FC2ブログ

新聞投稿短歌! ( H - 29 - 1 )

 2017-01-30
2017年もすでに1月30日です、振り返ると1月は例年そうですが何んとなく忙しく、過ぎるような気がします。

さて、今日は1月最終の月曜日、山日文芸 短歌掲載日です、今月は9日の月曜から4回掲載日がありましたが、前3回はおそらく12月に投稿されたものを対象とされたのかもしれません。 私も12月は落ち着いて作歌できる状態になく、2~3週投稿を休んだりしていましたので、1月の掲載はきっとないだろう と、思っていました。

しかし、今日の投稿欄、上位ではありませんが18首に選んでいただき掲載されていました。 1月3日に今年初めての投稿でしたが、3首のうち1首が掲載となり、今年のスタートとなりました。

この新聞投稿短歌ですが、私が投稿しています 山梨日日新聞 の 山日文芸 短歌欄は歌人であり、山梨県立文学館の館長でもある 三枝 昂之氏が選者をしておられます。

投稿は、1回5首以内でハガキかメールでも受け付けてもらえます。 私はPCでのメールもできますが、投稿を始めた最初から、ハガキに3首、と決め投稿しています、ハガキに万年筆で と、変なこだわりです。

掲載は投稿してから概ね、3週間で選ばれた歌が月曜日に掲載され、結果が出ます。 私も以前は年間30首以上掲載された事も有りましたが、ここ数年20首前後と低調です、短歌を始め、投稿する方が増え、良い歌がたくさん投稿されるようになったためと思えます。 ちなみに昨年投稿し1首だけでも掲載された方を含め、100人前後おられ、残念ながら掲載されなかった方を入れると120~130人以上の方が投稿すると思われ、一度に1人3~5首投稿すると、400~500首の中から18首が選ばれることになり、掲載されることはいかに大変な事か理解できます。

こうした難しい世界に足を踏み込んだ訳ですので、掲載数が少なくても、これからも続けるつもりでいます。

では、今回掲載の作品です。

        ・ 寒行の僧の念仏聞こえくる小寒過ぎし寺の境内 ・
タグ :
コメント
Kainohidesan
こんばんは。
掲載おめでとうございました。
小生は、今日は一番苦手な俳句が久しぶりに掲載になり
<投稿しなければ載らない>ことを再確認しました。(;^_^
本年も宜しくお願い致します。
お祝いまで。
【2017/01/30 20:33】 | すすむ進 #- | [edit]
メールありがとうございます。
今年初めて投稿した歌が掲載され良かったです。
毎回途切れる事なく投稿できれば良いな と、
思っていますが、思うようにはいきません。
とにかく頑張らねば、と 思います。
こちらこそよろしくお願いします。
【2017/01/31 16:20】 | kainohidesan #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hnasake.blog60.fc2.com/tb.php/679-b5cf06e0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫