FC2ブログ

趣味の創作短歌・・・(17) 月刊誌 「心の花」・3月号 掲載

 2021-03-04
 2021年3月4日、短歌結社 竹柏会 月刊誌「心の花」3月号届きました。

 この3月号は私としては少し気になる月でした。 それは、私の投稿歌は何時も山梨の自然を詠んだ歌が主で、時々生活詠や社会詠等を8首の中に含めて提出していますが、この月の掲載歌は昨年12月に提出したもので、前月の11月に約1ヵ月入院し、退院した12月に入院中に詠んだ歌を8首、提出したものだったのです。 やはり私にとって、短歌は日記みたいなものなので、記録として残しておくには、31文字にまとめることが一番だと考えたためでした。 ですが、いつもと違う題材の為、どの選者の先生に見て頂けるか、そして何首選んで頂けるか、気になるところでした。

 ページをめくると、横山未来子先生選にありました。それも五首選んで頂きました。

  2021年 3月号 ・ 選者 横山未来子氏 掲載  五首
      
      ・ オペ室のライトの下に横たわり切腹自決の侍思う ・

      ・ 病室の小さな窓の青い空小鳥が飛んで雲が流れて ・

      ・ 手術後の痛みの続く日々なれど面会規制の家族を思う ・

      ・ 退院を迎えた朝の晴れた空 祝いの花火の欲しい気分だ ・

      ・ 入院と外出自粛で過ぎた秋 ミレーの絵画に会いたくなった ・

 いつもマンネリ気味な歌ばかりで、現代的な新しい作風にもあこがれていますが、なかなか自分を変えるのは大変で自信もありません。これからも自身の思い通りに創作していくつもりですが、幸い心の広い先生方の沢山おられる、竹柏会 心の花、良いところに入会出来て幸せに思っています。

 では、今回はこのくらいにして、次回(18) 4月号に続けます。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hnasake.blog60.fc2.com/tb.php/938-4fa49aae

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫