FC2ブログ

梅雨時の花を! 箱根路を行く

 2012-07-01
今回の記事は長くなります、よろしかったらお付き合い下さい。

今年になって半年になりますが、毎年出かけていたドライブを兼ねた一泊の小旅行、、、
今年は行っていませんでした。


そこで、6月も終わろうとする 29日(金)~30日(土)花を見に箱根に行きました。

まず、今の時期は 湯本 から 強羅までの箱根登山鉄道の沿線に咲くアジサイを、
電車から見たく思い、強羅から三つ目の駅、宮ノ下まで車で直行し、町営の駐車場に車を置き、
宮ノ下駅から湯本まで電車に乗って沿線のアジサイを楽しみました。


 3IMG_1745_convert_20120630210141箱根 1IMG_1736_convert_20120630205252箱根 箱根2IMG_1738_convert_20120630205805

こうして、宮ノ下~湯本間を往復した訳ですが、この登山鉄道、各駅付近に車の駐車場が少なく、
もっと電車に乗りたかったのですが、仕方なくこのコースに決めました、でも、充分満足しました。


ゆっくりと湯本の町を散策し昼食を済ませ、宿の午後3時のチェツクインには間に合いました。

宿は、仙石原に有る 川涌の湯・マウントビュー箱根、、、、、
この宿の湯は大涌谷からの源泉をそのまま使用した、白く濁った温泉を使用し、大風呂を始め、
貸切の露天風呂や風呂付の部屋等、風呂好きな者にとって、満足できる贅沢な温泉であり、
竹林が見える貸切露天風呂かぐやと、夕食の美味しい料理にサービスの地酒で一泊を楽しみました。


さて翌日は、8時30分に宿を出て9時開園の 箱根町立湿生花園 に向かいましたが、
既に大勢の人が開園を待って居ました。


この湿生花園は、湿原や川、湖沼の水湿地に生育する植物を中心とした湿原の植物園で、日本では
始めての花園との事です。


その施設は広大で、二万株の水芭蕉の群落、湿地帯の植物、200種、草原や林などの高山植物、
1100種、ヒマラヤの青いケシ 等珍しい外国の山野草を含めて、1700種の植物が、四季に
応じて、花を咲かせています。


 1IMG_1746_convert_20120630215858湿性花園 2IMG_1750_convert_20120630221357湿生花園 5IMG_1760_convert_20120630225825湿生花園

6月には、ニッコウキスゲ や ヒマラヤの青いケシ を始め、120種くらいの花が咲いている
との事で、名札は付いていますが、珍しい花がいっぱい咲いていて、とても名前は覚えられません。
ヒマラヤの青いケシは咲いていましたが、すでに終りに近く鮮やかな、ブルーが褪せていました。


 4IMG_1759_convert_20120701105810湿生花園 8IMG_1753_convert_20120630234321湿生花園 3IMG_1752_convert_20120630222009湿生花園

又、園内は散策路がきれいに整備され、秋には箱根仙石原の銀色のすすきで有名な草原
(今は緑がきれい)を望むポイントも有り、秋は秋でまた、違う花を楽しむ事が出来ます。


 7IMG_1754_convert_20120630233600湿生花園 6IMG_1757_convert_20120630230351湿生花園 IMG_1761_convert_20120630234643湿生花園9

約1時間、園内を散策し、珍しい花、ヤマホロシ という鉢植えを買い求めて花園を後にしました。

その後は、芦ノ湖スカイラインから三島市、そして沼津港まで行き、魚の干物等を購入して、
沼津ICから 東名高速で、御殿場ICへ、、、、


そして、御殿場から、山中湖を通り富士吉田市に行き、行きつけの ギャラリー&喫茶の
ナノリウム で 大河内 久子展 の立体作品を見ながら、コーヒータイムを過ごし、甲府に
帰ってきました。


梅雨時の気分をリフレッシュする為の一泊二日の小旅行、心配した天気にも恵まれ、良い旅が
出来ました。 こうした事が、明日からの活力になるのだと思って居ます。


   長い文でしたが、お付き合い有難うございました。


 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hnasake.blog60.fc2.com/tb.php/240-333450d8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫