FC2ブログ

「 短歌 と 私 」 ・ 12年の思い出・・・(13)

 2021-01-14
 2010年も6月になりました。 相変わらず週3首の新聞投稿は続けておりますが、4月の5日、18首中9番目に我が歌の掲載がありました。これは前の年の12月に年賀状を書き終え、日の当たる窓際でのんびりとくつろいで居る時の歌でしたが、季節は気にせず3月に投稿したものです。 本人は取り上げてもらい満足でしたが、やはり結句の 小春日和に を気にした方も居たようです。 おそらく、私と同じように投稿している方だと思いますが、選者の三枝先生に季節についての問い合わせが有ったようです。

 選者の言葉は、「小春日和だから歌の中の季節は春でも秋でもなく初冬、掲載時と季節にずれがあっても差し支えありません。」と、4月26日の掲載日の評に書き加えられていました。

 私も、紛らわしいので投稿季節とずれが無いようなるべく気を付けようと思いました。

 では、問題の一首です。

     ・ うたたねは風邪を引きます妻の声遠く聞いてる小春日和に ・

 結局、この年も、4月1首、5月1首、6月に1首と、月1首の掲載だけで投稿した数多くの歌が没となり、相変わらず厳しい状態が続き半年が終わりました。

 最後に6月に掲載された1首を載せ、(14)に続けたく思います。

     ・ 東京の空がドームで有ったならスカイツリーで裂ける日が来る ・

                          IMG_6385.jpg
 
                    スカイツリーはこの頃はまだ建設中でした。634m になるという事で、
         想像できぬ高さだと、思っていました。
                       
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hnasake.blog60.fc2.com/tb.php/919-59f188d6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫