FC2ブログ

オヤジのダイアリー 趣味いろいろ

甲府市在住、色々な事に興味のある熟年?です。好きな事をマイ・ペースで楽しんでいる日記です。

趣味の創作短歌 ・・・ 結社に入会して  (1) 

思えば2008年から新聞に投稿を始めた趣味の短歌、主に地方紙 山梨日日新聞 の文芸欄、短歌、三枝昂之先生選に投稿していましたが、すでに10年を過ぎ、また、2019年度から選者も 三枝昂之先生から、弟さんの三枝浩樹先生に変わられたこの機会に私も一区切りつけようと、新聞投稿を休む事に決めました。

既に新聞掲載も約250首くらい掲載され、多くの友人や知り合いに楽しみに読んでもらっていましたので、残念だ、との声も聴きましたがやや、マンネリとなりつつあった私の歌も、この辺で環境を変えて新しい場で刺激を受けた方が良いと考えて、今まで入会を拒否してきた短歌結社に入る事に考えを改めました。

さて、短歌の結社は思ったより多くあり、その中から自分の作風に有った結社で山梨にも支部等があり、歌会等活動している結社となると数が限られます。 たまたま、公民館で見つけた会員募集のチラシ、竹柏会 「心の花」 支部 甲府なぎの会、調べてみると、かの有名な歌人 佐佐木信綱氏が1898年に創刊した結社で、山梨の支部も近年亡くなられた知人の 竹の工芸作家 保坂紀夫さんのお父さんの歌人 保坂耕人氏 を中心に 昭和50年に発足した「心の花」支部で 現在に至っている歴史のある会であり、何よりも創刊以来唱道している ( ひろく、深く、おのがじしに )の言葉に惹かれました。

こうして私も入会を決めたわけですが、とにかく 甲府なぎの会歌会の見学に 甲府市北東公民館 に出かけ 月1回の歌会に参加させていただきました。この日は参加会員が数少なかったのですが、和やかな雰囲気の中過ごさせていただき、即、入会を決めました。 又、甲府なぎの会 だけでなく、本部 竹柏会 「心の花」にも同時に入会手続きをし、晴れて会員となりました。

会員となりますと、毎月八首まで投稿が出来、著名な選者が選歌され、月刊誌「心の花」に掲載されます。
私も6月入会ですので、3ヵ月後の9月号掲載まで投稿作品がどの程度評価され、掲載されるか気になりましたが、送られてきた9月号に、晋樹隆彦氏選で五首掲載され、ほっとしたところです。


今回の投稿短歌は、甲府空襲について詠んだ歌を投稿したのですが、掲載五首を次に載せます。
     
      ・ 警報で暑き夜中に起こされて母子三人とにかく逃げた ・

      ・ 逃げのびて我が家に戻る道すがら焦げた遺体を避けて通りぬ ・

      ・ 焼け跡に途方に暮れし母と居た五歳の吾と二歳の妹 ・

      ・ 七夕の夜の惨事を星たちもきっと見ていた甲府空襲 ・

      ・ 飛行機の爆音今も耳にあり平和な世でも空を見上ぐる ・

以上五首です、毎月八首欠かさず投稿していますので毎月の 「心の花」 誌、楽しみに待っているこの頃です。

今回は結社入会について、いきさつを記載しましたが、次回から会の活動について報告がてらブログに載せていくつもりですので、興味のあります方はぜひ、のぞいて見てください。

category: 文芸

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnasake.blog60.fc2.com/tb.php/853-addec157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード