FC2ブログ

新聞投稿短歌! 掲載 (18) 

 2011-10-03
さあ、10月最初の月曜日となりました。

やはり気になるんです、投稿短歌! 最近月初めの月曜日はなぜか、掲載されない事が多く、
投稿期日に間に合わない事も有りましたが、どちらかと云うと月初めは、あきらめ気味でした。


今月はどうだろう? 毎朝、5~6輪咲く3種類のアサガオに水をやり、焦らず今朝の新聞、
山日文芸、短歌欄をそっと開きました。


有りました! 私の名前と歌、上位4首には選ばれていませんが、全体の6首目に掲載です。

やはり、投稿し、期待し、掲載(入選)されるとほっとする、毎週月曜の朝はこんな感じです。

私の歌、今回は秋を感じる葡萄の歌2首と、秋の虫コオロギを詠んだ歌1首、の3首の投稿
でしたが、選ばれたのは、葡萄の歌でした。


私もそうですが、短歌や俳句をしておられる人は、季節に敏感な人が多く、選者の三枝先生も
評の初めに、「秋になり、季節を反映した歌が多く寄せられるようになった。」と述べています。
季節の歌が多かったのですね。

  
  さて、今回の私の一首です。
   
      ・ くらくらとめまいする程暑かったあの夏も過ぎ葡萄色づく ・
タグ :
コメント
kainohidesan へ こんばんは!

9月も中旬を過ぎると一雨ごとに涼しさが増し、いつの間にか肌寒い秋になってしまいますね!
あの暑かった夏はどこへ行ってしまったんでしょう・・

涼しさに併せるように果物は色づき、収穫の秋を迎えました。
果物たちも寒くなる前に急いで実を結び来年に備えなければ・・
そう思って色づいているのでしょうか?

いつも短歌楽しみです。   sn
【2011/10/03 22:47】 | sn #- | [edit]
ついこの間まで、暑かったのにもう、雪の便りも届きます。
月日の過ぎるのがなんて早いのでしょう。
葡萄、柿、なし、栗、リンゴ、山梨は旬の果物がいっぱいです。
まさに収穫の秋ですね、短歌の題材もたくさんありますが、なかなか思うようにいきません。
楽しみにして頂き、ありがたく思います。
自己満足で載せていますが、励みになります。もつと、良い歌を、
と思っています。
snさん コメント有難うございました。
【2011/10/04 16:39】 | kainohidesan #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hnasake.blog60.fc2.com/tb.php/108-ada166e5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫