でトップに選んで頂いた歌を先生の評と共に次に載せます。

    ・ 初日さす盆地の空は青い海富士をめざして泳ぐ夢見た ・

 評 今回の選歌は年末の歌と新年の歌と重なって、「行く年来た年」と云ったおもむきの短歌欄となった。作者は新年のめでたさ全開。元日の青空を海に重ねてごく自然に「泳ぐ」に繫げる。そして抜き手を切って目指すのは霊峰富士。一富士ニ鷹三茄子のめでたさを生かしながらも設定は十分に個性的。そこが見事。


 こうして2月はあと1回の掲載、続く3月は3回入選し、4月も1回の掲載に終わりました。やはり、平均しての掲載は無理でばらつきのある創作短歌だな、、と思いました。

 では、2月から4月までの掲載作品より、三首を次に載せ、次回(37)に続けていきます。


    ・ 湖底には眠る魚も居るだろう冬の花火が湖面を照らす ・

    ・ 「これはどう」似合うと言ってもらいたい妻の思わく知りてうなずく ・

    ・ 窓を開け外の空気を取り込めば春の香りの立ち込める朝 ・


 
         IMG_6211 (2)


        私としては、冬の花火はあまりなじめない。花火はやはり夏でしょう。




タグ :

「 短歌 と 私 」 ・ 12年の思い出・・・(35)

 2021-05-19
 2015年1月1日、新しい年となりました。大晦日の夜は除夜の鐘まで起きていて、眠たい目をこすりながら、何時もより大量の新聞を手にしたのが朝7時、家族との雑煮の朝食を済ませ、早速新聞に目を通しますと、山日新春文芸入賞者の発表を見ます、なんと昨年に続き佳作の欄に私の名前と歌の掲載がありました。入選三席には入れませんが、佳作10人の中に入り、今年も幸先の良い年になりそうな予感がしてきました。 さて、どうなる事でしょう。

 では、岡井 隆先生 選の一首を選評と共に次に載せます。

  ・ 知らぬ間に他人(ひと)の歩調に合わせてた師走の街のこがらしを背に ・

 評 こういう事は、老年と共によくあります。ただ歩調だけでなくすべての行動がそうなります。結句が周到です。


 こうして年は明けましたが、すでに投稿してある短歌ですが1月は第1週、第2週、とも新聞には載らず、あれ、どうしたのかな? と考えて居ましたら、第3週の19日、トップの秀作として我が歌の掲載がありました。 盆地の冬の空に映える南アルプスの稜線を題材としたものでした。

  ・ 稜線を歩く人影見えそうな南アルプス紺碧の空 ・
 

 三枝先生 評  作者は甲斐の国の冬ならではの空の深さと輪郭鮮明な南アルプスの稜線。いくら鮮やかでももちろん人影は見えない。それでも「見えそうな」というから澄みきった風景が印象づけられる。嘘やあり得ない設定が歌の説得力になることを教える一首。ただしこの種の表現が上手くいくとは限らない。失敗を恐れずにトライすることが大切だろう。

 このような丁寧な評を頂きました。

 新しい年明け、何とか面目が保たれましたが、さて、2月からの投稿短歌です、毎週欠かさず三首づつ投稿していますが、平均して良い歌が詠めず、精進するしかないと思いますけれど、どうなる事でしょう。

 では、今回はこれまでとして、次回(36)の続けてまいります。



      IMG_6474.jpg


  この写真、右の雪山は南アルプス白根三山の北岳、富士山に次ぐ日本で2番目の高い山です。
 写真では空が紺碧ではありませんが、天気の良い日は稜線がはっきり見えます。



  
タグ :

J2サッカー VF甲府 第14節(対 秋田戦)ホームで完封 4連勝

 2021-05-16
 昨日の5月15日(土)行われたJ2サッカー、 VF甲府はホーム JITスタジアムにて4,130人余りのファン、サポーターの見守る中行われ、初対戦の ブラウブリッツ秋田 に得点を許さず、1:0 で完封しホーム4連勝を挙げました。

 
  IMG_6510.jpg IMG_6513.jpg IMG_6515.jpg


 この日は風は少し強いが、良い天気で気温もかなり上昇し、秋田の選手には暑すぎだったかもしれない天気でした。
試合は始めには秋田の素早い攻撃も見られたが、VF甲府は落ち着いて対応し、徐々にボールは甲府が維持することが多くなって来はしたが、秋田もスピードのある選手も多く、プレスをかけられた甲府は前にボールが思うように運べない状態が続き、これはこの試合、苦戦するかな?と思われた。


  IMG_6506.jpg IMG_6523.jpg IMG_6521.jpg


 前半は試合が進むにつれ両チーム共、持ち味を出し始め、お互い得点につながるようなシーンも演出したが、どちらも得点にはつながらず、前半は 0:0 で終了する。

  IMG_6524.jpg IMG_6525.jpg IMG_6526.jpg


 続く後半、10分過ぎまで、秋田の猛攻に会うが、甲府のDFの働きで得点は許さず、15分過ぎからVFの左サイドの 泉澤の仕掛けから甲府のペースになり、19分、V甲府は 長谷川 に代えて、鳥海、リラ に代えて、三平を投入。


  IMG_6516.jpg IMG_6517.jpg IMG_6522.jpg


 25分の給水タイム後は、秋田の反撃は有るがほぼ、甲府のペースで試合は進められ、39分、右CKを獲得するとキッカー野津田 の左足のクロスに、浦上 がペナルティーエリア中央からヘッドで折り返し、混戦となったゴール前で奪い合いのこぼれ球に反応した 新井 が右足での押し込みで先制点を獲得する。

 その後は秋田の反撃にも、甲府は得点を許さず、1:0 の完封勝利でホーム4連勝を飾った。

さあ、次節はアウェーでの 水戸ホーリーホック との戦いです。この勢いを持続し、勝利を期待します。

・ 頑張れVF甲府!次節はDAZNでの観戦です。勝ち点3の持ち帰りを、、・



 

 


 
タグ :

趣味の創作短歌・・・(19) 月刊誌 「心の花」・5月号 掲載

 2021-05-12

 コロナ禍の中でのゴールデンウイーク、今年で2回目でしたね。 昨年より多い感染者の出ている中、家に籠り切れず出かけた方も多いと思います。 気持ちは分かりますが、お互い十分気を付けて行動したいものです。

 さて、すでに一週間が過ぎましたが、5月3日 憲法記念日に結社月刊誌「心の花」5月号が配達されました。世の中、連休とはいえ医療関係者や役所等、公的機関の一部の保健所等に従事されている方々や、こうして宅配業務で働いておられる皆様には心より感謝を申し上げます。 止むなく休業を強いられておられる方にはお気の毒ですが、こうした方々のおかげで、日々の暮らしがある事を普通に暮らせる私たちは常に考えなくてはいけません。

 では、本題に戻ります。今五月号には 佐佐木朋子先生選に四首の掲載がありました。 21回目の掲載の内、四首の掲載は2回目です。 投稿した2月の8首は、自分でもあまり自信のなかった作品が多く、やはりな、と納得です。

 掲載作品は、次の通りです。

  5月号 ・ 選者 佐佐木 朋子氏  掲載四首

      ・ 紅梅の枝の彼方に雪の富士 盆地快晴今日は立春 ・

      ・ 菜の花を口に含んだほろ苦さ甲斐路の春の菜畑を思う ・

      ・ 黒々と草焼き済みし土手の上つくし芽を出す春はもうすぐ ・

      ・ 山茶花の緑濃き葉がキラキラと光る小道の風が優しい ・


 今回は以上です。来月分は私の従来の歌の分野と違う歌が投稿してあります。 どの選者の先生に見て頂けれるか、そして評価はどうか、今から気にしているところです。 とにかく試行錯誤の毎日です。

 

 

タグ :

J2サッカー VF甲府 第13節(対 東京V戦) ホームで完封勝利

 2021-05-10
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
カテゴリ :VF甲府 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「 短歌 と 私 」 ・ 12年の思い出・・・(34)

 2021-05-09
 2014年も残すところ2ヶ月となりましたが、投稿短歌の方はあまりぱっとしません。10月には4回の掲載がありましたが、11月は1回、12月も1回選ばれただけでこの年は終わりとなりました。 しかし、新春文芸の佳作入選を始め、秀作1回、佳作3回、その他の掲載が21回、全てで25回選ばれたことは何とか続けていくうえで励みになる事だと考えています。

 では11月の一首をここに載せます。

     ・ この年もこれが最後と秋茄子が友より届く甲斐の晩秋 ・


 こうして、2014年も12月の最終の月曜に、例年のように年間賞の発表があり、私の知人が決まりましたが、選者の三枝先生の評の中の最後に、短歌は暮らしを反映する詩型だから入選歌を通してこの一年を振り返っておきたい。として、9名の歌と氏名が掲載され、私の、「不自然な甲州弁の・・・・」の歌の紹介もありました。

 ところで、この年も短歌を通じていろいろな事があった年でしたが、趣味で始めた短歌も、毎週三首づつではありますが新聞投稿があるおかげで、のほほんと生活するのではなく、世間を見たり、自然を見たり、時事を考えたりと、改めて考えさせられる事が多く、日々に生きがいを感じるようになりました。 こうした気持ちを継続できるよう、来る年も頑張りたく思います

 最後にこの年最後の掲載の一首を載せ、2015年の(35)に続けていきます。

     ・ 蠟燭のごとく我が身を灯しつつ浮世の風に揺れた人生 ・



                     IMG_6487.jpg


    この頃は親友の農家の友が、茄子の時期には採りたての茄子、もろこしの時期には美味しいもろこし、
季節の物をいつも届けてくれた。 年取った今は当時が懐かしい。
     






タグ :

J2サッカー VF甲府 第12節(対 山形戦)アウェーで 悔しいドローに

 2021-05-05
 連休最後の休日、5月5日(水・祝日)の子供の日、VF甲府は NDソフトスタジアム山形 において、雨の中での戦いでした。 結果は、2:2 のドローに終わり、勝ち点2を失った試合となりました。

 監督交代から2連勝の山形、その勢いのままのホームゲーム、やはり開始はじめから、VF甲府は押され気味の展開で完全にペースを握られ、何時得点されてもおかしくないような戦いが続き、15分山形に与えた セットプレーを山形の 藤田にヘッドで合わされ 0:1 と先制点を奪われ、その後の反撃も思うようにいかなく、前半はシュート数も山形 8本、甲府2本、と振るわず、リードされたまま前半は終了する。

 続き後半、まず同点にとVF甲府は前半とは明らかに変わり、攻撃のリズムに乗ってきて、後半開始3分、泉澤 からのクロスに、新加入の リラ がヘッドで得点し、1:1 の同点にする。 その後はほぼVF甲府のペースで進み、70分、VF長谷川 のシュートは相手GK にはじかれるが、そのこぼれ球を 山田 が再度シュートするも相手 GKに当たりボールは山田 の前に転がると、山田はゴール前に走りこんだ 泉澤 に横パスを送り、受けた泉澤は無人のゴールに流し込み、追加点を挙げ、2:1 と逆転に成功する。 勢い付いたVF甲府の攻撃も、ホームでの負けは許されない山形の反撃に終盤は押され気味、アデショナルタイム6分のうち4分にVFはCKを与えてしまい、5分のCKはクリアーするものの、最後の1分に波状攻撃からまたもCKを与え、相手 栗山がヘッドで合わせるとゴール前のVF 三平 の出した足に当たり、コースの変わったボールはゴールネットに吸い込まれ、土壇場で 2:2 の同点にされ、試合終了となり、勝ち点3の目前で勝ち点1、とされてしまった。 非常に惜しい勝ちを逃しました。

 次節は5月9日(日)14:00 から VF甲府のホーム、JITリサイクルインクスタジアム にて、東京ヴェルディ との対戦です。ホームでの4勝目を期待します。

・頑張れVF甲府!ホームでの勝利でファン、サポーターと共に喜び合おう・




タグ :

「 短歌 と 私 」 ・ 12年の思い出・・・(33)

 2021-05-04
  さあ、季節は夏真っ盛りの8月、甲府盆地の暑さは尋常ではありません。しかし、毎年のことだからそれなりに過ごす事にしています。 ただ、あまりにも暑いと思考が停止して、何も頭に浮かばなくなり短歌の創作にも関係してきます。

 さて、前置きはこのくらいにして、8月の第1週の山日文芸の短歌欄、佳作のトップに私の歌の掲載がありました。これは、この頃の世間をにぎわす政治家の姿を31文字に私なりに詠んだものでした。では、その一首と三枝先生の評を次に載せます。

    ・ 責任は私が負うと豪語していざとなったら職を辞すだけ ・

 評 作者は時の政権への危惧。事態が悪化したら辞める。本人はそれで一件落着だろうが渦中の
  国民はそうはいかない。政治家の大きな錯覚と無責任をずばり指摘して「辞すだけ」に説得力がある。

 
 結果、この他に8月は盆地の夏雲を詠んだ一首と二首だけの掲載で、9月が二首、10月は四首の掲載があり、暑い夏から秋に入りました。 では、10月までに掲載された中から、何首か次に載せ、次回(34)に続けたく思います。


     ・ 次々と生命産まれるかのごとく夏雲盆地の四囲に湧き出る ・

    ・ 自転車の前と後ろに子を乗せてあの頃妻もおんなじだった ・

    ・ 御返しは考えないでと云われてもやはり気になる本音の部分 ・


               IMG_6499.jpg


   どうしてもイメージに合う写真がなく、誰でも使用できる雲の映像サイトから使わせて頂きました。


タグ :

J2サッカー VF甲府 第11節(対 ツェーゲン金沢戦) ホームで 2:0 完封勝利

 2021-05-01
 五月一日(土)ゴールデンウイーク初日の今日、VF甲府はホームに ツエーゲン金沢 を迎えての対戦でした。

 前節嫌な負け方をした VF甲府、今節はホームで必勝をかけて臨んだ試合、2:0 の完封勝利を収めました。

 試合は開始当初は金沢のペースで進められたかに見えましたが、やがて、甲府もリズムを取り戻し、今季初先発に、待ちに待った外人プレーヤー ウィリアン リラ 選手が先ごろ来日し、日本での初めての試合のピッチに立ち、得点こそなりませんでしたが、期待通りのプレーにVFの関係者や、ファン、サポーターなど大いに沸かせてくれ、これからが楽しみな展開でした。そして、19分、試合が動きました。VF甲府の 泉澤 のクロスにリラがコースを変え、関口 にわたり、その関口のシュートが相手DFに当たりゴールに飛び込み、一時 関口 のゴールと思われたが、判定はオウンゴールとなり、1:0 と先制し、その後の金沢の反撃も得点ならず 1:0 のまま前半は終了する。

 続く後半、両チーム共見ごたえのある攻防が続くが、66分、VF甲府は 荒木 のスローインに 泉澤 が反応し、ゴール近くで相手DFをかわすと、飛び出した相手GKの股を抜く技ありのシュートが見事に決まり、2:0 と追加点を挙げ、
リードを広げ、その後は何とか得点の欲しい金沢にボール維持されるが、VF守備陣の守りは固く、一体となった守りでピンチも凌ぎ、得点させないまま 2:0 の完封勝利をホームで飾りました。

 この試合、このほど来日したブラジルの2選手、ウィリアン リラ選手、と バウロ バイヤ選手、そして、長谷川、関口、 泉澤、選手等、チーム全員の活躍が見事な勝利につながった事と思います。

さて、次節は中3日の5月5日(水、祝) アウエーでの モンテディオ山形 との対戦です。この試合にも勝ち点を期待しています。

 ・ 頑張れ! VF甲府! 次節はDAZNでの 応援です 2連勝をお願いします。 ・


         IMG_6433.jpg       IMG_6447.jpg 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫